肌悩みの改善や肌の生まれ変わりに効果が期待できると話題のスキンケアライン・ゼオスキン。気になっているけれど、医療機関専売品のため、なかなか手に取ることができないという人は少なくないでしょう。そこで、ゼオスキンの使い方やおすすめのアイテムについてわかりやすく解説します。

ゼオスキン 使い方

肌悩みの改善や肌の生まれ変わりに効果が期待できると話題のスキンケアラインゼオスキン。気になっているけれど、医療機関専売品のため、なかなか手に取ることができないという人は少なくないでしょう。そこで、ゼオスキンの使い方やおすすめのアイテムについてわかりやすく解説します。

ゼオスキンとはどんな化粧品?

ゼオスキンとはどんな化粧品?

ゼオスキンはアメリカの皮膚科医・Dr.オバジが35年以上にわたる研究から生み出したスキンケアラインです。さまざまな肌悩みを改善し、健康で美しい肌へと導くゼオスキンのプログラムや特徴について詳しく見ていきましょう。

ゼオスキンのブランドコンセプト

Dr.オバジは治療を始める前に「肌を知ること」を重視しています。ゼオスキンのプログラムは肌質や生活習慣、ストレスやホルモンバランスなどの情報を基に、一人一人の肌に合わせて提案され、その時の肌の状態に適したプログラムに柔軟にカスタマイズすることが可能です。

ゼオスキンの特徴

ゼオスキンは医師の指導の下、効率的なプログラムを正しい使い方で行うのが望ましいとされています。また、強い美白作用のあるハイドロキノン配合の化粧品や、プログラムの中で医薬品であるトレチノインの処方が必要なこともあるため、市販はされていません。クリニックによってはゼオスキンの効果をより高めるとされる施術を用意しているところもあります。

ビタミンAを始め、カプセル化して浸透力を高めたビタミン類、抗酸化作用で肌をダメージから守る植物由来成分、肌にハリを与えるとされる植物幹細胞や加水分解セリシンといったオリジナル複合成分が、肌の深部に届いて生まれ変わりを促すというのがゼオスキンの特徴だと言えるでしょう。

ゼオスキンの4つのプログラム

ゼオスキンの4つのプログラム

ゼオスキンは美しく健やかな肌を「継続」することを目指して、4つのプログラムがあります。GSRGetting Skin Ready)と呼ばれる洗顔・角質ケア・化粧水を一連とした基本のプログラムに、肌の状態やなりたい肌、キープするためなど、目的に合わせて美容クリームやUVケア用品を加えていきます。

セラピューティックプログラム

ダメージのある肌向けのゼオスキンのメインプログラムです。4%ハイドロキノンなどの整肌成分に加え、医師の処方するトレチノインの働きで肌の生まれ変わりを促し、肌質の改善を目指します。

12~18週間かけて集中ケアを行うセラピューティックプログラムには、反応期・耐久期・完成期の3つのフェーズがあります。

反応期

ゼオスキンの使い始めから46週間。継続的に肌に赤みや皮むけが表れますが、古い角質が剥がれ落ちるので、徐々にシミが目立たなくなってきます。

耐久期

反応期後の46週間は肌に抵抗力や耐性が備わる耐久期です。赤みや皮むけが落ち着き、肌にハリが出てきます

完成期

肌細胞が入れ替わり、透明感のあるみずみずしい肌へと導く仕上げの時期です。

 

開始時には少なくとも洗顔料・化粧水、ミラミン、ミラミックス+トレチノイン、日焼け止めが必要です。費用はクリニックによって多少差はありますが、これらのアイテム代約6万円に初診料、再診料、カウンセリング料、トレチノインの処方料などを含めて、平均で8万円ほどだと言われています。

メンテナンスプログラム

レチノールなどの整肌成分を配合したアイテムを組み合わせたプログラムです。アレルギーなどでハイドロキノンの使用を避けたい人や、セラピューティックプログラム後のメンテナンス向けとされています。費用は洗顔料・スクラブ洗顔料・化粧水・美容クリーム・日焼け止めのアイテム代と、医師の診察・指導料などを含めて約8万円です。

デイリースキンケアプログラム

毎日のお手入れで肌ダメージを修復する力をサポートしながら、肌を整えていくスキンケアプログラムです。費用は洗顔料・スクラブ洗顔料・化粧水・美容クリーム・日焼け止めのアイテム代に医師の診察・指導料を加えて6万~65千円ほどです。

プリベンションプログラム

太陽光によるダメージなどから肌を保護し、トラブルを未然に防ぐプログラムです。費用の目安は洗顔料・化粧水・美容クリーム・日焼け止めに、医師の診察・指導料を合わせて約4万円です。

ただし、これらのプログラムは基本の組み合わせです。医師の診断によってはアイテムを省いたり、追加したりすることもあるため、費用には変動があります。また、肌の現状だけでなく、自分がどんな肌になりたいか、肌悩みを改善したいかといった希望も伝えながら相談してみてください。

ゼオスキンのおすすめ人気アイテムを紹介

ゼオスキンのおすすめ人気アイテムを紹介

ゼオスキンのアイテムにはどのようなものがあって、どんな働きをするのでしょうか?セラピューティックプログラムに使われるものを中心に、おすすめアイテムを紹介します。

ミラミン

4%ハイドロキノン配合の美白美容液です。セラピューティックプログラムでは朝晩のお手入れに使用します。メラニンを生成する酵素を抑制したり、メラニンそのものを減少させたりするハイドロキノンや、0.9%アスコルビン酸などの働きで、シミやそばかす、くすみなどの予防効果が期待できます。(80g・約2か月分:¥12,000+税)

