毎日使うスキンケア。「肌がキレイな人が使っているから」「友人におすすめされたから」「見た目がおしゃれだから」という理由だけで選んでいませんか?
肌悩みにあった美容成分が配合されたスキンケアアイテムを選ぶことで、効率よくお肌にアプローチができます。

この記事では、人気の美容成分を5つご紹介します。

人気のスキンケア成分5選

人気の美容成分①ビタミンC誘導体

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ビタミンCは不動の人気を誇る美容成分で、厚生労働省が認可した美白有効成分の一つです。しかし、ビタミンCはそのまま肌に塗っても浸透しにくく、安定性が低いという弱点がありました。

これをカバーするため、別の分子を組み合わせて浸透性・安定性を高めたものが「ビタミンC誘導体」です。

美白効果以外に、ハリ・弾力UP、ニキビやニキビ跡の改善、くすみ予防などの効果もあります。

ビタミンC誘導体単体でも効果的ですが、特にビタミンA(レチノール )やビタミンEなどと相性がよく、併用することで相乗効果が期待できます。

ビタミンC誘導体は3つの種類に分かれている

ビタミンC誘導体は、大きく分けて水溶性・脂溶性・両親媒性の3つに分かれており、それぞれが特徴が異なります。

これらの違いは、水に溶けやすいか、油に溶けやすいか、またはその両方の性質をもっているかという点です。

わかりやすく例えると、水であるローションタイプに配合するか、油であるクリームタイプに配合するか、というように分けられます。

肌状態やお悩み、使用感のお好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

ビタミンC誘導体の違い

種類 特徴 配合例 注意点
水溶性

即効性がある

毛穴やベタつきが気になる人向

ニキビ予防にも効果的

水に溶けやすく
主に化粧水へ配合

乾燥しやすい

高濃度のものは刺激を感じやすい

紫外線に弱い

脂溶性

刺激が少ない

敏感肌・乾燥肌向き

ハリ・ツヤUP

油に溶けやすく
主にクリームやジェルへ配合

水溶性よりも即効性を感じにくい

両親媒性

即効性・浸透力が高

肌質を問わず使いやすい

水と油の両方に溶けやすい
化粧水・美容液に配合されることが多い

価格が高い

臨床データが少ない

ビタミンC誘導体はこんな人におすすめ

  • シミやニキビ跡が気になる
  • 過剰な皮脂や毛穴を改善したい
  • ハリや弾力をUPしたい
  • くすみがちな肌を明るくしたい
  • キメを整えてふっくらと艶のある肌にしたい

ビタミンC誘導体配合おすすめスキンケア

ビューティフルスキン Cフォーカスエッセンス 30ml 4,713円(税込)

ビューティフルスキンCフォーカスエッセンス

出典:https://www.beautifulskin.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=11004

最新の両親媒性ビタミンC誘導体を2種類配合した美容液。

さらっとしたテクスチャーの美容成分がすばやく肌になじみ、キメ細かく、明るい肌へ導きます。

最先端のエイジングケアとして注目されている抗酸化成分フラーレンも配合。

シミ・毛穴・くすみが気になる肌へおすすめです。

使用頻度:朝・夜 1日2回使用

購入方法:クリニックの他、オンラインショップでも購入可能

ビタミンC誘導体の成分表示名の例

ビタミンC誘導体は、以下のような名称で製品に記載されています。

ビタミンC誘導体の種類 成分名
水溶性

リン酸アスコルピルマグネシウム(APM)
リン酸アスコピル酸3Na

脂溶性 テトライソパルミチン酸アスコビル(VCIP)
両親媒性

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
(APPS・アプレシエ)

