肌タイプには「乾燥肌」や「オイリー肌」などありますが、実は少し複雑で体調や季節、顔のパーツによっても変化します。これまでなんとなく自分は「乾燥肌かも」、「オイリー肌かも」と思っていた人もあらためてチェックしてみると違った印象を持たれるかもしれません。適切で効果的なスキンケアの為、今一度自分の肌質への理解を深めてみましょう。

肌タイプの見分け方とケア方法

肌の質は人それぞれで異なる為、誰にでも効果のあるケア方法と言うものはほとんどありません。それどころか同じ人でも季節や体調によって肌質は変化します。その時の自分の肌質をしっかり見極めて、肌の状態に合ったケア方法に調整する事が肌トラブルを防ぐポイントです。

ハリツヤのある健やかな肌には誰もが憧れるものですが、その為には毎日のスキンケアが欠かせません。しかしながら、毎日欠かさずケアをしているのにあまり肌の調子が良くならなかったり、中にはケア用品が肌に合わず荒れてしまった・・・なんて事もありますよね。

そんな事にならない為には、自分の肌のタイプをしっかりと把握して適切なケアを行う事が重要です。

肌タイプには「乾燥肌」や「オイリー肌」などありますが、実は少し複雑で体調や季節、顔のパーツによっても変化します。これまでなんとなく自分は「乾燥肌かも」、「オイリー肌かも」と思っていた人もあらためてチェックしてみると違った印象を持たれるかもしれません。

適切で効果的なスキンケアの為、今一度自分の肌質への理解を深めてみましょう。

肌タイプの特長とケア

肌タイプの特長とケア

肌のタイプは普通肌、乾燥肌、オイリー肌、混合肌の4タイプに分類されます。

まずは自分の肌タイプを分析してみましょう。

実はほとんどの人は混合肌に該当しますが、体調や季節、年齢によって脂性肌や乾燥肌に近づく事もあります。その時々の肌の調子に合わせたケアが必要です。

肌タイプの特徴とケアのポイント

普通肌:水分、皮脂のバランスが良く肌トラブルが起きにくいタイプ

□外からの刺激にも強い。

普通肌のケアのポイント

肌の状態が安定しているので、新しいケア用日や化粧品を試しやすいです。

乾燥肌:水分も皮脂も少なくカサつきやすいタイプ

 

□皮膚のバリア機能も低下しやすい。

□キメが細かく毛穴が目立たない人に多く、加齢とともに乾燥肌になる傾向もあります。

乾燥肌のケアのポイント

水分、油分両方をバランスよく補給しましょう。紫外線対策も重要です。

脂性肌(オイリー肌):水分も皮脂も多いタイプ

□特に皮脂のべたつきやテカリが気になります。

□毛穴の詰まりや開き、ニキビなどのトラブルがおきやすいです。

脂性肌(オイリー肌)のケアのポイント

皮脂を抑える事が重要で、引き締め効果のある洗顔料で丁寧に洗顔しましょう。ただし洗浄力の強い洗顔料を使いすぎると肌の保水力まで損なってしまう為注意が必要です。

混合肌:Tゾーンはオイリー肌でUゾーンは乾燥肌といった具合に、顔のパーツごとの差が大きいタイプ

□20~30代に多いタイプで肌質をコントロールしづらい状態です。

混合肌のケアのポイント

皮脂を抑える事が重要で、引き締め効果のある洗顔料で丁寧に洗顔しましょう。ただし洗浄力の強い洗顔料を使いすぎると肌の保水力まで損なってしまう為注意が必要です。

季節による肌の変化とケアのポイント

季節による肌の変化とケアのポイント

季節によって温度、湿度や紫外線量など環境が大きく変わりますが、肌の状態も環境に大きく影響されます。

季節によってどのようなケアを心がけたら良いか把握しておきましょう。

季節

起こりやすいトラブル

おすすめのケア方法

花粉や強風によるホコリ、寒暖の差から肌ストレスが生じ、過敏になりやすい時期です。

肌についたホコリや老廃物をきちんと落とし、保湿を心がける事で肌のバリア機能が向上します。紫外線量も増えてくるので、日焼け止めも重要です。

汗に伴い皮脂の量が増えニキビが出来やすくなります。また強い紫外線により、日焼け、シミ、そばかす、肌のごわつきなどにも注意が必要です。

日焼け止めによる肌の保護は必須です。紫外線によって肌の乾燥も生じますので水分補給も重要です。

やや乾燥気味ですが気温、湿度ともに安定した季節です。眼元や口元などカサつきやすい部分に注意しましょう。

美白や保湿を中心として、夏場に受けた肌ダメージのケアを行いましょう。

乾燥によるカサつきや肌荒れが起こりやすくなります。シワが目立ちやすくなります。

保湿を十分に行いましょう。マッサージや入浴で血液循環を良くする事も重要です。

代表的な保湿成分と肌への働き

乳液やクリームなどで肌の保湿を助けるケアはとても重要です。

ケア用品の中に含まれる保湿成分には様々な物があり、実は少しずつ働きが異なっています。代表的な保湿成分とその働きです。

クリニックで行える肌トラブルのケア

クリニックで行える肌トラブルのケア

日々のケアでは中々肌トラブルが改善しない時、皮膚科などのクリニックに頼ってみるのも良いかもしれません。クリニックではカウンセリングや測定器を用いて、正しい肌質を調べてくれるほかに肌質改善の治療も行えます。

オイリー肌の治療

ケミカルピーリング

皮膚表面の古い角質や毛穴に詰まった汚れを取り除く治療です。毛穴の引き締めやテカリの防止効果が望めます。

乾燥肌の治療方法

メソポレーション

美容成分を皮膚に導入していく治療法です。導入する成分は、治療を受ける人の希望に応じてブレンドされます。

乾燥肌が気になる方にはヒアルロン酸やセラミド、アミノ酸を多く配合することができます。

まとめ

自分の肌質が実はどのタイプだったのおわかり頂けたでしょうか。

また1年を振り返ってみて、どのような時期にどんなトラブルがあったかを思い出せると、季節ごとの自分の肌質の移り変わりが予想出来るかもしれません。

体調やストレス、季節によっても肌質は変化するので、より良い肌ケアの為に一度クリニックに行って今の自身の肌質を詳しく調べてみると良いかもしれません。

 

参考資料:日本化粧品検定2級・3級対応テキスト

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