頬などに広がるそばかす改善に効果的な治療として、フォトフェイシャルやライムライトなどがあります。

これらの治療は、肌にIPL (intense pulsed light)という特殊な光を照射し、光のエネルギーを利用して、そばかす以外にもシミ、ニキビやニキビ跡など、あらゆる肌悩みにアプローチをし、理想の肌質に導く方法です。

この記事では、そばかす改善に効果的なフォトフェイシャルやライムライトなどの「IPL(光治療)」について、治療回数や注意点を解説します。

フォトフェイシャル,そばかす

そばかすはフォトフェイシャルで治療可能?

美容ヒフコ公式LINEアカウント

肌への負担も軽く、効果を実感しやすい美肌治療として人気の「IPL(光治療)」は、肌トラブルの原因であるメラニン色素などへ光エネルギーでダメージを与えることで、さまざまな肌トラブルの改善が期待できます。

色素に反応するため、そばかすにも効果的です。レーザーのようにピンポイントで照射するのではなく、様々な波長を含んだ光を広範囲に照射するため、そばかすのように広範囲の治療には最適です。

フォトフェイシャルがそばかす治療にいい理由

IPLは、過剰に生成されたメラニン色素に反応します。カメラのフラッシュのような光を肌に照射します。その光エネルギーに反応したメラニンは、老廃物として排出が促され、肌の表面に浮き上がり、徐々に薄くなります。

回数を重ねるごとに、そばかすやシミ、肝斑などを薄くする効果が期待できます。また、肌の代謝を促すケミカルピーリング、照射後の保湿ケアにイオン導入などの組み合わせ治療は効果の実感を得やすく、早期改善へ導きます。

そばかす治療には医師の見極めが重要?フォトフェイシャルの注意点

そばかす治療に効果的とされる「IPL(光治療)」ですが、そばかすの状態によっては注意が必要です。ここでは、治療の注意点と効果的な治療方法について解説します。

顔の広範囲に点々と広がるシミ=そばかすと思われがちですが、そばかすの中に混ざって深いシミや肝斑などがあることも。中には、太田母斑というフォトフェイシャルで治療できないシミが混在しているケースもあります。

これらの症状は、肌の状態に適さない治療により悪化する場合もあります。フォトフェイシャルの治療では、医師によるシミの見極めが非常に重要です。

フォトフェイシャルでのそばかす改善に必要な回数・料金の目安

そばかすの治療として、フォトフェイシャルの施術をする場合、必要な治療回数、料金の目安はどれくらいでしょうか。

基本的な治療回数や照射のペース、費用を解説します。

回数や照射ペースの目安

フォトフェイシャルは、1回でも効果を実感しやすい美肌治療ですが、そばかすの治療の場合は、1クール以上がおすすめです。

1クールは1回治療した後、3〜4週間程度の間隔で5回程度の治療が目安となります。

そばかすのように、薄く広がるシミ治療は、治療を重ねるごとに効果を実感しやすくなることが多いです。

1回あたりの料金の目安

フォトフェイシャルをはじめとする「IPL(光治療)」は、マシンにより価格が異なります。

初回限定価格で10,000円以下で治療ができるクリニックもありますが、最新機種になるほど、料金は高額になります。

また、症状や治療内容はもちろん、医師が照射するのか、看護師が照射するのかにもより料金が変わります。コース価格にするとお得なこともありますので、事前に確認してみることがおすすめです。

まとめ

今回は、フォトフェイシャルをはじめとした「IPL(光治療)」のそばかす治療の注意点を中心にご紹介しました。

さまざまな肌トラブルに効果的なフォトフェイシャルですが、そばかすに混在する治療ができないシミがあるので注意が必要です。必ず医師に診断をしてもらい、適切な治療に挑みましょう。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!