保湿ケアには十分気をつけているのにカサつく乾燥肌が改善されない、とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
乾燥が進むと、皮剥けやヒリつき・かゆみといった症状に悩まされることもあります。
肌の乾燥は、空気が乾燥しているせいだと思われがちですが、意外なことが原因となっている場合も。
乾燥肌を招く原因や保湿ケアのポイントをおさえて、しっとり潤った肌を目指しましょう!

乾燥肌の改善方法

保湿に気をつけていても乾燥肌が改善しない理由とは?

保湿に気をつけていても乾燥肌が改善しない理由とは?

美容ヒフコ公式LINEアカウント

化粧水はもちろん、美容液や乳液、クリームもたっぷり使ってスキンケアしているのに、それでもすぐに肌がカサカサになってしまうという場合は、肌の水分保持に関わる「バリア機能」が低下しているのかもしれません。

乾燥対策のカギは肌のバリア機能

皮膚の最も外側にある層が角質層です。角質層は皮脂膜に覆われており、花粉などの刺激物や細菌が外から侵入するのを防ぐと同時に、皮膚の水分が蒸発するのを防ぐ役割も持っています。これが肌のバリア機能です。なんらかの理由でこのバリア機能が低下することで、いくら外から潤そうとしても水分を保つことができなくなってしまった状態が「乾燥肌」です。

バリア機能を低下させるNG要因

肌のバリア機能を低下させる要因として、まず大きいのが空気の乾燥です。湿度の低い秋冬に、乾燥肌の症状が特にひどくなるという方は少なくありません。

乾燥した空気の他にも、意外な要因が生活の中に隠れている場合もあります。

乾燥肌の原因になりやすい刺激の例

乾燥肌の原因になりやすい刺激の例

洗顔

クレンジングや洗顔料の洗浄力が強すぎたり、すすぎのお湯が熱かったりすると、肌に必要な皮脂まで取れてしまって角質層が傷つきやすくなります。

摩擦

洗顔やスキンケア時に、極力肌への刺激を避けているつもりでも、肌をこすってしまっていることは多いものです。この摩擦による刺激が、肌には大きな負担となっている場合があります。

紫外線

紫外線を受けることで皮脂は酸化しやすくなります。酸化した皮脂は活性酸素を発生させ、活性酸素によって皮膚はダメージを受け、バリア機能の低下を招きます。

乾燥肌はシワやたるみの原因にも

必要な潤いを保てなくなった乾燥肌には、浅くて細かいちりめんジワ・小ジワが現れることがあります。特に、皮脂量の少ない口元や目元に目立つことが多いです。

また、年齢と共にハリや弾力が低下した肌は、乾燥による刺激や肌ダメージを受けやすくなります。何もケアせずにいることで、皮膚が余ってゆるんだような印象を与える「皮膚たるみ」の原因となることもあるのです。

肌を乾燥から守るセルフケアの乾燥肌対策

肌を乾燥から守るセルフケアの乾燥肌対策

乾燥肌改善のポイントは「角質層の水分量をいかに保つか」という点です。

乾燥肌の改善方法①クレンジング・洗顔の見直し

毎日必ず洗浄力の高いオイルクレンジングと洗顔料でW洗顔をしているという方は、必要な皮脂やバリア機能が失われて、肌に水分を留めておけなくなっている状態かもしれません。

その日のメイクの濃さによって、ミルクやジェルタイプのクレンジングなどと使い分けるだけでも、肌状態が改善することがあります。

また、クレンジングは1分程度で馴染ませ、すすぎの温度は体温より少し低めのぬるま湯が適していると言われています。

乾燥肌の改善方法②セラミド入りのスキンケアでバリア機能を強化

セラミドは角質層にある天然の潤い成分です。細胞と細胞の間にある水分をしっかり抱え込み、蒸発しないようキープする働きをもっています。

外部からの刺激や年齢を重ねることで減ってしまう成分ですが、化粧水や美容液等で外からセラミドを補うことで、角質層の水分量アップが期待できます。

セラミドにはいくつか種類がありますが、私たちの肌にあるものに似せて作られた「ヒト型セラミド」配合の製品は特に保湿力や浸透力に優れているため、効果を得やすいでしょう。

成分表示を確認して、「セラミド」の後に数字またはアルファベットがついていれば、ヒト型セラミドが使用されています。(例:セラミド1、セラミドNP)

