医療脱毛で一時的に肌が赤くなることは知っていても、赤いぶつぶつができてなかなか治らないとやはり心配ですよね。何より見た目も気になります。この記事では、医療脱毛後にできる赤いぶつぶつが何なのか、原因や治療法も合わせてご紹介します。

脱毛 赤い ブツブツ かゆい

美容ヒフコ公式LINEアカウント

医療脱毛後、施術した部分に赤いぶつぶつができることがあります。もし自分の肌に表れたら「すべすべの肌になれると思ったのに」と焦ったり、「赤いぶつぶつができてかゆい。このまま続けて大丈夫?」と不安になったりするのではないでしょうか。

医療脱毛で一時的に肌が赤くなることは知っていても、赤いぶつぶつができてなかなか治らないとやはり心配ですよね。何より見た目も気になります。

この記事では、医療脱毛後にできる赤いぶつぶつが何なのか、原因や治療法も合わせてご紹介します。

医療脱毛後に赤いぶつぶつが!これって何?

医療脱毛後に赤いぶつぶつが!これって何?

医療脱毛はレーザー光がメラニンに吸収される際に発生する熱エネルギーを利用して、毛の成長に関係する組織を破壊し、再生しにくくします。熱が毛包(毛嚢とも呼ばれ、毛や毛根部を包み込んでいる部分)の周囲にも伝わるため、施術後の肌は軽い炎症を起こしている状態です。通常、数時間から数日で治まりますが、肌の赤みが引いた後も赤いぶつぶつが残っている場合は、毛嚢炎という皮膚炎の可能性があります。

医療脱毛後の赤いぶつぶつ・毛嚢炎について解説

毛嚢炎は主に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌など、肌の表面に存在する常在菌が毛穴に入り込むことで起こります

毛嚢炎は比較的早い段階から芯に膿を持っていることが多く、毛穴が赤く膨らんでいるように見える、悪化すると化膿して腫れるなどの共通点が見られることから、ニキビと混同されがちです。しかし、毛嚢炎とニキビは原因菌が違うため、治療方法や処方される薬も異なります。市販のニキビ治療薬を塗っても治らないぶつぶつは、毛嚢炎を疑って医師の診察を受ける方が良いでしょう。

毛嚢炎は赤いぶつぶつ以外ににはほとんど症状がないといわれていますが、人によっては軽い痛みやかゆみが起きることがあります。かゆいと感じた時は、冷やしたタオルや保冷剤を用いて冷やし、早めに医療機関を受診した方が良いでしょう。かゆいからとかきむしって肌に傷がつくと、そこから新たに細菌が侵入して症状が悪化する恐れがあるからです。

医療脱毛後にできやすいのはなぜ?

医療脱毛後の肌は、レーザー照射時に発生する熱エネルギーによって水分が奪われ、非常に乾燥しやすい状態です。この水分不足によって一時的に肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激や異物の侵入に弱くなっています。医療脱毛後に毛嚢炎ができやすくなるのは、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌を始めとする雑菌が入り込み、炎症を起こしやすくなっているためです。

毛嚢炎の症状は、一個だけできる場合や多発する場合など、人によってさまざまです。通常は毛穴の位置にできますが、皮膚の深部で炎症が起こると複数の毛穴に広がり、盛り上がってしこりになりやすいので注意が必要です。また、脱毛直後だけでなく、施術後数日たってから毛嚢炎ができることもあります。痛みや赤みが強くなってきたり、明らかに炎症が強くなってきたりしたら、施術を受けたクリニックで診察を受けると良いでしょう。

赤いぶつぶつがなかなか消えない!どうしたらいい?

赤いぶつぶつがなかなか消えない!どうしたらいい?

医療脱毛後の毛嚢炎は一時的なものなので、時間の経過とともに自然に治まってきます。しかし、数日たっても治らない、反対に増えてきたというときは、医師の診察が必要になります。早期に肌の状態に応じた適切な治療を受けることで悪化を防ぎ、症状の軽減が期待できます。

また、塗り薬や内服薬など、薬を処方されたら医師の指示に従い、用法用量を守って使うことが大切です。

赤いぶつぶつを予防する方法はある?

赤いぶつぶつを予防する方法はある?