人気の美容成分② トラネキサム酸

トラネキサム酸は、人工的に生成されたアミノ酸の一種です。

ビタミンCと同様に、厚生労働省が認可した美白有効成分の一つです。

もともと医療現場では、炎症やアレルギー反応を抑え、湿疹・じんましんの治療や止血用の薬として使われていました。

シミ・そばかすだけでなく、ニキビや傷などの炎症後色素沈着を防ぐ効果が期待できます。

また、シミの中でも特に治療が難しいとされている「肝斑」の改善にも効果的で、肝斑ケアができる多くの医薬部外品に配合されています。

スキンケアだけでなく、市販の内服薬やサプリメントや皮膚科の処方薬にも配合されている、人気の成分です。

トラネキサム酸はこんな人におすすめ

  • シミ・そばかすが気になる
  • 肝斑があると診断された
  • 屋外のレジャーやスポーツなど、紫外線を浴びることが多い
  • 肌荒れ(炎症)を落ち着かせたい

トラネキサム酸配合おすすめスキンケア

ナビジョンDR TAホワイトエッセンス 45ml 11,0000円(税込)

ナビジョンDRTAホワイトエッセンス

参照:https://navision.iwakiseiyaku.co.jp/s311378.html

美白にフォーカスしたスペシャルアイテムで、トラネキサム酸と4MSK(4−メトキシサリチル酸カリウム塩)、2つの美白有効成分がメラニン生成を抑え、シミ・ソバカスを予防します。

加齢による肌の糖化が原因の「黄ぐすみ」改善にも効果的。

保湿力も高く、乾燥肌の方でも長時間しっとりとした肌をキープしやすいです。

使用頻度:朝・夜 1日2回使用

購入方法:医療機関専売品のため、クリニックまたはオンラインにて医師の診察が必要

トラネキサム酸は内服薬や施術の併用で効果UP

トラネキサム酸配合のスキンケアのみでもシミや肝斑などへアプローチできますが、大きな肌変化を希望する場合は、医療用医薬品(内服薬)や美容クリニックでの施術を併用するとより効果的です。

特に、肝斑にはトラネキサム酸の内服が有効とされています。

しっかり肌質改善を希望する方は、市販薬よりも有効成分の含有量が多い内服薬を使用する治療方法について、皮膚科で相談するものよいでしょう。

クリニック治療メニューでは、ただ肌に塗るよりも30〜100倍もの浸透率があるイオン導入などで、トラネキサム酸を肌深層まで導入する方法も効果的です。

トラネキサム酸の成分表示名

・トラネキサム酸

人気の美容成分③バクチオール

バクチオールは、アーユルヴェーダ医学で長年使用されている「オランダビユ」というマメ科の植物由来の天然成分です。

エイジングケアとして大人気の成分・レチノール(ビタミンA)と似たような効果があるとされ、「次世代レチノール」とも呼ばれています。

レチノールは効果が高い反面、皮むけや赤みといった副反応(A反応)も大きく、使用中の肌への負担が懸念されることもありますが、バクチオールは肌に優しく、敏感肌の方でも比較的使いやすい成分といわれています。

レチノールについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

​​

レチノールとバクチオールの違い

成分 安定性 肌への刺激 使用のタイミング
レチノール 安定性が低い
熱・紫外線・酸素に弱い
強い
赤みや皮むけが生じやすい

夜のみ
(紫外線の影響を受けやすいため)

バクチオール

非常に安定性が高い
熱・紫外線・酸素に強い

少ない
敏感肌でも使いやすい

朝・夜OK
(紫外線の影響を受けにくいため)

バクチオールには、レチノールのような即効性はありませんが、数ヶ月間継続使用することで、じわじわと肌質改善を実感できます。

抗炎症・抗酸化・抗菌作用のほか、コラーゲン生成を促すことでハリ・ツヤ・弾力UP効果も期待できるとされているのです。

肌刺激や負担が少ないため、過去にレチノールでA反応(赤み・かゆみ・皮むけなど)が強く出て使用を中断したことがある人でも使いやすいでしょう。

また、バクチオールは、レチノールと併用することでレチノールの弱点である「酸化」や「紫外線による分解」を防ぐ作用をもちます。

レチノールの刺激や乾燥を最小限に抑えながら有効性を高めるはたらきもあり、最近はバクチオールとレチノールを一緒に配合することで相乗効果を狙う製品も増えつつあるようです。

