ダウンタイムのないシミ治療として世界中で爆発的な人気となったフォトフェイシャルでしたが、その後同様のテクノロジーを搭載した光治療器が続々と登場しました。最近ではさらに高性能なマシンが開発され、肌症状に対してより有効な治療が可能になっています。『ダウンタイムがほとんどない上に、肌が変わる実感が得られる』と継続して治療を受けられている人も増えているようです。

「シミにはフォトフェイシャル?最新の光治療はここまで進化している」

フォトフェイシャルって耳にしたことありませんか?
フォトフェイシャルとは光治療と呼ばれる美肌治療の一種で、シミ、そばかす、ニキビ、顔全体のハリ・つやなど、様々な肌悩みに同時にアプローチするという、今や定番となった美肌治療法です。
最初にフォトフェイシャルという名前の治療法が登場したのが1999年頃。米国ルミナス社が開発した「ナチュライト」という機種が、最初の光(IPL)治療器でした。
ダウンタイムのないシミ治療として世界中で爆発的な人気となったフォトフェイシャルでしたが、その後同様のテクノロジーを搭載した光治療器が続々と登場しました。最近ではさらに高性能なマシンが開発され、肌症状に対してより有効な治療が可能になっています。『ダウンタイムがほとんどない上に、肌が変わる実感が得られる』と継続して治療を受けられている人も増えているようです。今回は最新の光治療の魅力について詳しくお伝えします。

光治療ってどういうもの?

光治療ってどういうもの?

光治療について

光治療とは、色々な波長の光を顔全体に照射することで、シミ、そばかすだけでなく、くすみ、ニキビ跡の赤み、しわ、赤ら顔など、さまざまな肌のトラブルに同時にアプローチする治療です。

レーザーのように、単一波長の強力な光を一点集中させるのではなく、IPLという幅広い波長を持った弱めの光を肌全体に広く照射することで、様々な肌トラブルを緩やかに改善へと導きます。 パワーがレーザーほど強くないので、肌への負担が少なく、痛みは肌表面でバチッという熱感がある程度です。施術直後のメイクも可能で、ダウンタイムがほとんどないことも特徴です。
光治療はフォトフェイシャル」、「フォトRF」などの施術名称で呼ばれることがありますが、本来「フォトフェイシャル」とは、米ルミナス社の機器を使用した光治療の施術名、「フォトRF」とは、光と高周波を同時に照射するオーロラやePlusといった機器を使った光治療の施術名です。現在、光治療で使用される機器は代表的なものだけでも10種類以上あります。「フォトフェイシャル」は光治療の元祖といわれており、初代ナチュライトの後継に当たるM22」はシミ・美肌治療の施術として、現在最も多くのクリニックで採用されています

フォトフェイシャルについての詳しい記事はコチラ

光治療で改善できる症状

光治療は、シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔・毛穴・ニキビ後の赤みや色素沈着などの肌悩みをお持ちの方に適した治療だと言われています。IPLの光は肌の奥にまで作用し、線維芽細胞というコラーゲン生成細胞を活性化させます。そのため肌のハリ・ツヤに対しても効果が期待できると言われています。シミやそばかすは治療を重ねることで薄くなっていくため、治療は複数回受けることが推奨されています。
クリニックを訪れる方の中で一番多いのがシミのお悩みですが、シミには種類があり、それぞれ治療方法が異なります光治療は、濃くて根が深いシミ、ADMには反応しない、また肝斑に対しては悪化のリスクもあると言われています。根が深いシミにはレーザー治療、肝斑にはトーニング治療、というように治療を併用して行うことが必要です。

シミの種類についての詳しい記事はコチラ

レーザー治療とのちがい

シミ治療といえば、以前はレーザーが代表的な治療法でした。レーザー治療で照射される単一波長の光(例えばルビーレーザーは694㎚、YAGレーザーで1064㎚)は、ピンポイントでシミの下となるメラニン色素や、赤みの原因である酸化ヘモグロビンに反応し、強力なパワーでダメージを与えます1度の治療で高い効果が得られるので、「目立つシミだけを確実に取りたい!」という方はレーザー治療が適応するでしょう。しかしパワーが強い分、ダウンタイムがあり、治療後の色素沈着のリスクも高くなります。
また、レーザーは1照射あたりの面積が小さいため、シミの範囲が広い人には不向きです。なお、薄いシミはメラニンの量が少なくレーザーの光が反応しにくいため、レーザーの場合はピコレーザーが、光治療ではルメッカという機種が有効だとされています。

光治療のメリット・デメリット

光治療のメリット

  • シミ、そばかす、ニキビ跡の色素沈着など複数の症状に同時にアプローチできる
  • 肌のハリ、ツヤに対しても効果が期待できる
  • ダウンタイムがほとんど無いため周囲にばれにくい
  • 治療後すぐにメイクが可能
  • 治療を続けることで美肌をキープできると実感する人が多い

光治療のデメリット

  • シミの種類によっては反応しないため別の施術を併用する必要がある
  • 複数回受けることで費用が高くなる

「シミは取りたいけれど、かさぶたを保護するために1週間近くテープを張るのが嫌で・・」とレーザー治療を躊躇される方もいるようです。光治療はレーザーに比べて威力は多少落ちますが、「まわりに気づかれないように、少しずつシミを改善していきたい」方にはメリットが大きいでしょう。

定期的にクリニックで光治療を受ける人が増えている、その理由は?

