今回の記事では、「そもそもファンデーションはニキビを悪化させるのか」というところから、ファンデーションの主な種類や成分、ニキビ肌におすすめのファンデーションの種類までご紹介します。

ファンデーションでニキビが悪化?ニキビ肌におすすめの種類を紹介!

「ニキビを隠したくてファンデーションを厚塗りしてしまう。悪化しないか心配…。」ニキビやニキビ跡に悩んでいる時は、自信が持てず隠したくなる方もいるのではないでしょうか。しかし、油分が多いファンデーションは、ニキビの悪化を招きやすくなるといわれています。ニキビをなるべく悪化させないためには、肌状態に合う適切なファンデーションを使用することが重要です。

今回の記事では、「そもそもファンデーションはニキビを悪化させるのか」というところから、ファンデーションの主な種類や成分、ニキビ肌におすすめのファンデーションの種類までご紹介します。自信を持てる肌を目指すために役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてください。

ニキビを悪化させないためにはファンデーション選びが重要

ニキビを悪化させないためにはファンデーション選びが重要

ニキビは、「毛穴のつまり」「過剰な皮脂」「アクネ菌の増殖」によって発生します。ニキビを悪化させないためには、上記の流れを引き起こしにくいファンデーション選びが大切です。

油分の多いファンデーションはニキビを悪化させる可能性がある

一般的なクリームタイプやリキッドタイプのファンデーションは油分を多く含むため、毛穴を詰まらせやすく、アクネ菌を増殖しやすくし、ニキビを悪化させる傾向があります。

カバー力の高いファンデーションは、クレンジングや洗顔でも落としにくいです。洗浄力が高く肌負担の大きなクレンジング剤が必要になったり、長時間の洗顔になることで肌に必要な天然の保湿成分が流出し、バリア機能が低下して余計にニキビを引き起こしやすくします。さらに、落としきれなかったファンデーションがニキビの原因となる可能性も高いのです。

ニキビを悪化させないためには、「油分が少なく洗顔時に落としやすいファンデーション」を使用すると良いでしょう。また、ベースメイク用のパフやスポンジ・ブラシなどは汚れやすく、菌が繁殖してニキビの原因となることもあるので、こまめに洗って清潔に保つことも重要です。

肌に何も塗らないのは危険!紫外線対策を忘れずに

「ニキビができている時は何も塗らない方が良いのでは」と思う人もいるかと思いますが、UVカット効果のあるベースメイクアイテムで紫外線対策を行うことは非常に重要です。紫外線を浴びてダメージを受けた肌は、バリア機能が低下し乾燥が進むことで、皮脂分泌が過剰になります。また、紫外線によって「角質層」が厚く、毛穴が詰まりやすい状態になり、ニキビができることが多いのです。

紫外線を浴びると、ニキビの原因菌であるアクネ菌が大量の活性酸素を発生させ、すでにできたニキビの炎症を悪化させる恐れもあります。また、PM2.5や花粉なども肌へのダメージとなり、肌トラブルを起こす可能性もあるため、外的刺激から守るためにも日焼け止めや紫外線防止効果のあるファンデーションの使用は大切といえるでしょう。

ニキビ肌におすすめのファンデーションは?|種類や成分も紹介

ニキビ肌におすすめのファンデーションは?|種類や成分も紹介

本章では、現在主流となっているファンデーションの特徴や、ニキビができている時でも肌負担が少ないファンデーションをご紹介します。

ファンデーションの種類

ファンデーションの種類は主に「パウダーファンデーション」「リキッド・クリームファンデーション」「クッションファンデーション」「スティックファンデーション」です。

ファンデーションの種類

・パウダー(パウダリー)

・リキッド

・クリーム

・クッション

スティック

特徴

・粉体をプレスして固めた固形タイプ

・乳液やクリーム状

・保湿力やカバー力が高いものが多い

・油性成分や粉体をスティック状に固めたもの

含まれる油分の量

少なめ

多い

多い

カバー力

控えめ、自然な仕上がり

高い

高い

パウダーファンデーション

固形タイプのファンデーションです。カバー力は控えめですが油分が少なめなので、ニキビの悪化を引き起こしにくいとされています。リキッドファンデーションなどと比べると乾燥しやすいため、保湿を十分に行ったあとに使用すると良いでしょう。

リキッド・クリームファンデーション

保湿力、持続力に優れていて、美容成分が含まれていることもあるファンデーションです。伸びやすく、肌なじみが良いものが多いです。カバー力が高い分、油分を多く含んでいるため、毛穴を詰まらせてニキビを招きやすくなるケースもあります。

クッションファンデーション

リキッド状のファンデーションを含ませたクッションがコンパクトに入っているものです。専用のパフを使用し、リキッドファンデーションをパウダーファンデーションのように手軽に塗ることができる点から人気が広まりました。簡単にツヤのある肌を演出できますが、クッション内の衛生面を保つことが難しい場合もあります。

スティックファンデーション

硬いテクスチャーが特徴のファンデーションです。カバー力が高く、水分の配合量が少ないため形状としてはコンシーラーに近く、メイク崩れをしにくい特徴があります。その分、入念な洗顔が必要となるため、バリア機能の低下によりニキビを引き起こしやすくなる可能性もあります。

肌負担が少ないと注目の「ミネラルファンデーション」とは?

