水光注射は、韓国発祥の美容治療です。ヒアルロン酸をベースとした薬剤に、美肌効果が高い成分をブレンドし、先端に5〜9本の細い注射針がついたマシンを使って、真皮の上層部にダイレクトに注入する治療法です。従来のヒアルロン酸注入は、部分的なボリュームアップやシワ改善が目的の、局所的な充填剤としての位置づけでした。水光注射は肌内部の比較的浅い層に、粘度の低いヒアルロン酸を広範囲に注入していくため、肌全体のハリ感アップや美肌効果が期待できます。

乾燥、たるみ、シワ、くすみ.・・・年齢と共に日々増えていく肌の悩み、まとめて解決できれば嬉しいですよね。韓国では、煌めくようなツヤと弾力のある肌を「水光皮膚」と呼ぶそうです。

そんな水光皮膚を叶える方法として「水光注射」という治療法が韓国で生まれ、今、日本でも話題となっています。

この記事では、水光注射について期待できる効果や、メリットデメリットなどを含めご紹介していきたいと思います。 肌のあらゆる悩みから解放され、誰もが羨むハリツヤ肌を手に入れましょう! 

水光注射とは

水光注射とは

治療詳細について

水光注射は、韓国発祥の美容治療です。

ヒアルロン酸をベースとした薬剤に、美肌効果が高い成分をブレンドし、先端に5〜9本の細い注射針がついたマシンを使って、真皮の上層部にダイレクトに注入する治療法です。従来のヒアルロン酸注入は、部分的なボリュームアップやシワ改善が目的の、局所的な充填剤としての位置づけでした。
水光注射は肌内部の比較的浅い層に、粘度の低いヒアルロン酸を広範囲に注入していくため、肌全体のハリ感アップや美肌効果が期待できます。

作用について

一般的に水光注射で使用するヒアルロン酸は、分子量が小さく馴染みが良いとされている非架橋ヒアルロン酸と呼ばれているものです。このヒアルロン酸を細かく顔全体に注入していくことで、ヒアルロン酸の保水力によって潤いある肌へと導きます。さらに、ヒアルロン酸に肌症状に合わせた美肌成分をブレンドすることで、エイジングケアやニキビ跡、毛穴などさまざまな効果が期待できます。

また、注射針による創傷治癒作用でコラーゲンが増え、肌のハリ弾力透明感などを増す効果が見込めると言われています。

期待できる効果

使われる薬剤によって期待できる効果は違ってきますが、ベースで使われるヒアルロン酸の効果として肌全体の保水力を改善し、肌の底上げをすることが可能と言われています。

他には症状に合わせた薬剤を使用することで、シワ・毛穴の開き・くすみ・フェイスラインの引き締めなど、様々な悩みにアプローチが可能となり、総合的なエイジングケア効果が期待できます。

導入薬剤

水光注射で用いられる薬剤は、クリニックによってもオリジナルのものがあったりするため、多種多様となっていますが、ここでは一般的によく使われている薬剤をその効果とともに紹介していきます。

薬剤の種類

ボトックス(たるみ、肌の引締め、毛穴)

ボトックスを浅く広範囲に打つことで引締め作用があると言われており、緩んだ肌をキュッと引き締めることで毛穴の収縮効果も期待できると言われています。また、皮脂の分泌を抑制する作用もあり、夏のテカリ予防にも効果が期待できます。

また、ヒアルロン酸に少量のボトックスを加えることで、ヒアルロン酸単体で注入するよりもハリの向上やリフトアップ効果が期待できます。

プラセンタ →(潤いアップ、肌再生)

プラセンタには、肌細胞を活性化する作用のある成長因子が豊富に含まれています。
傷ついた細胞を修復、再生する働きがあるため、老化予防や肌質改善効果が期待できます。

ビタミンC →(ニキビ、ニキビ跡、美白) 

ビタミンCは老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化力が強く、また、抗炎症作用もあるため、ニキビやニキビ跡の回復を早める効果があると言われています。

また、シミのもととなるメラニン色素を無色化する還元作用や生成抑制作用があるため、くすみのない透明肌へと導いてくれます。

トラネキサム酸 →(シミ、くすみ、肝斑)

肝斑治療で有名なトラネキサム酸ですが、肝斑だけでなくシミにも有効だと言われています。メラニン色素が生成される過程でブロックするため、シミやそばかすの予防にも効果が期待できます。

幹細胞培養上清液→(若返り、シワ、たるみ、ほうれい線、クマ)

再生医療から生まれた美肌成分。幹細胞を培養する際の培養液に含まれる豊富な成長因子が、肌細胞を活性化させ時計の針を巻き戻したかのような肌質へと導きます。

多血小板血漿(PRP)→(若返り、しわ、たるみ、ほうれい線、クマ)

自分の血液から抽出したPRP(多血小板血漿)に含まれる豊富な成長因子の作用で、肌質改善や目元のたるみ、目の下のくまなどの改善効果が期待できます。

ヒアルロン酸と一緒に注入すると高いエイジング効果を発揮すると言われています。

成長因子(グロスファクター)→(エイジングケア

美肌に関係している成長因子は主に以下4つです。

  • EGF(ヒトオリゴペプチド-1)

肌のターンオーバーを司る表皮幹細胞に指示を出す表皮細胞成長因子で、表皮細胞の再生を促進する作用があります。そのため、シミやくすみの改善が期待できます。

  • FGF(ヒトオリゴペプチド-13)

