GLP-1は、もともと誰でも体内に持っているホルモンです。食事中~食後にかけて小腸で作られ、膵臓で血糖値を安定させるインスリンの分泌を促す役割があります。
GLP-1はインスリンの分泌を促すだけでなく、様々な効果が期待され痩せホルモンと呼ばれています。

食事制限やきつい運動をせず、楽して痩せられたらどんなにいいだろう・・・痩せたいと思う誰もが一度は考えることではないでしょうか。年齢を重ねると代謝が落ち、簡単には体重が落とせなくなります。

そんな方に朗報です。
注射を打つだけでストレスなく痩せることが可能なメディカルダイエット「GLP-1」が注目されています。

GLP-1」とはどのようなものなのでしょうか。

この記事では、仕組みや効果、またリスクなども含めご紹介していきたいと思います。ストレスなく上手にダイエットして、理想のカラダを手に入れましょう! 

メディカルダイエット(GLP-1)について

メディカルダイエット(GLP-1)について

GLP-1(グルカゴン酸ペプチド-1)とは

GLP-1は、もともと誰でも体内に持っているホルモンです。食事中~食後にかけて小腸で作られ、膵臓で血糖値を安定させるインスリンの分泌を促す役割があります。

2型糖尿病(体質や、高カロリーや運動不足などによるインスリン作用不足によって起きる生活習慣病)の治療薬でもあり、アメリカ・ヨーロッパ・韓国では肥満治療薬として認可されています。
日本では肥満治療に対しては承認がなく、自由診療となっていますが、糖尿病の薬としては承認が降りています。

GLP-1はインスリンの分泌を促すだけでなく、様々な効果が期待され痩せホルモンと呼ばれています。次に、どのような効果があるか見ていきましょう。

GLP-1 ダイエットの効果

食欲を抑える

脳の中枢神経系に作用し、食欲低下と満腹感を促します。

胃の動きをゆるやかにする

胃の消化をゆっくりさせることで、胃から腸への排出を遅らせ食後の急激な血糖値上昇抑制するだけでなく、満腹を感じやすくします。

脂肪細胞を減らす/基礎代謝を上げる

脂肪細胞にも作用し、脂肪の分解と熱の産生を促進します。その結果、脂肪細胞が減り基礎代謝が上がるので痩せ体質へとなっていきます。

GLP-1 ダイエット効果が期待できる人

そもそも、何故太るのでしょうか。
糖質を取り過ぎて血糖値が急上昇すると、血糖値が正常になるまでインスリンが細胞にブドウ糖を送り続けます。

人は生きている限り寝ている時もエネルギーを使い続けます。そのエネルギー源がブドウ糖です。ブドウ糖は一定数血液中に存在し、使われなければ体内に貯蔵されますが、多すぎると体脂肪(特に内臓脂肪)となり、肥満の原因となってしまいます。

このことから、太っている人(内臓脂肪の多い人)や大食いの人は、GLP-1ダイエットの効果が期待できます。

GLP-1ダイエット注射の種類と特徴

GLP-1ダイエット注射の種類と特徴

GLP-1の注射薬(GLP-1受容体作動薬)は、11回、12回、そして1週間に1 回使用する3つのタイプがあります。 

一般名

リラグルチド

エキセナチド

リキシセナチド

デュラグルチド

セマグチルド

商品名

・ビクトーザ

・サクセンダ

①    バイエッタ

②    ビデュリオン

リキスミア

トルリシティ

オゼンピック

頻度

1回/日

(朝or夕)

①    2回/日(朝夕食前)

②    1回/週

1回/日(朝食前)

1回/週

1回/週

方法としてはクリニックに通院するパターンと、自分で打つパターンがあります。

クリニックに通院する場合は、毎回医師の問診があるため、体に不調や副作用などがある場合にすぐ相談できて安心です。自宅で自身が対応する場合は、クリニックに通う手間が省けます。

