頬などに広がるそばかす改善に効果的な治療として、フォトフェイシャルがあります。

これらの治療は、肌にIPL (intense pulsed light)という特殊な光を照射し、光のエネルギーを利用して、そばかす以外にもシミ、ニキビやニキビ跡など、あらゆる肌悩みにアプローチをし、理想の肌質に導く方法です。

この記事では、そばかす改善に効果的なフォトフェイシャル(光治療)について、治療回数や注意点を解説します。

フォトフェイシャル,そばかす

フォトフェイシャルはそばかす改善に効果的?

フォトフェイシャルはそばかす改善に効果はある?

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ダウンタイムが比較的少なく、効果を実感しやすい美肌治療として人気の「フォトフェイシャル(光治療)」は、肌トラブルの原因であるメラニン色素などへ光エネルギーでダメージを与えることで、さまざまな肌トラブルの改善が期待できます。

色素に反応するため、そばかすにも効果的です。

フォトフェイシャルはレーザーのようにピンポイントで照射するのではなく、様々な波長を含んだ光を広範囲に照射するため、そばかすのように広範囲にひろがる肌の色ムラ向けの治療といえるでしょう。

そばかす改善に必要なフォトフェイシャルの回数

フォトフェイシャルでそばかすを治療する場合は、3〜4週間に1回程度の間隔で、合計5回程度の照射回数が目安となります。

ただし、そばかすのように広範囲に薄く広がっているシミ治療は治療を重ねるごとに効果を実感しやすくなることが多く、必要回数には個人差が大きいです。

フォトフェイシャルでそばかすが消えないという意見もあるけれど…

そばかす治療に効果的とされるフォトフェイシャルですが、そばかすの状態によっては注意が必要です。

顔の広範囲に点々と広がるシミ=そばかすと思われがちですが、そばかすの中に混ざって深いシミや肝斑などがあることも。

特に肝斑はフォトフェイシャルで悪化することが多いため注意が必要です。

また、太田母斑というフォトフェイシャルで治療できないシミが混在しているケースもあります。

これらの症状は、肌の状態に適さない治療により悪化する場合もあります。

フォトフェイシャルの治療が可能なシミなのか、医師による診察・見極めが非常に重要となるのです。

フォトでそばかすが濃くなる・再発するって本当?

フォトフェイシャルをそばかすに照射した後、肌内部にあったメラニンが肌表面へ浮き出てて、一時的にそばかすが濃くなったと感じることがあります。

濃くなったそばかすはかさぶたになることも。

一時的に濃くなった箇所は、1〜2週間程度で自然と薄くなるケースが多いでしょう。

しかし、照射後の経過は個人差が大きく、かさぶたができない・そばかすが濃くならないという人もいますが、念のため大事な予定直前のフォトフェイシャルは避けた方が安心です。

フォトフェイシャルで治療したそばかすは再発するの?

そばかすをはじめとしたシミは紫外線による影響を受けやすいため、一度フォトフェイシャルによって薄くなってもアフターケアを怠ると再発することがあります。

特に、フォトフェイシャルにより刺激を受けた皮膚は紫外線の影響を受けやすくなっており、万全な紫外線対策をせずに日射しを浴びてしまうと、シミがさらに濃くなってしまう可能性もあるため、治療後は特に注意が必要です。

フォトフェイシャルでのそばかす治療の前後は、日焼け止めだけでなくより入念な紫外線対策グッズを組み合わせるとよいでしょう。

フォトフェイシャルのそばかす治療まとめ

今回は、フォトフェイシャルを使用したそばかす治療についてご紹介しました。

さまざまな肌トラブルに効果的なフォトフェイシャルですが、そばかすには治療ができないシミが紛れている可能性あるので注意が必要です。

フォトフェイシャルでのそばかす治療を得意とする医師のいるクリニックで診察のうえ、適切な治療を受けましょう。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!