様々な肌トラブルに改善効果が期待されているフォトフェイシャル。劣化したと感じることが多くなった肌の悩みには、どのくらいの効果が見込めるのでしょうか。

様々な肌トラブルに改善効果が期待されているフォトフェイシャル。劣化したと感じることが多くなった肌の悩みには、どのくらいの効果が見込めるのでしょうか。

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは、ルミナス社m22による光治療の呼び名であり、光のエネルギーを用いて肌を美しくすることを目的とした、最先端スキンケアの美肌治療です。医療機関のフォトフェイシャルは、エステサロンのフラッシュケアとは出力が大きく異なります。光治療、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる特殊な光を照射することで、様々な肌トラブルを改善することができるといわれています。
※ここでは、光(IPL)治療と表記して進めていきます。

どんな仕組み?

光(IPL)治療は、照射した光が肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンや毛細血管など)に到達すると、シミのもとであるメラニン色素にダメージを与え、ターンオーバーによって排出しやすくするという仕組みです。
同時に、コラーゲンを増生して肌のキメや質感を整え、ハリのある肌に近づけることが期待でき、回数を重ねることで肌全体の悩みを総合的に改善していく効果があるといわれています。
光(IPL)治療最大の特徴はダウンタイムがほとんどないことで、シミの部分が一時的に濃くなる、赤みが少し出るといった程度のため、日常生活に支障が出ません。ただし、1回の照射による効果が緩やかなため、通常3〜4週間毎を目安に5回程度の治療が必要になることが多いです。

劣化したと感じることの多い肌症状例

  • しわ
  • たるみ
  • 毛穴の開き、黒ずみ
  • しみ、そばかす
  • くすみ

肌が劣化したと感じるような症状の主な原因は、生活習慣や誤ったスキンケア、紫外線などがあげられます。特に紫外線は劣化原因の8割を占めるといわれているのです。

光(IPL)治療は顔の劣化症状にどのくらい効果はあるの?

光(IPL)治療は顔の劣化症状にどのくらい効果はあるの?

たるみ

頬や目の下、下あごのたるみは、コラーゲンやエラスチンといった弾性繊維の減少により、真皮が薄くなることが原因となります。真皮のハリを保っていたコラーゲンやエラスチンが弾力を失い、密度が低下すると、肌を支える土台となる部分が揺るぎやすくなることでたるみが目立つようになるのです。

ハリの強化には、光(IPL)治療で肌を刺激、活性化し、コラーゲンの生成を促すことは効果的だといわれますが、かなり進行したたるみにはあまり効果を感じられないこともあります。リフトアップにはハイフやRF(高周波)の照射が適応になることもあるため、医師の診断の上、肌状態にあった施術を選ぶと良いでしょう。

しわ

しわは「表情じわ」と「乾燥じわ」など、症状ごとに様々な呼び方があります。

表情じわとは、ほうれい線、目尻、眉間、額など、表情を作ったときに表れるしわのことを指します。乾燥じわは、主に表皮の乾燥によりいわゆる「ちりめんじわ」ができている状態です。また、表情を動かしていない時でも目立つしわは、真皮の中でハリを保つ働きをするコラーゲンなどの成分が減少し、弾力が失われることで発生しています。

紫外線や加齢、糖化などによってコラーゲンはダメージを受けますが、その一方で年々コラーゲンの生成量が少なくなっていき、肌の弾力は失われていきます。さらに、ターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能が低下すると乾燥を招き、しわが増えたように感じやすくなるのです。

 光(IPL)治療により、真皮層の線維芽細胞が熱によって活性化し、コラーゲンの生成量が増やすことでしわの改善が期待できますしかし、深いしわには、高い効果が期待できません。効果が期待できるのは、皮膚の比較的浅い層にある、小じわ、ちりめんジワです。
深いしわなどには局所的に筋肉の緊張をゆるめることで筋肉の収縮を抑制し、シワをできにくくする治療方法であるボトックスやヒアルロン酸が推奨されることが多いです。

しみ

しみは、紫外線などの影響で皮膚表面にメラニン色素が蓄積している状態です。
光(IPL)治療により、光エネルギーがメラニンに反応し、熱エネルギーとなることでダメージを与え、時間の経過とともに、ターンオーバーによって浮き上がったメラニン色素を自然に剥がれ落ちやすくします。薄いしみやそばかすには効果が期待できますが、濃いしみの改善には回数が多く必要になることがあり、レーザー治療のほうが効果を実感しやすいこともあります。

