ピコレーザーは文字どおりレーザーの一種で、美容外科ではピコレーザーを使用した治療機器を指すこともあります。従来のレーザーと異なる点や、対応する症状についてみていきましょう。

シミや肝斑、くすみ、色素沈着などに確実な効果と即効性があることで支持されているレーザー治療。しかし、人によっては痛みを感じる、一時的に色素沈着が起きるなどのデメリットがありました。ピコレーザーは、これらのマイナス面を改善してより受けやすくなったと人気が高まりつつあります。ここではピコレーザーでどのような治療ができるのか、メリットやデメリットについても詳しく解説します。

ピコレーザーってどんな治療?

ピコレーザーは文字どおりレーザーの一種で、美容外科ではピコレーザーを使用した治療機器を指すこともあります。従来のレーザーと異なる点や、対応する症状についてみていきましょう。

ピコレーザーの特徴 

「ピコ」とはレーザーのパルス幅(照射時間)を示しています。従来のレーザー機器の中で一番パルス幅が短かったQスイッチレーザーのナノ秒(10億分の1秒)に対して、ピコレーザーのパルス幅はさらに短いピコ秒(1兆分の1秒)で光を発振することができます。照射時に発生する衝撃波でシミやあざなどの色素を粉砕するので、熱作用で色素にダメージを与えていたこれまでのレーザーと比べて痛みや肌への負担が少ないのが特徴です。 また、ピコレーザーは1台でシミやあざ、タトゥーの除去を始め、肝斑の改善、ニキビ跡や開いた毛穴の引き締め、肌の若返りを促すといったさまざまな効果が期待できます。狙ったシミやあざ、タトゥー除去に使用されるピコスポット、低出力でレーザーを照射することで肝斑の改善から顔全体の美白や美肌の治療に用いられるピコトーニング、肌の生まれ変わりを促進するピコフラクショナルの3つの機能を搭載したものが多く、肌の悩みや状態に合わせた治療法を選ぶことが可能です。

ピコレーザーでできる治療

ピコレーザーを使用した治療方法は、大きく3種類に分けられます。症状に合わせて最適な方法を選ぶことで効率的な効果が得られます。また、機器によっては異なる波長のレーザーを同時に照射したりすることもできます。

ピコスポット

主にシミやそばかすなど、気になる部分にピンポイントに照射して、メラニン色素を破壊する方法です。照射部分はかさぶたのように一時的に色が濃くなりますが、その下で新しく皮膚が形成されれば自然に剥がれ落ちます。熱作用ではなく衝撃波によってメラニン色素を粉砕するため、正常組織へのダメージが限りなく少ないことで照射中の痛みが少なく、ダウンタイムも軽く済むというメリットがあります。 ピコレーザーの機種によっては、Qスイッチなどの従来のレーザーでは不可欠だった、術後のダウンタイム期間中の絆創膏での保護も不要となります。 メラニンへの反応が高いため、これまでは難しいとされていた薄いシミにも効果があるとされています。また、大きく濃いシミもQスイッチなどである程度破壊した後、ピコレーザーでさらに細かく粉砕して排出されやすくするという方法も可能です。

ピコトーニング 

ピコレーザーを持続的に広範囲に照射する方法です。肝斑や大きなシミ、くすみなどの他、開いた毛穴にも効果を発揮します。低出力のレーザーで徐々に改善していくため肌への負担がより少なく、施術中の痛みもほとんどないのが特徴です。 →ピコレーザーを持続的に広範囲に照射する方法です。衝撃波でメラニンを破壊するため、周囲の健康な肌に負担がかかりにくいというメリットがあります。シミやそばかすの他、高出力のレーザーではかえって濃くなってしまう恐れのある肝斑の処理も可能です。また、肌全体のくすみ除去・トーンアップにも効果が期待できます。 また、従来のレーザー治療には施術時の痛みや色素沈着のリスクといったデメリットがありましたが、ピコレーザーではかなり改善されています。