ミラミン

引用:https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_hq.html#Melamin

ミラミックス

ミラミンとほとんど同じ成分に、パルミチン酸エチルヘキシルとフェニルトリメチコンが加えられています。これらの成分には、セラピューティックプログラムでミラミックスと併用するトレチノインとの混合を安定させる働きがあります。夜のみ使用する美容クリームです。(80g・約5か月分:¥11,600+税)

ミラミックス

引用:https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_hq.html#Melamin

ARナイトリペア

2回の使用で、くすみや小じわ、シミなどの改善を目的としたビタミンA配合の美容液です。進化したバイオテクノロジーによる「オレオソーム」がビタミンA(レチノール)の浸透力を高め、肌の代謝を促します。また、独自成分「ZO-PRS2」が将来的な肌ダメージから保護して、ストレスに負けない肌を作ります。(60ml・¥18,000+税)

ARナイトリペア

引用: https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_active.html

スキンブライセラム0.5

整肌成分レチノールを0.5mg配合した、シミやくすみを抑える力をサポートして肌の色調を整える美容クリームです。また、アスコルビルグルコシドが製品の酸化を防ぎ、オレオソームの働きでレチノールの浸透力が安定します。(50ml・¥11,400+税)

スキンブライセラム0.5

引用: https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_active.html

Wテクスチャーリペア

レチノールに加えて、表皮と真皮を統合するジャンクション部の接合をサポートする独自の成分「ZCORETMとヒアルロン酸・コラーゲンの生成をサポートする「ZPROTM」を配合した美容クリームです。レチノールはマイクロエマルジョン化されており、スムーズに浸透します。肌にハリと弾力を与えてシワや余分な線を改善・予防し、肌のキメや肌色を均一に整えます。(50ml・¥17,600+税)

Wテクスチャーリペア

引用: https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_active.html

RCクリーム

肌のハリやバリア機能の改善をサポートする美容クリームです。レチノール、パルミチン酸レチノールが肌の調子を整え、セラミドNGなどの保湿成分が潤いを高めます。シワや肌のハリ低下が気になる人におすすめです。(50ml・¥13,000+税)

RCクリーム

引用:https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_antiaging.html#RC-cream

クリニックで受けられるゼオスキンプログラム

クリニックで受けられるゼオスキンプログラム

ゼオスキンはすべてのプログラムに医師の診察が必要です。中でもセラピューティックプログラムは肌悩みを抱える人のための医療機関専用として注目されています。ここではセラピューティックプログラムの内容や効果、アイテムの使い方などについて詳しく解説します。

セラピューティックプログラムで期待できる効果

セラピューティックプログラムはビタミンA(レチノール)を真皮層まで浸透させ、12~18週間で肌質の生まれ変わりを促すプログラムです。シミや肝斑、くすみ、色素沈着やシワ、毛穴の開きなどを改善し、美しく健やかな肌へ導きます。

セラピューティックプログラムのプロセス

STEP1.クレンジング&洗顔

  • ジェントルクレンザー 

   または

  • ハイドレーティングクレンザー

    または

  • エクスフォリエーティングクレンザー(各200ml5,200円+税)

朝晩に使用するクレンジング洗顔料です。肌の汚れを落とし、次に使うアイテムの浸透力を高めます。肌タイプに合わせて3種類から選ぶことができます。しっかりメイクは別途クレンジングで落としてから使用してください。

STEP2.化粧水

  • バランサートナー(180ml6,000円+税)

洗顔後の肌のPHバランスを弱酸性に整える化粧水です。そのため、ピリッとした軽い刺激を感じることがあります。1回につき500円玉大をコットンや手にとって肌になじませてください。

STEP3.美容クリーム

朝:ミラミン

夜:ミラミン、ミラミックス(+トレチノイン)

どちらも4%ハイドロキノン配合で、肌のくすみやシミを改善し、透明感のある均一な肌色へ整えてくれます。オプションとしてビタミンC配合のシーセラムや肌にハリを与える力をサポートするデイリーなどがあります。

STEP4.朝のUVケア

レチノール配合の化粧品を使っていると、一時的に紫外線などの刺激に弱い状態になります。そのため、UVケアは必須です。

  • BSサンスクリーン SPF50118g10,600円+税)

敏感肌にも使える天然ミネラル配合で低刺激の日焼け止めです。

  • サンスクリーンプラスプライマー SPF3030ml7,200円+税)

UVケアだけでなく化粧下地としても使える、滑らかな肌色のクリームです。

セラピューティックプログラムの注意点

ゼオスキンを使い始めると、1週間ほどで皮がむけはじめたり、肌が赤らんできたりします。これは古い角質が排出され、新しい肌に生まれ変わるための準備なので、刺激したり、気になるからと無理に皮をむいたりしないようにしてください。皮むけや赤みを避けたい場合には、他のプログラムや組み合わせに変更することも可能なので、必ず医師に相談しましょう。

また、妊娠中の人はセラピューティックプログラムを受けることができません。これはビタミンA(レチノール)の過剰摂取による催奇形性(胎児に奇形が生じる危険性)があるためです。可能性は極めて低いとされていますが、国内のクリニックでは不可としているところがほとんどです。

まとめ

ゼオスキンは医師の診察が不可欠なため、ハードルが高く感じられるかもしれませんが、毎日のお手入れで健やかな美肌を目指したいという人にはおすすめの基礎化粧品です。自宅で肌が生まれ変わるプロセスを、ぜひ実感してください。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