アメリカで爆発的な人気を誇る大注目の医療機関専売スキンケア・ジャンマリーニ。
SNSなどで目にする機会が増え、気になってはいるものの「どんな肌悩みに効果的なのか分からない」「他のドクターズコスメとの違いは?」「値段が知りたい」という方の意見もよく目にします。

そこで今回はジャンマリーニの全てを徹底解説!
同じくアメリカ発祥のスキンケア・ゼオスキンとの違いや、一つだけプラスワンする時におすすめの製品についてもご紹介するので、ジャンマリーニが気になっている方は必見です。

ジャンマリーニ

ジャンマリーニとは?

ジャンマリーニとは

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ジャンマリーニはアメリカで25年以上の歴史があるドクターズコスメ。
創始者である研究者・ジャンマリーニが作り出したスキンケアシステムです。

最先端技術と特殊な成分配合技術によって生み出された独自の製剤を組み合わせることで、小じわやたるみ、ハリ・弾力の低下やニキビ・ニキビ跡、赤ら顔、シミや色素沈着など、あらゆる肌悩み改善に効果を発揮します。

ジャンマリーニの配合技術のほとんどが特許を取得しており、レチノール・抗酸化成分・ペプチドを調合した美容液など、ドクターズコスメ業界初の製品も世に送り出してきました。

シンプルな5stepのライン使い・全製品1プッシュの使用でOKなど、簡単に使用できるところも魅力的なポイントです。

ジャンマリーニの特徴

ジャンマリーニは、数あるドクターズの中でも特に攻めと守りのバランスがよく、赤みや皮むけをおさえながら肌質改善が可能です。
日本人の肌質に合わせた日本限定・2種類のスキンケアシステムがあります。

ハイドロキノンを含まず、特殊加工された低刺激のピュアレチノールと保湿や美白作用に優れたアンチエイジングペプチドによって、ハイドロキノンアレルギーやレチノールで辛いA反応を経験した方でも、肌トラブルのリスクをおさえて肌質改善を目指せます

ゼオスキン・セラピューティックプログラム後のメンテナンスや、他のドクターズコスメに物足りなさを感じている人におすすめといえるでしょう。

ジャンマリーニ3つのメイン成分

ジャンマリーニのメイン成分は3つ。
種類別に特徴をご紹介します。

メイン成分①パルミチン酸アスコルビル

ジャンマリーニのメイン成分

肌になじみやすく刺激を感じにくいといった特徴をもつ脂溶性ビタミンCです。
シミ予防・改善、保湿効果に優れている成分で、肌へ浸透した後も長時間(約24〜40時間ほど)効果を発揮します。

赤み・抗炎症作用が高く、炎症性ニキビにも効果的です。

メイン成分②DMAE(ジメチルアミノエタノール)

皮下の筋肉の引き締めをサポートして、シワ・たるみ改善をサポートする成分です。
ハリ・弾力サポート、肌のキメを整える効果がありますが、年齢と共に減少していきます。
フェイスラインの引き締めによって、小顔効果も期待できるでしょう。
パルミチン酸アスコルビルとDMAEの組み合わせによって、エイジングと美肌へ強力にアプローチします。

メイン成分③オールトランスレチノール(ピュアレチノール)

ジャンマリーニのレチノール

オールトランスレチノールは、一般的にピュアレチノールとよばれている成分です。

肌馴染みのよいレチノールで、酸素に触れることで「レチノイン酸」へと変化して、シワ・弾力ケア、ハリツヤUP、肌質改善など、幅広い美肌効果を発揮します。

処方薬であるトレチノイン(0.1%)と同等の効果を得られるともいわれていますが、最小限の赤み・皮むけ(A反応)で高い効果を目指せる、特殊加工のレチノールです。

メイン成分④ペプチド成分

ジャンマリーニのペプチド

ジャンマリーニ製品には、エイジングケアや保湿効果に優れた複数のペプチドが贅沢に配合されています。

なかにはレチノールの効果を高めたり、メラニン生成を抑制する働きのあるペプチドも。

ジャンマリーニのペプチドはレーザー治療後の肌を安定させ、肌の回復をサポートする働きがあるため、ダウンタイム中のスキンケアにもおすすめです。

他のドクターズコスメとの違い

他のドクターズコスメとの大きな違いは、クリニック施術と併用することでより優れた効果を発揮する点です。

施術前に使用すると肌本来の機能を高めて、治療前に肌の土台作り、施術後に使用すると、有効成分が肌機能をサポートすることで治療効果UPが期待できます。

また、人気のドクターズコスメと比較すると、ゼオスキンよりも穏やか、リビジョン・ガウディスキンよりも攻め、といったイメージです。

ゼオスキンのセラピューティックほどではありませんが、ハイドロキノンを使用せず、ビタミンCやアルブチン、美白作用をもつアンチエイジングペプチドと、特殊加工のピュアレチノールで、肌トーンや色ムラ、小じわの高い改善効果があったとの研究結果もあります。

