フォトフェイシャルをはじめとする「IPL(光治療)」は、レーザーよりも広い波長帯をもつマイルドな光を肌に照射して、あらゆる肌悩みにアプローチできる治療方法です。

フォトフェイシャルやライムライトなどの光治療は、シミやそばかす、赤ら顔といった色素に関連する悩みを改善する美肌治療で使用されることが多いですが、肌のハリ感を与え、たるみ改善などの加齢に関する悩み改善効果も期待できます。

この記事では、フォトフェイシャルでたるみを改善するための注意点について解説します。

ハイフ,たるみ

フォトフェイシャルでたるみ改善ができるって本当?

美容ヒフコ公式LINEアカウント

フォトフェイシャルなどでお馴染みの「IPL(光)治療」は、比較的ダウンタイムも少なく、さまざまな肌悩みも改善できる治療です。使用マシンにより効果の違いはありますが、シミやそばかすをはじめとする色素に関する悩みを改善し美肌効果がある施術として人気です。

光を表皮〜真皮に届け、線維芽細胞に働きかけることでコラーゲンを生成し、肌の内側からふっくらとした肌に導くことが可能な光治療は、透明感のある美しい肌に導く効果だけでなく、肌のハリ感を促し軽度なたるみの改善も期待できるとされています。

フォトフェイシャルで改善可能なたるみとは?

フォトフェイシャルやライムライトなどの光治療は、IPLという特殊な光を用いて、肌細胞の活性化を促進します。副反応が出にくいマイルドな治療として、特にシミやそばかす、顔の赤み、軽度のニキビなどに効果的というされていますが、軽度なシワやたるみなどのにも改善効果が期待できます。

フォトフェイシャルなどの「IPL(光治療)」は肌質を改善する複合的な治療です。1回の治療でも、肌の悩みに対する効果は実感できますが、治療を重ねるごとに、肌のハリ感に関係する繊維芽細胞に働きかけ、エラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸の増生を促し、たるみを改善へと導きます。

光治療器の種類によっても変わりますが、フィルターを変えることによって波長を選択できるフォトフェイシャルM22やセレックV、BBLなどは、長い波長で照射できるため、皮膚の深部へ光が届きやすく、シワやたるみへの効果が高いとされています。

ただし、フォトフェイシャルのたるみに対する効果は、「ハリを出す」ことがメインとなっています。皮膚を引き締めたり、深いシワを改善するほどのパワーはないため、ほうれい線やフェイスラインのもたつきなどの重度のたるみに関しては光治療器では力不足といえるでしょう。

重度のたるみに適したフォトフェイシャル以外の治療法とは?

では、重度のたるみにはフォトフェイシャル以外にどんな治療が良いのでしょうか?

たるみにも様々な種類がありますが、まず全体的に脂肪が下がっているようなたるみの場合には、皮膚を引き締めたり、肌を土台からリフトアップすることのできるHIFU(ハイフ)や高周波による治療が向いています。

また、シワが目立ったり、頬の位置が下がったりといったたるみの場合はヒアルロン酸注入など注入療法によるボリュームアップを目的とした治療がおすすめです。

フォトフェイシャルでのたるみ改善に必要な回数・料金の目安

フォトフェイシャルでたるみ改善をする場合の治療頻度は、3〜4週間おきに1回、合計4〜6回を1クールとして、1~2クールの施術が効果的といわれています。

1回あたりの治療費の目安は、10.000円前後の試しやすい価格から、一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療に力を入れる治療で1回で50,000円ほどする価格帯とクリニックによってさまざまです。

価格だけでなく、肌の悩みに応じたケアが行き届いているか判断するには、ショット数の目安も含めてクリニックを選ぶとよいでしょう。

回数や照射ペースの目安

前述した通り、施術回数は5回から10回を推奨するクリニックが多いです。肌の悩みや状態によって適した回数は異なりますが、目安として5回までを1クールと設定しているところがほとんどです。

1回の治療でも効果を実感することはできますが、1クールから2クール行うと改善効果が目に見えやすいといわれています。

施術間隔は、だいたい3〜4週間に一度のペースが肌の負担にもなりにくく、肌の代謝サイクルにも併せることができるため、美しい肌を叶えやすい照射ペースとされています。

1回あたりの料金の目安

初回だけであれば、10,000円前後で試すことが可能なクリニックもあります。1クールごとの料金はおおよそ、70,000円から100,000円程度の価格が多いでしょう。

フォトフェイシャルは、1回だけでも効果を感じられますが、悩み改善を目的とした場合は1クールが基本です。1クール行う場合は、コース料金のほうがお得な場合もあります。

1回の施術内容もクリニックによりさまざまです。ピーリングやイオン導入がセットとなっている場合もありますが、その分値段が高くなることも。また、ショット数の設定や施術者が医師かナースかによって値段が異なる場合もあるので、あらかじめ確認をしておきましょう。

まとめ

フォトフェイシャルは軽度のたるみ改善には効果が期待できます。
しかし、重度のたるみにはたるみ治療に特化したHIFUや高周波、注入療法などの方が適していると言えるでしょう。たるみ治療は基本的にフォトフェイシャルとの組み合わせも可能です。。
症状の確認と目指す肌を医師に伝え、最適な治療方法を選びましょう。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!