定期的にクリニックで光治療を受ける人が増えている、その理由は?

進化している光治療の機器

複数の肌悩みに対して同時にアプローチできる反面、効果が穏やかというイメージの光治療ですが、最新の光治療はシミへの効果が非常に高くなっています。たとえば「ルメッカ」という最新機器。シミに効果が高い短波長(500〜600nm)を従来の光治療機より効率よく、たくさん照射することが可能です。これにより、従来の光治療では拾いきれなかった薄いシミにも反応し、シミ・そばかすの濃さによっては、たった1回の照射でもかなりの効果が実感できる場合があるといわれています。
また、多くのクリニックで採用されているM22」は従来機より更にスペックが進化し、症状や肌質によって最大8種類のフィルターを使い分けることができます。血管専用フィルター、ニキビ専用フィルター、部分照射フィルターもあるので、反応させる対象によって波長を変更できるだけでなく、症状に対して的確にダメージを与えることができると言われています。

満足度が高い

フォトフェイシャル協会の調べによると、フォトフェイシャルの治療を受けた多くの人が1回の治療で何かしらの効果を実感しており、3回目の治療で約7割の人が、治療回数が5回になると約9割の人が治療の結果に満足していると回答しています。

光治療を実際に受けられた方の中で特に多いのが、「ピンと張ったようなハリと、肌全体が潤っているようなツヤがでる」「美肌効果が実感できる」という感想です。
効果の持続性に関しては、アメリカのジョン・ホプキンス医科大学皮膚科助教授らの研究で、約83%の人がフォトフェイシャルを受けてから4年後もその効果を持続し満足しているという論文を発表しています。また最近の製薬会社の研究では、IPLを使用した光治療は肌色を決定する遺伝子に作用し、将来にわたって美白効果を発揮するという報告もされています。
光治療は効果に対する満足度が高く、肌への負担が少ない美肌治療です。シミ治療としてだけではなく、くすみ、しわ、たるみなどのエイジングケアを含めたトータルケアとして、光治療を「ずっと受け続けたい施術」に挙げる方が増えていることも納得です。

エステやホームケアの光治療とのちがい

光(IPL)治療の機器は医療機関でのみ使用が可能です。したがってエステサロン等で導入されている「光フェイシャル」や「フォトフラッシュ」などの機器や、美顔器などの家庭用マシンは全くの別物になります。
光治療の効果を高めるには、シミの種類や症状を的確に見分け、その人に合った設定・パワー・照射数で施術を行う必要があります。価格は1万円~5万円程度(全顔1回)とクリニックによって少々差があるようです。カウンセリングを丁寧に行ってくれるかどうか、実際の施術はスタッフが行うのか、医師が行うのか、光治療の効果を高めるための施術がセットになっているか、などもクリニック選びの基準にするとよいでしょう。

光治療で使用される機器

光治療で使用される機器

現在光治療で使用されている代表的な機器を紹介します。

機器名

波長

特徴

M22
(ルミナス社 )

560~1200

・「フォトフェイシャル」と呼ばれる治療に使われるルミナス社最新の機器

・最大8種類のフィルターを使い分け、症状に対して効果的にアプローチ可能

シミへの効果が高い

ルメッカ
INVASIX社)

500~1000

・パワーが強い(従来のフォトフェイシャルのエネルギーの約3倍といわれている)

・クーリング作用があり、痛みが少ない

・高パワーでも火傷のリスクが少ない

・茶色、赤色に対して非常に反応がいい

・シミに反応の良い500~600㎚の波長を効率よく照射できる

1.2回でも十分な効果があるといわれている

フォトシルクプラス
(デカ社 )

500~950

950nm以上の波長をカットしているためよりダメージを起こしにくい

薄いシミに効果的

ライムライト
(キュテラ社)

520~1100

日本人の肌色、肌質に合わせて作られている

・日本人に多い、そばかすや薄いシミに高い効果

・痛みやダメージが少ない

アキュチップ
(キュテラ社)

500~635

・ライムライトとセットで使用されることが多い

・ピンポイントのシミ取り治療として使用される

BBL
(サイトン社)

410~1400

IPLではなく、より波長の広いBBL(ブロードバンドライト)を使った光治療機。

・最大7種類を症状に合わせて使い分け、症状に対して効果的にアプローチ可能

・ほかのマシンより波長が長いので比較的濃いシミにも反応する

3種類のアダプターでシミの大きさに合わせてピンポイント照射可能

フォトRF

(シネロン・キャンデラ社)

SR580~980SRA

470~980

・初代の機器名から「オーロラ」という名前で呼ばれることもある

・光+高周波の相乗効果による効果が得られる

RF(高周波)を組み合わせることで肌の奥までエネルギーが届く

・光の出力を抑えられるので皮膚への負担や痛みが少ない

・高周波のコラーゲンの増生効果で特にハリと弾力アップ効果が高い

・短い波長で、シミにハイパワーで反応(SRAハンドピース)

まとめ

シミやそばかす、毛穴やニキビなどの複数の肌トラブルから、くすみ、しわといったエイジングケアまで同時にアプローチできる光治療。定期的に治療を受けることで、シミがない肌以上の肌を手に入れることができそうです。同年代に差をつける「肌のメンテナンス」としてぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