皮膚科で行う「ケミカルピーリング」は、肌にピーリング剤を塗布して皮膚表面の古い角質や毛穴の詰まりを取り除きやすくし、肌再生を促しながらターンオーバーの正常化を図る施術です。
毛穴を塞いでいる角質やコメドが排出されやすくなることで、白・黒ニキビの改善・予防が期待できる他、ピーリング剤によって毛穴の出口が広がり炎症性のニキビの排膿が促されるため、黄ニキビなどの膿をもったニキビに対しても有効だといわれています。

ニキビ ピーリング

「ニキビ治療でケミカルピーリングが効果的と聞いたけど実際はどうなんだろう・・・?」
一般皮膚科や美容皮膚科でのニキビ治療には、「ケミカルピーリングもニキビ治療の選択肢のひとつとして推奨されることがあります。
今回の記事では、ピーリングがどのようにニキビ改善に役立つのかというところから、皮膚科のニキビ治療で用いられることの多いピーリング剤の種類や、市販のピーリングとの違いについて解説します。
また、ピーリングと同時に受けることで、ニキビ治療の効果が高まりやすい施術についてもご紹介します。

ピーリングがニキビ治療に効果的とされている理由

ピーリングがニキビ治療に効果的とされている理由

ニキビの発生には、「毛穴のつまり」「過剰な皮脂」「アクネ菌の増殖」が関係しています。

紫外線の影響やストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって肌のターンオーバーのサイクルが乱れて古い角質や汚れが溜まり、毛穴のつまりを引き起こして初期ニキビ(コメド)ができやすくなるのです。

皮膚科で行う「ケミカルピーリング」は、肌にピーリング剤を塗布して皮膚表面の古い角質や毛穴の詰まりを取り除きやすくし、肌再生を促しながらターンオーバーの正常化を図る施術です。
毛穴を塞いでいる角質やコメドが排出されやすくなることで、白・黒ニキビの改善・予防が期待できる他、ピーリング剤によって毛穴の出口が広がり炎症性のニキビの排膿が促されるため、黄ニキビなどの膿をもったニキビに対しても有効だといわれています。

肌のターンオーバーを促すことで、ニキビ跡や色素沈着、シミなども徐々に改善へ導きます。同時にコラーゲンやエラスチンの生成も促進されるため、肌のハリや弾力の向上も目指せるでしょう。古い角質を取り除くことによりくすみが軽減され、肌のトーンアップも期待できるのです。
個人差がありますが、一度の施術で即時的にニキビを改善するというよりも、治療を重ねていくうちに新しいニキビができにくくなり、繰り返し継続することで徐々に効果を実感することが多いといわれています。

ニキビやニキビ跡に効果が期待できる皮膚科のピーリング剤

ニキビやニキビ跡に効果が期待できる皮膚科のピーリング剤

ピーリングに使用される薬剤にはさまざまな種類がありますが、「尋常性痤瘡(ニキビ)治療ガイドライン(日本皮膚科学会ガイドライン)」では、他の治療が無効、あるいは他に治療が実施できない場合に「サリチル酸マクロゴール」と「グリコール酸」によるケミカルピーリングが選択肢の一つとして推奨されています。

人それぞれ肌に合うピーリングの種類や濃度は異なるため、医師に肌の状態をみてもらった上で検討するとよいでしょう。また、ケミカルピーリングは自由診療のため皮膚科によって料金に差がみられます。ホームページの料金詳細などで事前に確認しておくとよいでしょう。

サリチル酸マクロゴールによるケミカルピーリング

特徴

角質の軟化・融解作用をもつ「サリチル酸(BHA)」を用いた薬剤です。
もともとサリチル酸はケミカルピーリングで用いられていましたが、従来の薬剤はサリチル酸がエタノールに溶解されていたため、赤みや炎症、痛みなどの副作用が多くみられていました。
「サリチル酸マクロゴールピーリング」は、サリチル酸を「マクロゴール」という基材に溶かすことによって、酸が皮膚深部に浸透するのを防ぎ角質層のみに反応させる「最浅層ピーリング」により、副作用を軽減しながら高濃度での使用が可能とされています。
施術中の刺激感も軽減されていて、従来のケミカルピーリングでは灼熱感が強くて続けられなかったという敏感肌の人にも適した施術だといわれています。頻度は月に1回を目安としている場合が多いです。

おおよその費用の目安

約5,000〜10,000円

医療機関により差があるが、グリコール酸ピーリングと同等の費用もしくは高価な場合が多い

注意点

  • まれに赤みやヒリヒリとした刺激を感じる場合がある
  • アスピリンアレルギーの人は受けられない
  • 施術直後のメイクは控えなければならない(可能であれば翌日まで控える)
  • 施術後は紫外線の影響を受けやすいため十分な保湿とUVケアを行う必要がある
  • 施術後1週間程度はピーリング効果など刺激のあるスキンケアは控える

グリコール酸(AHA)によるケミカルピーリング

特徴

AHA(α−ヒドロキシ酸)の一種を用いた薬剤です。フルーツ酸とも呼ばれていて、サトウキビやリンゴ、パイナップルなどのフルーツなどから抽出される天然由来の成分でできています。

「サリチル酸マクロゴールピーリング」と比べてより深い層(顆粒層〜基底層、濃度によっては真皮層の一部へもアプローチ可)まで薬剤が浸透しやすい特徴があります。このため、赤みやひりつきといった刺激を感じやすいといわれていますが、その分、ニキビ改善効果を期待しやすいともいえるのです