目の下のクマ

目の下のくまは、青クマ、茶クマ、黒クマ、赤クマなど、大きく4種類に分けられます。

茶クマの原因:紫外線ダメージや、摩擦刺激により、一時的にメラニン色素が沈着している

青クマの主な原因:疲れや睡眠不足による目元の血行不良:黒クマの原因:目の下の脂肪(眼窩脂肪)による皮膚の凹凸

赤クマの原因:静脈・動脈両方のうっ血が原因

光(IPL)治療は、色素沈着やくすみを改善し、コラーゲンの生成を促進してくまの改善を図れます。茶クマには効果的ですが、他のクマにはあまり効果がないことが多いでしょう。

くすみ

肌がくすんでいる原因は様々ですが、医学的にくすみは、角質層が厚くなったことが原因とされています。これは、加齢にともないターンオーバーの周期が乱れやすくなり、本来はがれ落ちるはずの古い角質が表皮に蓄積し、肌がくすんで見えるためです。光(IPL)治療は、肌のターンオーバーも正常化するので、くすみの改善に繋がります。光(IPL)治療を繰り返し受けると、肌全体のくすみが改善して明るいトーンになり、肌質にもハリやツヤ、弾力などが増加して若々しく見えるようになることが期待できます

毛穴の黒ずみ

毛穴の中で代謝して剝がれた古い角質と皮脂が混ざり、角栓(コメド)となって毛穴を詰まらせていることが原因です。放置するとどんどん大きくなっていくので、古い角質や毛穴に詰まった皮脂や汚れに対してのケアと同時に、皮脂の過剰分泌を抑えることが重要となります。

光(IPL)治療は複数の肌トラブルの改善に効果がありますが、詰まった角栓を取り除くことはできないため、頑固な毛穴の黒ずみに関しては、効果があまり感じられません。そのため、毛穴の黒ずみには、古くなった角質を剥がれやすくしながら肌の新陳代謝を促すピーリングや、毛穴の汚れを特殊な機器を使用しながら取り除くハイドラフェイシャルが効果的だといわれています。

毛穴の開き

開いた毛穴の引き締めには、光(IPL)治療で肌を刺激、活性化し、コラーゲンの新生を促すことで改善が期待できます。

ただし、重度のにきび跡による毛穴の開きなどには、光治療による効果を実感しにくいため、毛穴に特化した治療と組み合わせた方が効果的です。

毛穴治療は、フラクショナルレーザーや極細の針を真皮層まで通し、創傷治癒力を利用して肌の再生を図るダーマペン、コラーゲン増生効果が高いとされているマッサージピールなどが効果的だといわれています。

フォトフェイシャル以外の劣化したと感じる肌に適した治療について

フォトフェイシャル以外の劣化したと感じる肌に適した治療について

ハイフ(たるみ)

肌に点状に65~70の熱を作用させ、皮下4.5mmの「SMAS(スマス)層」(たるみの原因となる深い層)、3.0mm の「真皮層」を狙い、正確にエネルギーを届けることで即効的なリフトアップが見込めます。また、施術後2~6ヶ月にわたりコラーゲンの再生が促されます。皮膚表面を傷つけず手軽にできる施術のため、メスや注射を使いたくない方に適しているといえるでしょうです。ダウンタイムはほとんどなく、痛みも多少チクチクするという程度です。
施術時間は平均60分ほど必要になります。

高周波(RF)(たるみ)

高周波(RF:Radio Frequencyの略で高周波という意味)という肌に電磁波(3MHz超)をあてると、細胞同士が擦れ、摩擦熱が発生します。その熱エネルギーが真皮層まで届くことでコラーゲン線維が収縮するという原理です。その後、肌の自己修復機能によりコラーゲンの生成が促されます。主に毛穴やフェイスラインの引き締め、たるみ治療に用いられていますが、脂肪にもアプローチする働きを持つことから、痩身の施術にも高周波(RF)は用いられています。
施術時間は平均60分ほど必要です。

ボトックス(しわの改善・予防)

ボトックス注射とは、ボツリヌストキシンと言われる天然タンパク質からできた製剤を注射して筋肉の動きを弱め、表情筋の収縮による表情じわを目立たなくさせる治療です。施術時間は10分ほどで、シワの気になる部位に細い注射針で製剤を注入していきます。痛みは少なく、注入後すぐにメイクが可能です。稀に注射部位に内出血が生じることがありますが、数日で消失します。注入後3~4日目には効果が現れ始め、4~6か月程度持続することが多いです。

