産後の膣の緩みにかかわるトラブルを改善する方法は骨盤底筋を鍛える運動、レーザー治療などがあります。

産後の膣に起きる緩みは改善できる!緩む原因や改善法について徹底紹介

産後に起きる膣の緩みで悩んでいませんか?出産を機に発生する膣の緩みは、尿もれやお湯もれ、空気が入り込む症状など日常生活に影響を与える悩みを引き起こします。生活における負担やストレスを避けるためにも早期の発見と改善が大切です。

しかし、デリケートな問題であることから、こうした症状を隠したり我慢したりしようとする方は少なくありません。そもそもなぜ、膣の緩みは起きてしまうのでしょうか。今回はそんな膣の緩みの原因と詳細、そして改善方法にスポットを当てていきます。

産後の膣に関する悩み

産後の膣に関する悩み

妊娠期間は子供が腹部に存在し、徐々に大きくなっていくため母体の体内構造に若干の変化が起こります。中でも影響が大きいのは子供の重さを支える下半身部分で、出産を行う頃には膣周辺の筋肉の収縮機能が失われ、次のような悩みが発生しやすいのです。

膣の緩み

産後の膣に起きる悩みとして代表的なのが膣の緩みです。この症状は妊娠の影響で膣周辺の筋肉が伸びきったままになってしまうことが原因となります。膣の緩みは以下のような症状を誘発し日常生活に影響を与えるので注意しなければいけません。また、こうした一連の膣の緩みによる症状は「ウロギネコロジー」とも呼ばれています。

尿もれ

膣の緩みによる症状としてまず挙げられるのが、尿もれです。くしゃみをした時や驚いた時、子供を抱き上げた時など、主に腹圧が高くなった際に発生します。日常生活において不便さを感じやすい症状なので、早めの改善を考えることが望ましいですが、一時的なものだと思いそのまま症状を放置してしまう方も多いです。

お湯もれ

入浴時、湯ぶねのお湯が膣に入り時間が経った後、意図せず体外へ出てしまう症状です。尿もれと同様、こちらも日常生活での不安要素になりやすいものです。

空気が入り込む

こちらも意図しない状況で膣に空気が入り込みおならのような音が鳴ってしまう症状です。座った時など主に下半身に重心をかける際に起こります。

パートナーからの指摘

膣の緩みをパートナーから指摘されて精神的なストレスを感じてしまうこともあるでしょう。実際、膣の緩みや各症状が原因で夜の生活を避けるようになり、それを機にパートナーとのコミュニケーションが少なくなったという事例もあります。

トラブルの原因

トラブルの原因

様々な症状を引き起こす膣の緩みはどのような原因で発生するのでしょうか。実は、次のような事柄が大きく関係しています。

膣の緩みには骨盤底筋の状態が関係している

骨盤底筋とは腹部臓器である膀胱や子宮などを支える骨盤底の筋肉・繊維組織のことです。この筋肉は肛門や尿道・膣を緩めたり引き締めたりする機能を持つため、排尿や排便、性交を行う際には非常に重要な役割を果たします。出産を機に起こる膣の緩みは、妊娠の進行に伴い腹部や下半身に負荷が増加していき、この骨盤底筋の機能が失われてしまうのが原因です。

膣の緩み、および骨盤底筋の衰えによる症状としては解説したように尿もれ、お湯もれなどが一般的ですが、時には膣周辺で内出血が発生するケースもあります。また、骨底筋は臓器を支える筋肉でもあるので、そのバランスが崩れてしまえば痔などの症状も起こる恐れがあるでしょう。なお、骨盤底筋の衰えは出産のみならず加齢やホルモンバランスの乱れでも起こります。高齢出産の場合は、様々な要因が複合して膣の緩みを誘発させるため特に気をつけなくてはいけません。

産後の膣の緩みにかかわるトラブルを改善する方法

産後の膣の緩みにかかわるトラブルを改善する方法

骨盤底筋を鍛える

出産の影響で膣機能に支障が出るようになっても、大元の原因が骨盤底筋の筋力低下なので、骨盤底筋を鍛えなおせば正常な状態まで改善できる可能性があります。骨盤底筋を鍛えるには次のような運動法を行うのがおすすめです。

【骨盤底筋の運動法】

  1. 仰向けの状態になる
  2. 膣、尿道、肛門を引き締める(各部位個別に行っても問題ありません)
  3. 引き締めたまま6秒間キープする
  4. 1~3の流れを5回程度繰り返す。この運動を1日3~5セット行う。

運動のポイント:慣れてきたら姿勢を変えたり、立ったまま行っても構いません。各部位を引き締める時は、本当に力が入っているか自身で触って確認してみても良いでしょう。効果が出るまでに約1カ月から3カ月程度掛かる方が多いです (個人差があります) 。

運動中に尿もれやお湯もれが起きてしまう方は、骨盤底筋を支えるための補助ベルトを使用すると良いでしょう。なお、運動効果が見られない場合は、筋力低下以外の要因が骨盤底筋や周囲組織の状態に関係している可能性が高いので医師に相談してみてください。