どちらも注射の頻度は毎日~週1回です。クリニックによって使用する薬剤、値段や期間の設定など違いがあり、値段を比較するのは非常に難しくなっております。
ご自身の予算に合わせて、いくつかのクリニックを比較検討すると良いでしょう。

 GLP-1ダイエット メリットとデメリット

GLP-1ダイエット メリットとデメリット

メリット

ストレスが少ない

辛い運動や食事制限をする必要がないため、精神的ストレスの負荷がほどんどかかりません。その分、日々規則正しい生活を意識しましょう。

低血糖を起こしにくい

脳はブドウ糖を唯一のエネルギー源にしているため、低血糖になってしまうと正常に働かなくなり非常に危険です。
GLP-1受容体作動薬は、空腹時には働かず、食事をして血糖値が高い時のみに作用し、低い時はそれ以上インスリン分泌を下げることはありません。
そのため、単独で使用した際に低血糖を起こしにくいと言われています。

体重の減少

GLP-1受容体作動薬を投与すると、食欲を抑えることができ、満腹感を得られることで、食事の量が自然に減るとされています。
また、脂肪細胞の燃焼にも効果があるため、体重減少へとつながると言われています。

自宅治療が可能

通院の必要がなく、自宅で簡単に自己注射が可能です。慣れれば1回の注射に1分程度で対応できるため、時間の節約になります。
また、自宅にいながらオンライン診療が可能なクリニックもあるため、カウンセリング時に確認すると良いでしょう。

デメリット

費用が高額

使用する薬剤や期間によって値段は変わってきますが、薬剤でスタンダードとわれているビクトーザですと、2ヶ月コースで30万円前後くらいが相場の様です。

副作用が出ることがある

初期症状として、下痢、便秘、吐き気などの胃腸障害が見られることがあります。
1日に1回若しくは2回投与する場合、そのようなリスクを回避するため低用量から始めて、次第に量を増やしていきます。

継続する必要がある

GLP1ダイエットは食欲を抑制することで体重の減少効果が得られるため、薬の投与を辞めてしまうと食欲が戻ってしまってリバウンドにつながる可能性があります。食事量に身体が慣れる程度の期間(6ヶ月程度)続けることが必要だと言われています。

クリニック選びの注意点

クリニック選びの注意点

フォロー体制がしっかりしているか

GLP-1ダイエットは、効果が出にくい場合もあります。そのような時に安心して相談できるか、別の対応を検討してくれるなどサポート体制が整っているかは、しっかり結果を出す上で非常に重要になってきます。
料金の安さだけではなく、ダイエットを成功するためのきめ細かいフォロー体制があるかをしっかり見極める必要があります。

実績や症例の多さ

効果を最大限に出すために、医師や看護師が専門的な知識を有しているか、また治療実績の高いクリニックを選びましょう。

効果の高い製剤を取り扱っているか

GLP-1受動態作動薬は複数の種類があります。クリニックによって取り扱っている種類や効果が異なりますので、料金の安さだけで選ばず効果のある薬剤を取り扱っているクリニックを選びましょう。

料金の明確な提示があるか

GLP-1ダイエットはある程度の期間を見込むと高額になることがほとんどです。そのため、明確に期間を含めた料金表示があるかを確認しましょう。
クリニックによっては返金保証があったり、予約や診察料も別途かかる場合もあるので、その辺りも確認するといいかもしれません。

まとめ

GLP-1ダイエットについて、まとめてみました。今まではダイエットと聞くと運動や食事に対してアプローチするイメージがありましたが、注射を打つだけでダイエット可能であるという夢のような話に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

GLP-1ダイエットは高額ではありますが、「痩せホルモン」として様々な効果が期待でき、簡単にできるので検討してみる価値はあると思います。自然に痩せられる体質改善をして、健康と美しさを手に入れましょう!
この記事が、皆様のお役に立てることを願っております。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