乾燥肌の改善方法③乾燥の季節こそ紫外線対策をしっかりと

「冬は日差しが弱いから日焼け止めを塗らなくてもいいや」という方もいるかもしれませんが、乾燥してバリア機能が低下した肌は、紫外線の影響も受けやすくなります

冬の紫外線が肌に与えるダメージは、決して小さくありません。乾燥だけでなく、シミやシワの原因にもなるので、季節を問わずしっかりと紫外線対策することが大切です。

乾燥して敏感になっている肌には、効果や安全性が確認されたクリニック専売の日焼け止めが、より安心でしょう。

クリニックで受けられる乾燥肌改善のための治療

クリニックで受けられる乾燥肌改善のための治療

バリア機能が低下して乾燥が進んだ肌には、肌の奥まで有効成分を届ける皮膚科の治療メニューが効果的です。

イオン導入・エレクトロポレーション

関連機器・製剤情報
イオン導入
イオン導入
関連機器・製剤情報
エレクトロポレーション
エレクトロポレーション

電気を利用して有効成分を効率よく皮膚の深部へ届け、真皮までしっかり浸透させる施術です。

肌の保水力を高める作用が期待できる成分や、乾燥が進んでヒリついたり、かゆみが出るようになった肌には、抗炎症作用のある成分も良いでしょう。

【導入できる成分の例】

  • ビタミンC…ターンオーバーを促し、余分な角質を排出することで乾燥を改善に導く
  • ビタミンE…高い抗酸化作用で、様々なダメージから肌を守る
  • プラセンタ…アミノ酸やビタミン・ミネラルを豊富に含み、肌の再生力を高める
  • トラネキサム酸…抗炎症作用で、乾燥によるヒリヒリ感・かゆみなどを鎮静する

イオン導入・エレクトロポレーションの回数の目安:2~3週間に1回を継続

料金は、導入する成分によって異なります。

イオン導入他の治療が受けられる全国の美容クリニック検索結果一覧

ハイドラフェイシャル

関連機器・製剤情報
ハイドラフェイシャル
ハイドラフェイシャル

古い角や皮脂汚れを取り除くと同時に、美容成分を肌深層まで浸透させる施術です。

抗酸化物質やヒアルロン酸といった美容成分を含む専用の薬液を、渦巻き状の強力な水流にします。

毛穴に詰まった汚れまでしっかりディープクレンジングした後、保湿成分や鎮静成分を含む美容液を浸透させて、肌本来のしっとりとなめらかな状態に整えます

1回の施術で十分に効果を感じることができますが、月に1回のペースで継続すると、なお良いでしょう。

料金の目安:1回あたり 16,000~28,000円

ハイドラフェイシャルの治療が受けられる全国の美容クリニック一覧

メソガン

マシンガンのような機器を使用し、1本の注射針で、薬剤を肌の一定の深さへ高速連続注入します。特に目元や口元といった、皮膚が薄く乾燥しやすい部分に適した施術です。

乾燥肌の治療には、医師による肌状態の診断の上で、次のような製剤が使用されることが多いようです。

【メソガンで乾燥肌の改善に使用される製剤の例】

フィロルガ

関連機器・製剤情報
フィロルガ注射
フィロルガ注射

超高濃度ヒアルロン酸で肌の保水力UP、50種類以上の美容成分で皮膚再生促進。

料金の目安:1回あたり 27,000~40,000円

サイトケア532

ヒアルロン酸をベースに、超高濃度の美容成分が肌の再生を促進。フィロルガの約3倍にあたるヒアルロン酸を含む。

料金の目安:1回あたり 40,000~50,000円

ヒト幹細胞培養上清

細胞の修復・再生作用を持つ成長因子やサイトカインを豊富に含み、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す。

料金の目安:1回あたり 70,000~100,000円

いずれの製剤も1回の施術で十分に効果を感じることができますが、潤いのある肌を維持するには、定期的に継続する必要があります。

まとめ

乾燥肌には、肌に水分をキープする「角質層のバリア機能」を高めるためのケアが大切です。

まずは洗顔やスキンケア、紫外線対策といったセルフケアの見直しから始めてみましょう。

更なる潤い感を求める場合や、即効性のあるケアを求める場合には、クリニックに相談してみてはいかがでしょうか?

全国の美容クリニックを検索する

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!