ヒアルロン酸(しわの改善やパーツのボリュームアップ)

ヒアルロン酸注射とは、気になる部位にヒアルロン酸製剤を注入することで肌にふくらみを持たせ、ほうれい線の解消、鼻筋や涙袋の形成、たるんだ肌のリフトアップなどを可能にします。製剤によって注入後の肌の柔らかさや持続期間は異なります。そのため、悩みや注入する部位などによって使用する製剤や注入量などを調整しながら行います。

施術時間は部位にもよりますが約5~10分程度で、直後のメイク、洗顔・シャワーも当日から可能です。持続は数か月~2年程度と、ヒアルロン酸の種類により異なります。ヒアルロン酸注入後にふくらみや腫れを感じることがありますが、1週間ほどで、落ち着いてくることがほとんどです。

レーザー(しみ、毛穴、たるみ、くすみなど)

レーザーは、表皮を通過して皮膚内部でシミ・アザの原因となっているメラニン色素に反応すると光エネルギーを熱エネルギーに変換し、メラニン色素を破壊します。照射時に痛みを感じることもあるため、塗り薬やテープで麻酔をしてから施術する場合もあります。1回の治療では完治することもありますが、平均すると5回以上の施術が必要になる人が多いです。

また、施術後のに紫外線が当たると色素沈着を起こしやすくなるため、レーザーによる治療期間は、通常よりも入念な紫外線対策が必要になります。施術時間は範囲によりますが10〜20分ほど必要になります。

ピーリング(くすみ、小じわ、毛穴、ニキビなど)

薬剤を塗り表皮の古くなった角質をはく離、除去して、肌の新陳代謝を上げてターンオーバーを正常にする治療です。小じわ・くすみ・毛穴の開きなど、あらゆる肌悩みにアプローチできるため、、アンチエイジング・肌質改善の基本治療ともいえます。基本的には2週間〜1ヶ月程度の間隔をあけて複数回の施術を受ける必要があります。施術後にメイクをすることができますが、外部からの刺激を受けやすくなるため、普段よりも入念な紫外線対策や保湿が必須です。施術時間は平均15分ほど必要です。

ダーマペン(小じわ、ニキビ跡、肌質改善)

ダーマペンとは、髪の毛よりも細い針を使用し、目には見えないほどの微細な穴を皮膚に開け、それによってできた小さな傷を皮膚が修復しようする自然治癒能力を高める治療です。皮膚の内部にある線維芽細胞が活性化され、コラーゲンとエラスチンが増生することによりハリや弾力が高まるとされています。ニキビ跡の改善や目元、口元の小ジワ、毛穴の開きといった肌トラブルや肌の老化に伴うトラブルへの改善効果が期待できます。

料金について

フォトフェイシャル

顔全体/1回 6,000円~60,000円

初回のみトライアルでの割引や、継続治療推奨のため、数回分まとめての申込で割引、2回目以降初回より割引価格等の設定もあります。

ハイフ

1回 10,000円~500,000円

 高周波(RF)

1回  10,000円~300,000円

ボトックス

1回  8,000円~100,000円

部位によって料金が異なります。

ヒアルロン酸

1本  100,000円~

レーザー

1回 10,000円~40,000円

範囲によって料金が異なります。

ピーリング

1回  5,000円~20,000円

ダーマペン

1回 10,000円~30,000円

数回分まとめての申し込みで割引のあるところもあります。    

納得のいく治療を受けるために

納得のいく治療を受けるために

自分の症状を改善するにはどの治療が良いのか、カウンセリングなどできちんと医師による肌状態を診断を受けることが重要です。

また、症状によっては1度の治療では改善できないこともあるので、不明点は積極的に尋ね、費用や期間、ダウンタイムの有無なども考慮しながら治療を決めるとよいでしょう。

まとめ

光(IPL)治療は、コラーゲンの生成を活性化して、様々なお肌の悩みをトータルに改善に期待ができる治療法です。ただ、効果が穏やかで、照射回数を重ねることが必要となるので、症状によっては効果を感じるまでに時間がかかるケールもあります。お肌の悩みがピンポイントの場合は、それぞれの症状に特化した治療法と組み合わせての治療を考るとよいでしょう。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!