バクチオールはこんな人におすすめ

  • 今使用しているレチノールと併用して効果を高めたい
  • 過去にレチノールで赤みや皮むけを起こしたことがある
  • 少ない肌刺激でレチノールと同じような美肌効果を得たい
  • 肌が敏感だが、しっかりエイジングケアをしたい

バクチオール配合おすすめスキンケア

リビジョン D.E.Jナイトフェイスクリーム 48g 19,580円(税込)

リビジョンDEJナイトクリーム

参照:https://www.revisionskincare.co.jp/products/220/

1本でバクチオールと攻めのレチノールである「ピュアレチノール」を併用できるナイトクリームです(攻めのレチノールは紫外線の影響を受けやすいため、夜専用のスキンケアに配合されることが多い)。

寝ている間にバクチオールとカプセル化されたピュアレチノールが作用し、ぷるんとしたハリのある肌を作ります。

また、ペプチドがDEJという真皮と表皮の接合部にアプローチし、皮膚の引き締めやたるみ予防に効果的。

ビタミンCなどの抗酸化成分も豊富に配合されており、肌本来の透明感を引き出します。

バクチオールの効果により、レチノールが単体で配合されている製品よりも赤みや皮むけが起こりにくいとされており、A反応が心配な人にもおすすめです。

使用頻度:夜のみ。1日1回

購入方法:医療機関専売品のため、クリニックまたはオンラインにて医師の診察が必要

バクチオールの成分表示名

  • バクチオール

人気の美容成分④グラナクティブレチノイド

全く新しい形のビタミンAとして話題になっているグラナクティブレチノイド。

「ビタミンA界の新星」「ビタミンAのいいとこ取りができる」「ストレスリーのビタミンA」などと称されています。

レチノールとの違いは「肌に取り込まれる時の成分変化」にあるのです。

レチノールとグラナクティブレチノイドの違い

レチノールには、パルミチン酸レチノールやレチノールなど複数の形態がありますが、これらは全て肌に取り込まれる時に「レチノイン酸」へと変化することでビタミンAの効果を発揮しています。

しかし、レチノールにはレチノイン酸へ変化する際にA反応が起こりやすい・肌内部で上手くレチノイン酸に変化できないといった弱点があるのです。

一方、グラナクティブレチノイドはレチノイン酸に変化せず、そのままの形でビタミンAパワーを発揮する「レチノイン酸誘導体」です。

肌刺激を抑えながらビタミンAパワーを最大限に発揮することから、肌が敏感で、刺激の強い成分の使用をためらっている方も効果を実感しやすい点に注目が集まっています。

グラナクティブレチノイドはこんな人におすすめ

  • レチノールのA反応が心配で使用をためらっている
  • 穏やかな守りのレチノール製品に物足りなさを感じている
  • レチノール初心者〜経験者の方
  • 新しいレチノールを試してみたい方

グラナクティブレチノイド配合おすすめスキンケア

LovmeTouch グラナクティブレチノイド2%ミルク 30ml 4,378円(税込)

ラブミータッチ2%ミルク

参照:https://dr-beautopia.com/products/20094-011/

グラナクティブレチノイド2%配合。

ほぼ肌刺激なしという臨床データもあり、肌が敏感な人もトライしやすいアイテムです。

レチノールのA反応がトラウマになっている方が再チャレンジするスキンケアとしてもよいでしょう。

日々のお手入れに取り入れやすい価格設定も魅力的です。2%・5%・10%と3段階の濃度設定となっており、肌状態やレチノール使用経験に合わせて濃度を選ぶことができます。