化学成分を使わずに、天然のミネラル(鉱物)、酸化鉄のマイカ、酸化亜鉛、酸化チタンの4つのミネラルを主成分としたファンデーションです。種類はパウダータイプやリキッドタイプ、スティックタイプなどがあります。

一般的なファンデーションは、高いカバー力や仕上がりの質感を重視するために、さまざまな化学物質や油分が入っているものが多いですが、ミネラルファンデーションは界面活性剤やタール系色素は含まず、石鹸でメイクオフできる特徴があります。肌への負担が少なく、ほとんどの製品がカバー力が控えめで自然な仕上がりです。皮膚科や美容クリニックでは、ミネラルファンデーションを推奨しているところもあります。

ファンデーションの主な成分

ファンデーションの主な成分は、「粉体」「油性成分」「水性成分」です。

粉体

肌色補正、紫外線カット、皮脂吸収。毛穴の凹凸を目立ちにくくするなどの働きがあります。

酸化鉄や酸化チタンなどが代表的な成分です。

油性成分

リキッド・クリーム・スティックファンデーションなどに配合されている成分です。保湿、肌の上での伸びをよくする、化粧ノリの向上などを目的に配合されています。ニキビの原因となることもあるため、ここ数年で油分成分を含まない「オイルフリー」の製品も増えてきています。

水性成分

水、または水に溶けやすい成分です。保湿、肌を柔らかく保つ、ツヤ感を出すなどの働きがあります。

ニキビ肌には「ノンコメドジェニック」のパウダーファンデーションが推奨さることが多い

ニキビを重症化させないためには、どのタイプのファンデーションも出来るだけ短時間・少ない摩擦・低刺激の洗浄成分で落とす」という点が重要です。

この条件を最もクリアしやすいものが、ファンデーションの種類の中でも油分の少ない「パウダーファンデーション」です。つけている間の肌負担が少ないだけでなく、主成分が粉末のためクレンジングで落としやすく、ニキビを悪化させにくいといわれています。パウダータイプだとカバー力が不安な方は、部分的にコンシーラーを併用してもよいですが、コンシーラーは油分が多く肌負担になりやすいので、どうしても隠したい部分にだけ使用すると良いでしょう。ベースメイクだけでなく、アイシャドーやリップなどのポイントメイクで、ニキビを目立ちにくくする方法も有効的です。

また、ニキビ肌へのファンデーションは「ノンコメドジェニックテスト済み」のものが推奨されることが多いです。「ノンコメドジェニック」は、「毛穴詰まりの原因」になりにくいと同時に、ニキビの原因菌とされる「アクネ菌」が増殖しやすくなる成分を含まない製品です。ノンコメドジェニックテストという「ニキビができにくい製品か」といった一定のテストをクリアしていて、ニキビのもとになりにくいことが証明されている化粧品とされています。ただし、ニキビを改善する効果はなく、すべての人にニキビができないわけではありません。炎症が強いニキビがある時は、ノンコメドジェニックテスト済みのものでも悪化することがあるのです。肌の状態によって合うファンデーションは異なるため、皮膚科や美容クリニックで医師に相談してみるのも一つの方法です。

ニキビの改善を目指すためには洗顔とスキンケアも重要

ニキビの改善を目指すためには洗顔とスキンケアも重要

ニキビを悪化させない、新しいニキビをできにくくするためには、正しいクレンジング・洗顔・スキンケアを行うことも大切です。また、ファンデーションは長時間肌につけたままにすると酸化して肌トラブルに繋がる恐れがあるため、塗ったその日に肌の汚れを落とし、清潔に保つことがとても重要です。洗顔後は、自分の肌状態に合わせた化粧水や美容液、乳液などのスキンケアで十分な保湿を行い、水分と油分のバランスを整えるとよいでしょう。

まとめ

ファンデーションは必ずしもニキビの悪化を招くわけではないですが、油分の多いリキッドファンデーションや、クリームファンデーションはクレンジングで落としにくく、残った汚れが毛穴につまり、ニキビを引き起こしやすいといわれています。

油分の少ないパウダーファンデーションや、ノンコメドジェニックテスト済みの製品がニキビを悪化させにくいとされています。パウダータイプだとカバー力が不安な方は、どうしても隠したい部分のみにコンシーラーを併用するとよいでしょう。

ファンデーションを塗ったあとは、その日のうちにクレンジングと洗顔できちんとメイクや汚れを落とし、肌悩みや今の肌の状態に合ったファンデーションでメイクを楽しむとよいでしょう。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!