真皮の中にある線維芽細胞成長因子で、真皮幹細胞に指示を出し、線維芽細胞を増殖させます。コラーゲンやエラスチンの生成を活性する作用があり、シワやたるみの改善が期待できます。

  • IGF(ヒトオリゴペプチド-21)

インスリン様成長因子とも言われており、破損している細胞の再生を促進します。

また、EGFやFGFの機能を高める作用もあるため、肌のハリ回復、たるみやシワを改善へと導きます。

  • TGF(ヒトオリゴペプチド-14)

トランスフォーミング増殖因子とも言われており、線維芽細胞にコラーゲンやエラスチン増生の指示を出す働きがあるため、肌の潤いや弾力を高める効果が期待できます。

フィロルガ水光注射(シャネル注射)→ エイジングケア

フランスFILORGA社のNCTF135HA+と呼ばれる薬剤(アミノ酸、ビタミンなど含む)を使用した注射です。

肌に必要な有効成分が凝縮された製剤で、様々な症状(肌の潤いハリ透明感毛穴乾燥肌小じわなど)へのアプローチが可能とされています。

サーモン注射(リジュランヒーラー)

サーモンのDNAから抽出されるポリヌクレオチドを有効成分とした、肌の再生と成長を促す注射です。

ポリヌクレオチドは根本改善や自己再生を促す作用があり、真皮層の線維芽細胞へ働きかけます。皮膚組織の密度を高め、潤いハリ皮脂バランスの調整などのあらゆる肌トラブルを改善へと導きます。

費用

ヒアルロン酸単体 

注入量にもよりますが、1万円前後~10万円程度と、クリニックによって料金設定は様々なようです。
初回価格や回数券などで、通常価格よりも安価に試すことができるクリニックもあるので、検討してみて下さい。

ヒアルロン酸+他の薬剤

ヒアルロン酸単体よりも高くなります。

プラセンタ・ビタミンC・トラネキサム酸などは比較的リーズナブル(5000円程度)に追加することができるようですが、成長因子やPRPは1万5千円程度の追加料金がかかるようです。

水光注射 メリットとデメリット

メリット

肌質に合わせてオーダーメイドできる

肌の症状や希望に合わせて注入する薬剤を選ぶことができるため、悩みの改善だけでなく、理想の肌を実現することが可能です。

顔全体(目の下などの細かい部分含む)の施術が可能

皮膚の浅い層へ薬剤を注入することで、肌全体の底上げをしていく治療法です。

そのため、目周りなどの皮膚の薄い箇所への対応が可能です。

ダウンタイムが比較的短い

垂直に注入することで針による傷跡も最小限で済むためダウンタイムはほとんどないようです。

施術直後は腫れや赤み、注射の痕などが見られることがありますが、当日、もしくは翌日には落ち着いてくるようです。

デメリット

ある程度の痛みがある

針を顔に刺していくので、ある程度の痛みはあるようです。痛みに不安を感じる方は、麻酔クリームや痛みを感じにくい機械を選ぶなど検討してみて下さい。

施術中は針を刺すことにより出血がありますが、すぐに収まるのであまり心配する必要はないようです。

内出血を起こす可能性がある

針が血管に当たってしまった場合、内出血が出る可能性がありますが、数日~1週間程度で収まるようです。

治療費が高額

水光注射はヒアルロン酸+αの薬剤注入が様々な効果が期待できます。また、継続することで効果の維持が可能ですが、1回当たりの料金が高額なので、希望と予算を十分に検討しましょう。

効果の持続には継続が必要

1回の治療でも効果を感じることはできるようですが、最初は2週毎に3~5回程度受け、その後月1回~数か月1回の継続により、肌の状態をより長く保つことが可能です。

クリニック選びの注意点

医師のカウンセリングが丁寧か

肌の悩みは人それぞれ違うため、しっかりヒアリングして適した薬剤を提案してもらえるかは、水光注射の効果を最大限に出すためには重要なポイントとなってきます。

クリニックによって扱っている薬剤が異なっているので、自分に適した薬剤で施術が可能かの確認が必要です。

相手の立場になって丁寧にヒアリングをしてもらえるクリニックを選ぶと安心して治療に臨めるでしょう。

実績や症例の多さ

効果を最大限に出すために、医師や看護師が専門的な知識を有しているか、また治療実績の高いクリニックを選びましょう。

料金の明確な提示があるか

水光注射はヒアルロン酸がベースとなっています。ヒアルロン酸のみの料金に他薬剤の追加料金がかかる場合もあれば、初めからいくつかの薬剤が入っているものもあり、様々な料金設定があるようです。

初回を安く受けられたり、回数券のようなお得な価格が設定されているクリニックも見受けられます。

継続すると効果の持続も期待できるので、明確な料金をしっかり確認し、無理なく続けられるよう検討しましょう。

まとめ

水光注射について、まとめてみました。

症状や希望に合わせて注入薬剤をカスタマイズでき、様々な悩みにアプローチ可能であるため、まるごとエイジングケアをしたい方にはうってつけの治療法ではないでしょうか。
治療代は高額ですが、ダウンタイムがほとんどないことや、一時的な改善ではなく根本的な肌質改善が見込めるため、長い目で見れば試してみる価値があると思います。

内側から輝く若いツヤ肌を保ち、美しく年齢を重ねていきましょう!この記事が、皆様のお役に立てることを願っております。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