グリコール酸ピーリングは個人の皮膚の状態に適した薬剤の細かな濃度設定を行える特徴があります。アスピリンアレルギーの方など、サリチル酸マクロゴールピーリングを受けられない人の選択肢のひとつともいえるでしょう。施術直後のメイクを可能としている場合が多く、頻度は2週間に1回程度が目安とされているようです。

おおよその費用

約5,000〜10,000円

医療機関により差があるが、サリチル酸マクロゴールピーリングと同等の費用もしくは安価な場合が多い

注意点

  • 赤みや乾燥が2、3日程度続くことがある
  • 施術後は紫外線の影響を受けやすいため十分な保湿とUVケアを行う必要がある
  • 施術後1週間程度はピーリング効果などの刺激のあるスキンケアは控える

 

ケミカルピーリングの種類 サリチル酸マクロゴール グリコール酸
特徴

・サリチル酸(BHA)を用いた薬剤
・角質層のみに反応させて、副作用を軽減しているため、敏感肌の人も受けやすい

・角質層を整える効果が高いとされている(肌表面のザラつきなど)

・AHA(α−ヒドロキシ酸)の一種を用いた薬剤

・個人の皮膚の状態に適した薬剤の濃度設定を行える

・角質層〜基底層の結合を緩めやすくするといわれている(ニキビ改善効果を期待しやすい)

副作用 比較的軽度であるが、まれに刺激感、赤みなど 個人差はあるが、刺激感、赤み、かさぶたなど
メイク 可能であれば翌日まで控える 直後から可能としている場合が多い
施術の頻度 月に1回を目安としている場合が多い 2週間に1回を目安としている場合が多い

市販薬を使用した自宅でのピーリングとの違いについて

市販薬を使用した自宅でのピーリングとの違いについて

ケミカルピーリングは、2000年に厚生労働省より医療行為と定められました。
そのため、医療機関以外での治療を目的としたケミカルピーリングは法律で禁止されています。
自宅でもピーリング剤を使用することは可能ですが、市販薬と医薬品で濃度や効果は大きく異なりますまた、誤った使用方法で必要以上に肌を傷つけてバリア機能の低下を招き、ニキビの悪化を引き起こす恐れがあります。使用方法や注意事項を守り、適切な使用頻度の見極めが重要です。

ピーリングと同時に受けることでニキビ治療効果が高まりやすい施術

ピーリングと同時に受けることでニキビ治療効果が高まりやすい施術

ピーリングと組み合わせることで、ニキビ治療の効果を高めやすい施術をご紹介します。

イオン導入、エレクトロポレーション

電気の力で有効成分を肌の奥(真皮層)まで届ける施術です。
ピーリングで古い角質を剥離してから行うことで、有用成分がより浸透しやすくなります。

イオン導入

肌に微弱な電流を流すことでバリア機能を一時的に緩め、水溶性の有効成分をイオン化して真皮層まで届ける施術です。
使用製剤:ビタミンC、トラネキサム酸、グリシルグリシン、プラセンタなど

エレクトロポレーション

肌に特殊な電気パルスを流すことで、意地的に細胞膜に微細な穴をあけ、有効成分を真皮層まで導入する施術です。
イオン導入ではできなかったヒアルロン酸やコラーゲンなどの粒子の大きい成分も浸透させることができ、浸透率はイオン導入の20倍以上ともいわれています。

LED治療

LED(発光ダイオード)を照射し、さまざまな肌悩みを改善へ導く施樹です。症状に合わせて4種の波長の光(赤色、青色、黄色、緑色)を使い分けます。ニキビの改善効果が期待できるのは青色LEDとされています。アクネ菌の消滅、皮脂分泌抑制、毛穴の引き締めなど、炎症を抑えるとともに、新たなニキビができにくい肌を目指せます。

フォトフェイシャル

「IPL」と呼ばれる幅広い波長を持つ光を肌に照射し、シミ、そばかす、赤ら顔などの複数の症状を改善へ導く施術です。繊維芽細胞の働きを活性化させ、コラーゲンやエラスチンの生成を促すことで、ハリや弾力の向上や、毛穴の引き締め効果なども期待できます。

レーザートーニング 

「YAGレーザー」や「ピコレーザー」を用いて、低出力のレーザーを肌にシャワーのように照射し、肌表面のメラニン色素を細かく破壊してシミやくすみ、肝斑などを改善へ導く施術です。

ピーリングと組み合わせることによって、ターンオーバーが促され、破壊されたメラニン色素の排出を早める効果が期待できるといわれています。

  • ヤグレーザー:ナノ秒(10億分の1秒)単位の波長。熱でメラニン色素を破壊
  • ピコレーザ:ピコ秒(1兆分の1秒)単位の波長。衝撃波でメラニン色素を破壊

まとめ

ニキビの改善に効果的といわれているケミカルピーリングは、皮膚表面の古い角質や毛穴の詰まりを溶かして取り除き、肌再生を促しターンオーバーの正常化を図る施術です。
毛穴を塞いでいる角質やコメドが排出され、白・黒ニキビの改善や予防効果が期待できます。

また、膿をもった炎症性のニキビにもピーリング剤によって毛穴の出口を広げ排膿を促すため、黄ニキビに対しても有効だといわれています。人それぞれ合うピーリングの種類は異なるため、医師に肌の状態をみてもらった上で検討するとよいでしょう。

自宅でもピーリング剤を使用することは可能ですが、市販薬と医薬品で濃度や強さは大きく異なります。誤った使用方法によって必要以上に肌を傷つけてバリア機能の低下を招き、ニキビの悪化を引き起こす恐れがあるので、使用方法や注意事項を守り、適切な使用頻度の見極めが重要です。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!