赤いぶつぶつ=毛嚢炎を予防するには、保湿が不可欠です。医療脱毛後の肌は乾燥しているので、適度な水分と油分を補う必要があります。肌のバリア機能を整えることで雑菌が侵入しにくくなるため、毛嚢炎の予防につながります。

また、皮脂分泌が活発で、毛が濃く・毛量が多い部位は毛嚢炎ができやすいといわれています。蒸れて不衛生になりがちなため、雑菌が繁殖しやすくなるからです。医療脱毛の前後は肌を清潔に保ち、日焼けやピーリングといった肌への刺激を避けるなど、注意が必要になります。

  • 背中
  • ワキ
  • VIO
  • ヒップ
  • ふくらはぎ
  • 太もも

これらの部位は、女性の場合下着やストッキング、ぴったりしたボトムなどで体を締めつけることが多いため、毛嚢炎になりやすいとされています。特に座り仕事の人は、同じ姿勢を取り続けることで特定の部分が圧迫されたり蒸れたりするので、下着を通気性のよいものにして、こまめに体を動かすことを心がけると良いでしょう。

油分の多いスキンケアを使用すると酸化して肌トラブルに繋がることもあります。蒸れやすい部位は油分の少ないアイテムで保湿した方が、毛嚢炎のリスクが低くなるといえます。

最近では、脱毛後にマスクで蒸れやすい顔へ毛嚢炎ができる人が増えています。長時間つけたままにしている、マスクで擦れるなど、蒸れや摩擦刺激が増えることは肌にとって良い環境とはいえません。時々外したり緩めたりして空気を入れ替え、汗を優しく拭き取ることである程度蒸れは防げます。また、内側が湿ってしまったマスクは雑菌が繁殖しやすいので、新しいものに取り換えることで肌への負担を軽減できるでしょう。

見落としがちですが、脱毛前の自己処理にも注意が必要です。使用するアイテムは毛抜きや安全カミソリよりも、電動シェーバーの方が肌負担が少なくすみます。長い毛はあらかじめハサミで切っておく、濃い部分は肌を軽く引っ張りながらシェーバーを動かすなど、なるべく肌に負担をかけない工夫をすると良いでしょう。

毛嚢炎と診断されたらスキンケアはどうする?

毛嚢炎と診断されたらスキンケアはどうする?

では、毛嚢炎ができてしまったら普段のスキンケアはどうすればよいのでしょうか?悪化しないように気をつけたいポイントを解説します。

清潔を保つ+保湿ケア

毛嚢炎の改善には、できるだけ患部を清潔に保つことが不可欠です。汗はこまめにふき取り、可能であれば下着は化学繊維を避け、綿や絹など吸汗性・吸湿性の高い素材で、患部を直接圧迫したり締めつけたりしないものにすると良いでしょう。

入浴後や洗顔後はタオルで水気を取ったらすぐにボディローションや化粧水で水分を補います。浸透させようと肌を叩くと刺激にもなるので避けた方が無難です。少量ずつ手に取って、肌に優しく包むように手でなじませます。手の平が吸いつくようにしっとりするまで、数回に分けて行うと良いといわれています。

できるだけ刺激を与えないようにする

清潔を心がけることは大切ですが、汚れを落とそうと強く擦ったり、スクラブ入りの洗浄剤を毎日使ったりするのは肌への刺激になるためおすすめできません。必要な水分や油分まで取れてしまい、肌のバリア機能の低下につながる恐れがあります。また、肌に細かい傷がつくことで炎症が強くなり、毛嚢炎が悪化するリスクも高まります。

毛嚢炎ができている部分は、手の平に石鹸などの洗浄剤を泡立てて、優しくなでるように洗います。洗浄剤に含まれるアルカリ分で、皮脂や古い角質などのタンパク質汚れを緩めて洗い流しやすくなるので、強く擦る必要はありません。

露出する部分に紫外線対策を

腕や脚、背中の一部など、露出することがある部分に毛嚢炎ができた場合は、日焼け止めやUVカット効果のある上着、日傘などで紫外線を防ぐと良いでしょう。ただでさえ脱毛直後は肌が敏感な状態になので、短い時間でも紫外線を浴びる可能性がある時は対策が不可欠です。

毛嚢炎の部分に日焼け止めを塗る時は、肌へ塗布・落とす際のどちらも肌負担が少なく済みやすいミルクタイプやスプレータイプが推奨されることが多いです。しっかり肌へ塗りこんだり専用クレンジングが必要なアイテムは、患部を刺激する恐れがあるからです。

まとめ

医療脱毛後にできる赤いぶつぶつは、毛嚢炎という毛根部の炎症であることが多いです。ニキビに似ていますが、原因となる菌が異なります。ニキビの治療薬で治らないときや、「かゆくないけど数日たっても消えない」「数が増えてきた」というときは医師に相談することが推奨されています。医療脱毛を続けるためにも、早めの対応で悪化を防ぐことが大切です。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!