1. ホーム
  2. 機器・製剤一覧
  3. レブライトSI
  • レブライトSI
  • レブライトSI

機器の中で、最も有名で実績のある「メドライトC6」の上位機種としてアメリカで開発されたQスイッチYAGレーザー。超短時間にレーザーを2発連続で照射することで、1/2の出力で有効な深さまで到達することができるという新機能「PTPモード」を搭載。1ショットの出力が弱くて済むため、肌への負担や痛みが軽減されるとともに、照射回数が少なく済むようになりました。レーザー光の先端はトップハット型となっており、熱ムラのない均一な照射ができることで、肝斑を刺激することなく徐々に薄くすることができます。ここでは、レーザートーニングの施術をご紹介しています。

  • みんなの投稿をチェック!
    #レブライトSI
  • 驚いたヒフコ

基本情報

製品名 レブライトSI
適用施術
  • レーザートーニング
  • レーザー治療(シミ・あざ・刺青)
適用部位 全顔 全顔、全身
主たる効能
その他の効能
施術時間 20分 15分
施術回数
5回~10回
1回
深いシミや隆起したものなどは、複数回が必要
施術間隔 2週~4週 2ヶ月~3ヶ月
ダウンタイム
ほぼなし
1週間~2週間程度
施術価格帯 ¥3,300~¥316,800 ¥3,300~¥121,000
国・メーカー Cynosure社 (アメリカ)
認可 FDA

※施術時間・施術回数・施術間隔・施術価格帯は美容ヒフコが調査した数値を平均化した参考値です。施術価格帯は税込み価格を掲載しています。実際に施術される場合は受診する美容クリニックへお問い合わせください。