  • レチノール初心者の方→2%
  • レチノール経験者の方→5%
  • レチノール上級者の方→10% 

上記を目安にするとよいでしょう。

使用頻度:基本は夜のみ1回の使用だが、紫外線対策をきちんと行えば朝も使用可能

購入方法:2%・5%はオンラインショップ、10%のみ医療機関専売品のためクリニックまたはオンラインにて医師の診察が必要

​​

グラナクティブレチノイドの成分表示名

  • レチノイン酸ヒドロキシビナコロン
  • ジメチルイソソルバイド

人気の美容成分⑤ナイアシンアミド

ナイアシンアミドは「ニコチン酸アミド」とも呼ばれるビタミンBの一種で、シワ・美白の医薬部外品に多く配合される注目の成分です。

厚生労働省からシワ改善の有効成分として承認されており、表皮・真皮の両方にはたらきかけてシワを改善に導きます。

毛穴を大きく見せたり、ニキビの原因となる過剰な皮脂の分泌を抑えると同時に、赤みや乾燥・肌荒れ改善も期待できる優秀な成分です。

ビタミンA・トラネキサム酸、サリチル酸などの成分と相性が良く、併用することでより美肌効果が高まります。

ナイアシンアミドはこんな人におすすめ

  • シワ改善ができるスキンケアを探している
  • 美白効果も求めている
  • 乾燥するのにベタつく肌のケアをしたい
  • ニキビ・ニキビ跡が気になる

ナイアシンアミド配合おすすめスキンケア①

顔のシワなど、ピンポイントのお悩みを改善したい時には…

チューンメイカーズ 原液リンクルクリーム(医薬部外品) 15g 5,280円(税込)

チューンメイカーズナイアシンアミド

参照:https://www.tunemakers.net/top/detail/asp/detail.asp?gcode=0210940

ナイアシンアミドに加え、カプセル化したレチノールも配合。

表皮と真皮の両方にアプローチし、浅いシワ・深いシワの両方を改善に導きます。

目元、口元、眉間、額など、顔中の気になるシワの集中ケアが可能です。

また、レチノールをカプセル化して安定性を高めているため、紫外線の影響を受けにくく、日中の使用も可能となっています。

使用頻度:朝・夜使用可能

購入方法:オンラインショップで購入可能

ナイアシンアミド配合おすすめスキンケア②

毛穴や乾燥など、広範囲のお悩みを改善したい時には…

ドクターケイ ホワイトミルク 100ml 8,800円(税込)

ドクターケイナイアシンアミド

参照:https://doctork.jp/shop/products/DRK-0091

ナイアシンアミド(ビタミンB3)の他に、キウイエキスやワイルドタイムエキスなどの植物成分などを配合した独自のカクテルビタミンが主成分となっています。

乳液本来の保湿効果にとどまらず、透明感あふれる明るい肌へと導く高機能乳液です。

顔全体のハリを増し、毛穴を目立ちにくくすると同時に、角質層へすっと浸透する心地の良いテクスチャーの保湿成分が、みずみずしいうるおいを長時間保ちます。

ナイアシンアミドの成分表示名

  • ナイアシンアミド
  • ニコチン酸アミド (医薬部外品の場合)

人気のスキンケア成分に関するQ&A

Q1.ビタミンC誘導体の特徴は?

日本国内でシミの予防だけでなく、改善効果も認められている唯一の成分。

ビタミンA(レチノール)やビタミンEとの同時使用で美肌作りの相乗効果が期待できる

Q2.トラネキサム酸の特徴は?

シミを予防するとともに、治療が難しいとされている「肝斑」の改善にも効果的成分。

スキンケアだけでなく内服薬と併用するとより効果的です

Q3.グラナクティブレチノイドの特徴は?

グラナクティブレチノイドはストレスフリーのビタミンAともよばれていてる「レチノイン酸誘導体」。

A反応を抑えながらビタミンAの効果を最大限に発揮します

まとめ

人気の美容成分5つをご紹介しました。

乾燥やエイジング、ハリ不足などご自身のお肌悩みに合った成分を取り入れることで、より一層スキンケア効果が高まります。

新しいスキンケアを取り入れる際に、ぜひ参考にしてください。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!