ピコフラクショナル

特殊なレンズを使用してピコレーザーを点状に照射し、肌の深部に熱エネルギーを届ける方法です。目に見えないほどの小さな穴を開けて、その周囲の肌再生を促し、コラーゲンやエラスチンの生成も促進します。  →特殊な専用のレンズを使用してピコレーザーを無数の点状に照射し、肌の真皮部分にまで刺激を与えて肌を「入れ替える」方法です。目に見えないほどの小さな穴を開けることでその周囲の肌細胞の再生を促し、若返りへと導きます。また、肌のハリや弾力の源であるコラーゲンやエラスチンの生成も促進するため、シワやニキビ跡、開いた毛穴、たるみなど幅広い肌悩みに対応します。 従来のフラクショナルレーザーと比べて刺激が少なく、ダウンタイムも短いのが特徴です。また、個人差はありますが照射後比較的早く肌の変化が実感できます。

ピコレーザーで改善が期待できる症状 

レーザーと言えばシミ治療のイメージが強いかもしれませんが、ピコレーザーはその他にも毛穴の引き締めやシワ・たるみ、広範囲の色素沈着やニキビ跡などさまざまな肌悩みの改善が期待できます。 また、これまでは除去が難しいとされていた多色タトゥーや薄いシミにも対応が可能です。

従来のレーザー治療機器との違い

レーザー治療機器の代表的なものにQスイッチレーザーがあります。使用する波長によってルビー、アレキサンドライト、YAGなどがあり、シミやそばかす、あざなどメラニン色素や酸化ヘモグロビンが原因の症状に対して使われています。 ピコレーザーと違ってレーザーによる熱作用で色素を破壊するため、施術後はほてりや赤み、腫れなどが直後から一週間ほど続きます。また、照射した部分から出血したり、絆創膏を1週間程度貼る必要があったりとダウンタイムが長いというデメリットがあります。しかし、メラニンへの吸収率が高いので、色が濃く、大きいシミの治療に効果を発揮すると言われています。 ピコレーザーはこうしたデメリットをかなり改善していますが、シミの種類によってはQスイッチレーザーの方が適していることがあるので、カウンセリングの際によく相談してどちらを選ぶか決めるようにしましょう。

ピコレーザーのメリット・デメリット

こうして見てみると、ピコレーザーはよいことばかり、まさに夢のレーザー機器のように思われるかもしれませんが、やはりデメリットはあります。ピコレーザーのメリットと合わせて解説します。

ピコレーザーのメリット

薄いシミや多色のタトゥーにも対応できる

ピコレーザーの衝撃波で色素を破壊するので、従来のレーザーでは難しかった薄いシミや多色のタトゥーにも効果を発揮します。

施術時の痛みやダウンタイムが少ない

低出力なので健康な肌に負担がかかりにくく、施術時の痛みもほとんど感じられません。赤みやほてり、かさぶたができるといったダウンタイムも短めです。Qスイッチレーザーの場合に必須の保護パッチや皮膜剤も必要ありません。

肌のさまざまな悩みを改善

シミやそばかすだけでなく、シワやたるみ、開いた毛穴などの幅広い肌悩みに対応します。

肌の若返りも期待できる

熱エネルギーがコラーゲンやエラスチンの生成やターンオーバーを促進することで肌の若返り効果も期待できます。

変化を感じられるのが比較的早い

個人差はありますが、従来のレーザー治療よりも少ない施術回数で済み、比較的早く肌の変化を実感できます。

ピコレーザーのデメリット

施術を受けられるところが限られている

まだ実用化されて日が浅いため、導入しているクリニックは限られています。受けたくても近くで見つからないことも考えられます。

費用が高額

費用はQスイッチレーザーよりも高くなりますが、美容目的の治療なので健康保険は適用されません。費用はすべて自己負担になります。

場合によってはQスイッチレーザーの併用も必要

シミの種類によってはQスイッチレーザーを併用しなくてはならないこともあります。医師とよく相談してより適した方法を選ぶようにしてください。

痛みや色素沈着のリスクはゼロではない

従来のレーザー機器より痛みは少ないとされていますが、まったくないわけではありません。痛みに弱い人はあらかじめ医師に伝えておきましょう。また、照射後の色素沈着の可能性もゼロではないので、よく説明を受けるようにしてください。