ハイドロキノンアレルギーや、トレチノインによるA反応が辛すぎた経験がある方、できるだけ赤み・皮むけを抑えつつ、攻めの肌質改善ができるスキンケアを探している方にぴったりでしょう。

ジャンマリーニ製品ラインナップ

ジャンマリーニを5stepライン使いするにあたって必要なアイテムは以下の通り。
※全て税込価格
※クリニックによっては価格設定が異なる場合があります

  1. クレンジング(シエスタクレンジング洗顔料・6,050円)
  2. 回復(シエスタ フェイスセラム・15,840円)
  3. 肌表面の修正(レチノプラス フェイスクリーム・15,400円/ルミネートフェイスローション・18,480円)
  4. 鎮静・保湿(マリーニ ペプチド美容液・18,700円)
  5. 保護(マリーニ サンスクリーン・8,580円)

ジャンマリーニ、商品

ジャンマリーニ、商品2

2種類のシステム「エイジングケア」と「ブライトニングケア」の違い

ジャンマリーニ、エイジングケア、ブライトニングケア

海外製のスキンケアによって刺激を感じやすい日本人の繊細な肌質に合わせ、日本限定のオリジナルシステムとして、2種類の新しいシステムが誕生しました。

エイジングケアシステムとブライトニングケアシステムがあり、どちらもジャンマリーニの5ステップをライン使いできる製品がセットになっています。

2つのシステムは「肌表面の修正」に使う製品だけが異なるのですが、肌悩みに合わせて好きな方を選んでOKです。

エイジングケアシステム

レチノール0.5%が肌表面のキメを整え、ハリ・ツヤのある肌印象へ

肌表面の修正に使用するアイテム

→【レチノプラスフェイスクリーム】
セット価格:44,880円(税込)

ブライトニングケアシステム

ハイドロキノンを含まない独自のブライトニング技術
しみを防ぎ、透明感のある肌印象へ導く

肌表面の修正に使用するアイテム

→【ルミネートフェイスローション】
セット価格:44,880円(税込)

ジャンマリーニQ&A

Q1.ジャンマリーニには化粧水がないって本当?

ジャンマリーニには肌の保水力を高めるアイテムが揃っているため、化粧水なしでもしっかりと保湿ができる仕組みとなっています。

Q2.組み合わせるとより効果が高まる施術はある?

ハイドラフェイシャルやイオン導入、レーザー系の治療とジャンマリーニ製品の相性が抜群!
使用するタイミングやアイテムはクリニックで相談してください。

Q3.何か1つだけジャンマリーニ製品を選ぶとしたら?

基本的にジャンマリーニはライン使いを推奨していますが、手持ちのスキンケアへプラスワンする使い方もOKです。
追加しやすいアイテムは「シエスタフェイスセラム」。
ニキビや毛穴の黒ずみ、テカリ、ツヤUPに効果的!
ルミネートフェイスローションやマリーニサンスクリーンもおすすめです。

ヒフコ
ヒフコ

ヒフコ編集部もジャンマリーニをお試したの!

特にルミネートフェイスローションは肌にパーンとしたハリと、周りから褒められちゃうくらいツヤ感が増して内側から肌が発光している感じになるからオススメ。

ビタミンC美容液にありがちなつっぱり感もなくて、乾燥対策もできる頼もしい逸品よ!

ジャンマリーニまとめ

シンプルなアイテムで肌を守りながら攻めのケアもできるジャンマリーニ。 赤み・皮むけをおさえながら肌質改善ができるので、肌悩みが多い方はもちろん、ハイドロキノン・高濃度レチノールが肌に合わなくて辛い経験をしたことがある方におすすめです。 取扱クリニックも増えてきているので、気になる方はジャンマリーニ公式サイトから検索してみてくださいね。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!