1. ホーム
  2. 機器・製剤一覧
  3. M22(フォトフェイシャル)

M22(フォトフェイシャル)

「フォトフェイシャルM22」の概要

M22は、IPL(Intense Pulsed Light)という特殊な光を照射し、シミやそばかす、くすみ、小じわや赤ら顔、毛穴の開きなど幅広い肌の悩みを改善することを目的とした光治療器です。

8種類のフィルターを使用し、組み合わせて照射することで患者様一人ひとりの症状に合わせたきめ細やかな施術が可能だと言われています。
色素に反応する光は、シミや赤ら顔を改善し、また、光の熱作用によって毛穴を引き締め、コラーゲンを活性化させるため、肌のハリや質感の改善も期待できます。

ルミナス社(イスラエル)製のフォトフェイシャルM22は、ダウンタイムがほとんどなく、安全性の高い光治療器として、厚生労働省から認可されています。

「フォトフェイシャルM22」で期待できる効果

□シミ・そばかすの改善
□小ジワの改善
□くすみの改善
□毛穴の引き締め
□にきびの改善
□赤み・赤ら顔の改善
□肝斑の改善
□肌のハリ・ツヤの改善

「フォトフェイシャルM22」の特徴

目的に合わせたオーダーメイド治療が可能

M22の光は波長によって届く深さが違うため、表面から深層部までアプローチが可能です。
目的や症状によって、フィルターを使い分けることで、様々な肌トラブルを改善へと導きます。

シミや赤ら顔といった色素によるトラブルを改善

M22の光は、黒色や赤色の色素に吸収されるという特徴があります。
肌の浅い層にあるメラニン色素に反応してダメージを与えることで、メラニン色素を破壊し、シミやくすみ、そばかすなどを薄くする効果が期待できます。

この時に分解されたメラニンは、老廃物として肌の細胞の入れ替わりの周期であるターンオーバーによって肌表面まで浮き上がり、自然と剥がれ落ちていきます。

また、赤い色素にも反応することから赤血球の酸化ヘモグロビンに反応し、拡張した毛細血管の収縮や、赤ら顔、ニキビ跡の赤みを改善へと導きます。

また、施術回数を重ねることで、さらに肌の透明感やトーンアップ効果が期待できます。

肌にハリや弾力が生まれ、タイトニング効果も期待できる

肌の深部にまで光が届くため、肌の弾力やハリを生み出すコラーゲンなどを生成する線維芽細胞に刺激を与えることができると言われています。

肌の働きが活性化することで、小ジワやハリの改善、毛穴の引き締め効果なども期待できます。


「フォトフェイシャルM22」の8種類のフィルター

 

フィルター

主な適応

515nm

・シミ

・ そばかす

560 nm

・シミ

・そばかす

・毛穴

・小じわ

・くすみ

590 nm

・赤ら顔

・ニキビ跡の赤み

615 nm

・赤ら顔

・ 色ムラの改善

640 nm

 

・シミ

・肝斑

695 nm

 

・深いシワ

・毛穴の引き締め

・タイトニング

毛細血管拡張症専用フィルター

・赤ら顔や毛細血管拡張症

ニキビ専用フィルター

・ニキビの改善

「M22」のメリット

痛みが少ない

皮膚に触れる照射面は冷却ジェルを塗布してから照射します。
照射中にピリピリとした刺激がある程度で、痛みが少ない施術だと言われています。

ダウンタイムがほとんどない

シミ取りレーザーを照射した時にできるかさぶたや、色素沈着が起こるといったダウンタイムはほとんどありません。

施術直後、軽い赤みが出る、また施術後〜1週間程度シミが濃くなるといった程度で、照射後のメイクも可能なので周りの人に気づかれにくい施術です。

「M22」と他の光治療機器との違い

設定の自由度がある

M22は、波長の異なる8種類のフィルターを組み合わせて施術を行うため、患者様一人ひとりにあわせて設定することができます。

より高い効果が期待できる

光の波長の選択肢が多く(8種類)、光の出力を細かく設定できます。

また、M22は分割された光の強さを均一化する照射技術であるオプティマル・パルス・テクノロジー(OPT)により、安定した光エネルギーを肌に届けることができます。

注意事項

個人差はありますが、一時的にマイクロクラスト(かさぶた)ができる可能性があります。
施術後は紫外線ケアをしっかりと行うようにしてください。