レーザー治療

膣の緩みを改善する方法としてはレーザー治療もおすすめです。こちらの魅力はやはり効果・お手軽さに優れていることでしょう。機器や症状のレベルにもよりますが、早い段階で効果が実感できますし、なおかつ数カ月間も運動を続けなくて済みます。そんな魅力を持つレーザー治療には次のような種類があります。

モナリザタッチ

モナリザタッチはフラクショナル炭酸ガスレーザーを照射する治療法です。このレーザーでは、膣の緩み改善に繋がる膣機能、膣粘膜の活性化が狙えます。また、膣の乾燥・におい、性交時の感度低下、陰部のたるみや膣収縮の対策にもなるので様々な膣トラブルに対応可能です。モナリザタッチの治療時間は施術範囲によって異なりますが、およそ約10分程度となります。外陰部に施術する際は痛みを伴うため表面麻酔を行う可能性が高いですが、膣内照射の場合は痛みを感じにくいので麻酔を行わないケースも多いです。施術は1回でも多少の効果が見られます。

しかし1カ月ごとに合計3回程度レーザーを照射し、ある程度の改善を目指すのが一般的です。ちなみに、性行為は術後にある程度制限がありますが、その他の制限はほぼありません。モナリザタッチに掛かる費用は機関・機器によって違います。

大体、膣内・外陰部共に1回約4万円~10万円度程度の金額設定になっているケースが多いです。施術機関によっては複数回セットのお得プランが用意されていることもあるので、利用してみると良いでしょう。生理中の方や膣内を炎症している方、妊娠中の方や性感染症の方は基本的にモナリザタッチを受けられません。細かい詳細についてはモナリザタッチを担当する各機関にお問合せください。

インティマレーザー

インティマレーザーとは膣内の粘膜を熱し、コラーゲン生成機能や筋肉の収縮・縮小機能を促進させるレーザーです。施術は切ったりする必要が無く、専用機器を膣内に挿入して行います。こちらのレーザー施術のポイントは傷が発生したり出血したりするリスクが少ない点です。傷みも伴いにくいため、殆どの場合一部の箇所以外で麻酔を使う必要がありません。

また、子宮口付近までレーザーが照射できるため、尿道の引き締め効果も期待できます。施術時間は15分程度です。術後は翌日から入浴が行えます。ただし、性行為は3日間程度控える必要があるので注意してください。

なお、インティマレーザーは以下のような副作用がこれまでに確認されています。どれも早い段階で解決するレベルの症状ですが、施術をお考えの方は不安要素を減らすためにも把握しておくと良いでしょう。詳細が気になる方は各医療機関に相談してみてください。

【これまでに確認されているインティマレーザーによる副作用】

  • 患部の腫れ(2日間程度で回復)
  • 施術後の痛み(1週間程度で回復)
  • 少量の出血(低確率で発生。殆どの場合早い段階ですぐ収まります)
  • おりものの増加(1週間程度)
  • 尿失禁の発生(長くて3週間程度)

※個人差があります

施術はモナリザタッチと同様、1回のみでも効果が期待できますが、期間を設けて2~3回程度行った方がより実感できる結果になるでしょう。効果の持続期間はおよそ1年間程度と見られています。ただし、加齢やその他の要因によって膣機能が落ちている場合はその限りではありません。

気になるインティマレーザーの治療に掛かる費用ですが、施術回数2~3回程度で1回あたり約10~20万円前後の料金が掛かるのが一般的です。各部位・施術オプションが付く場合はその都度追加料金が掛かります。

一見、費用だけ見ると高額に思えるかもしれませんが、前述したように一通りの処置を行えば長期間効果が持続するので、総合的な費用として考えるとコストパフォーマンスはそこまで悪くないでしょう。

まとめ

膣が緩くなり尿もれやお湯もれ、空気が入りこんでしまう症状などが発生してしまうのは、出産や加齢の影響で膣や臓器を支える骨盤底筋が弱まっているからです。この骨盤底筋は名前の通り筋肉組織なので運動やレーザー治療を行えば状態の回復が見込めます。特におすすめなのはレーザー治療による施術で、運動と違い短期間で効果が出やすく、鍛えにくい膣内部に対しても正常な状態に戻すアプローチが行えます。

レーザー治療を行う場合、比較的リスクの少ないモナリザタッチとインティマレーザーのどちらかを選ぶと良いでしょう。術後は性交などが制限される期間がありますが、効果の持続期間が長いという大きなメリットがあります。膣の緩みや関係する症状でお悩みの方は、本記事の内容を是非参考にしてみてください。

記事監修

東京医科大学医学部医学科を卒業後、麻酔科学講座入局。
麻酔科退局後、明治通りクリニック皮膚科・美容皮膚科勤務。院長を務め、平成24年より医療法人容紘会高梨医院 皮膚科・美容皮膚科を開設。副院長として勤務しています。
麻酔科標榜医、麻酔科認定医
高濃度ビタミンC点滴療法認定医
日本レーザー医学会会員
日本抗加齢医学会会員
点滴療法研究会マスターズクラブ会員
日本美容皮膚科学会会員

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