ピコレーザーマシン3選を紹介

ピコレーザー機器にもいくつかの種類があります。その中から、クリニックに導入されていることが多いものを、特徴と合わせて紹介します。ピコレーザーを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

ピコシュア

FDA(米国食料医薬品局)の認可を受けている世界初のピコレーザー機器です。メラニンの吸収率が高い755nmの波長を使用しており、低出力でもシミなどに改善効果を発揮します。 FDA(米国食料医薬品局)からシミ・シワ・ニキビ跡の改善とタトゥー除去の全てで承認を得ている、世界初のピコレーザー機器です。メラニンの吸収率が高い755nmの波長を使用しているため、低出力でもシミの除去がよりスピーディに行えます。また、シミやそばかす、肝斑の改善の他、肌のトーンアップや美白、美肌など幅広い肌悩みに効果が期待できます。 また、衝撃波でメラニンを破壊するため、Qスイッチレーザーなどのナノレーザー照射後のようなかさぶたができません。テープ保護もほとんど必要なく、メイクも可能なので人目が気にならないのもメリットです。

エンライトンⅢ

2018年に登場した「エンライトン」を始めとするシリーズの最上位機種です。1064nm670nm532nm3つの波長のピコレーザーがそれぞれ異なる皮膚の層に到達するため、多色のタトゥー除去も可能です。 2018年に登場した「エンライトン」を始めとするシリーズの最上位機種です。これまでは消すのが難しかったり、強い痛みを伴ったりした多色のタトゥーも、3つの波長で処理が可能になりました。1064nmは黒、670nmは赤・オレンジ・黄色などの暖色系、532nmは青・緑・紫などの寒色系が取れやすいため、適切な波長を選択することでさまざまなタトゥー除去に対応できます。 もちろんタトゥー処理だけでなく、スポット照射・トーニング・フラクショナルの3つの機能で、シミやそばかす、肝斑の治療やニキビ跡やシワ・たるみの改善、美白・美肌などにも効果が期待できます。 また、パルス幅(照射時間)も2ナノ/秒と750ピコ/秒の2つを搭載しているため、ナノ/秒のパルスで色素を大きく分解してからピコ/秒でさらに細かく粉砕して排出しやすくすることが可能です。

ディスカバリーピコ

イタリア製のピコレーザー機器です。独自のピコテクノロジーで、他社のピコレーザー機器の2倍から4倍のピークパワーで照射が可能とされています。532nm1064nmの2つの波長のピコレーザーの他、Qスイッチモードで高エネルギーのパルスやフォトサーマルパルス(ロングパルス)も使うことができるので、肌表面だけでなく、深部のシミの素にも働きかけて肌の生まれ変わりを促してくれます。 独自のピコテクノロジーで、他社のピコレーザー機器の2倍から4倍のピークパワーでスポット・トーニング・フラクショナルの3種類の照射が可能なイタリア製のピコレーザー機器です。パルス幅が短いため、痛みや色素沈着のリスクを抑えながら高い効果が期待できます。また、ダウンタイムがほとんどない、施術回数も従来のナノレーザーより少なく済むといったメリットもあります。 ディスカバリーピコは532nm1064nm2つの波長のレーザー照射が可能です。532nmのレーザーはシミに直接働きかけてメラニン色素を破壊。1064nmの波長の長いレーザーが肌深部にまで到達して熱による刺激を与え、コラーゲンやエラスチンの生成促進などの効果も期待できます。上位機種のディスカバリーピコプラスでは、シミ治療のゴールドスタンダードと言われる波長694nmが加わり、さらにシミへの効果が高くなりました。

まとめ

ピコレーザーは肌への優しさと、シミを始めとするさまざまな悩みの改善効果を両立した画期的な方法です。自分の悩みや症状に合った機器を選んで、美肌を手に入れましょう。

 

記事監修


山下真理子先生

京都府立医科大学を卒業して、医師に。 大阪市内で美容医療に携わりながら、医療教育にも従事。 コラムの執筆やモデル業の傍ら、17公式ライバーとしてライブ配信も行っている。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