セルフケアは長期的なケアが必要で、ひどい状態の妊娠線を治すことは難しいとされています。
しかし、クリニックの施術によっては、深く刻まれた妊娠線を薄くすることも可能です。
美容皮膚科やクリニックではレーザー機器を用いた治療や、炭酸ガスを注射する方法、皮膚を切除する方法などがあります。

妊娠線は一度できるとなかなか消えない!?予防法とできた場合の対策

妊娠すると、約7割の確率で発生するとも言われている妊娠線。一度できてしまうと、セルフケアではなかなか消えません。そのため、妊娠中から予防をしている人も多いようです。もし妊娠線ができてしまった場合は、どうすれば綺麗にできるのでしょうか。また、妊娠線を予防するにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか。今回は、妊娠線の予防法とできてしまった場合の対策をご紹介します。

妊娠線とは?

妊娠線とは?

正式には線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)皮膚伸展線条(ひふしんてんせんじょう)と呼ばれ、妊娠によって皮膚が伸びることに耐えられず裂けてしまうためにできる断裂線のことを言います。
お腹にできるイメージがあるかと思いますが、太ももやお尻、二の腕、バストなどにできることもあります。バストにできる線のことを授乳線と呼ぶこともあります。

どうしたら妊娠線ってできるの?

妊娠線ができる原因は主に2つあります。一つ目は、妊娠中期(5~7か月頃)から後期(8か月~臨月まで)にかけて急激にお腹が大きくなるためです。表面は3層に分かれており、上から表皮、真皮、皮下組織という層からできています。表皮は柔らかいためお腹の変化に応じて伸びることができますが、真皮は柔軟性がないため、急激な伸びについていけず亀裂が生じてしまうのです。

二つ目は、妊娠中に増加する「コルチコステロイド」というステロイドホルモンの影響が考えられます。妊娠中にこのホルモンが増えることでターンオーバーが抑制されてコラーゲン生成が抑えられてしまうため、真皮層が弾力性を失い通常よりもさらに断裂を生じやすい状態になってしまうのです。

妊娠線と肉割れの違い

中には、妊娠線と肉割れの違いは分からないと思われる方もいるかもしれません。実は、妊娠線は肉割れの一種です。妊娠線以外には、ストレッチマークとも言われています。違いは妊娠中に発生したかどうかです。妊娠中にできた場合は妊娠線とされ、症状や原因、対処法は肉割れと一緒になります。

妊娠線は一度できると消すのは難しい

「妊娠線は一度できてしまったら消えない」「時間が経てば消える」など人によってさまざまなイメージをお持ちなのではないでしょうか。実際のところは、残念ながら、妊娠線は一度できてしまったら完全に消すことは難しいとされています。産後から一年ほど経過すると、妊娠線の色が赤から白になり薄くなる場合もあるため「消えた」と思われる方もいるようですが、薄くなることはあっても完全には消えません。

妊娠線を予防する方法|セルフケア

妊娠線を予防する方法|セルフケア

妊娠線は予防できます。具体的な予防法について確認していきましょう。

妊娠線予防には保湿が大切

妊娠線の予防に一番大切なことは肌の保湿です。乾燥している肌は断裂のダメージを受けやすいため、皮膚の柔軟性を保つことが大事です。妊娠中でも安心して使える成分で作られている妊婦用のオイルやクリームなどを使って油分と水分のバランスをコントロールすることで、急激な皮膚の伸びに負けない弾力のある柔軟な肌へと導いてくれます。保湿ケアをするときは、お腹だけでなく太ももやお尻なども忘れないようにしましょう。以下におすすめの保湿ケア用品をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

妊娠中におすすめの保湿ケア用品6選

妊娠線の予防におすすめしたい保湿ケア用品を6つご紹介します。

ニベアの青缶(花王)

ニベアの青缶(花王)

引用元:https://www.kao.com/jp

化粧水+ニベアで使用する方法です。利便性が高く低コストなため、気軽に始められます。

 

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

引用元:https://www.natural-s.jp/first_set/mata6/

 香りに敏感な“つわり”の時期にもお安心して使用できるクリームです。全身に使えるだけでなく、産後は赤ちゃんの保湿クリームとしても使用できます。

ヴィレダ マザーズ ボディオイル

ヴィレダ マザーズ ボディオイル

引用元:https://www.weleda.jp/

妊娠初期から産後3か月まで活躍してくれるオイルです。天然のエッセンシャルオイルを使用しているため、リラックス効果も期待できます。

クラランス ストレッチマーク ボディクリーム

クラランス ストレッチマーク ボディクリーム

引用元:https://www.clarins.jp/

伸びが良くべたつかないのが特長のクリームです。プレゼントとしても人気だそうです。

ベルタ ベルタマザークリーム

ベルタ ベルタマザークリーム

引用元:https://belta-shop.jp/

肌に負担がすくないオーガニック処方で妊娠中から。産後のケア、赤ちゃんにも使えるボディクリームです。

妊娠線を予防するマッサージもプラスしよう

妊婦用のクリームやオイルで保湿するだけでなく、マッサージをプラスするとより効果的です。

【お腹】

1保湿クリームやオイルを手で温めて塗り、おへその周りをくるくるとなでるようにマッサージをしましょう。

2おへその下から脇腹に向かってらせんを描くようにマッサージをしましょう。

3お腹を上下にやさしくさするようにマッサージする

【太もも】

1太ももは下から上にらせんを描くようにマッサージしましょう。

【胸】

1乳房の下部分を、半円を描くようにマッサージしましょう。

保湿とマッサージを始めるタイミングは、つわりなどで体調が悪くなければ、妊娠初期からはじめるのが理想的です。遅くとも妊娠5カ月頃からはじめて、出産後もしばらくはお手入れを続けましょう。こまめな保湿ケアを毎日コツコツと続けることが妊娠線予防につながります。尚、妊娠中の身体はとてもデリケートな状態です。マッサージの際は力を入れずに優しくなでるように行いましょう。また、お腹が張っている時には、マッサージを控えるようにしてください。

妊娠線ができてしまったら

妊娠線ができてしまったら

妊娠中から予防対策をしていたのに妊娠線ができてしまったという方もいるかもしれません。この場合、完全に消すことはできませんが、がんばれば薄く、周りに気づかれないぐらいの改善は目指せます。

妊娠線ケアは早ければ早いほどいい

妊娠線はケアを始めたらすぐ消えるというのではなく、薄く目立たなくするまでにかなりの時間を要します。3カ月以上使用してやっと効果が出るものもあるため、早めにケアを始めましょう。

産後のケア

もし妊娠線ができてしまった後は「レジストリル」や「ダルトシド」配合のクリームが妊娠線や肉割れに効果があると注目されています。妊娠線の色を改善する、くぼみも減少させてくれるそうです。

産後おすすめの保湿クリームやオイル3選

産後の保湿ケアにおすすめの保湿クリームやオイルをご紹介します。

シルダーム

イギリスのSilDerm社が開発した妊娠線を修復するクリームです。妊娠線治療の専門医により開発された医薬品で、上述の「レジストリル」と「ダルトシド」という妊娠線への有効成分が配合されています。値段は高いですが、医師が処方・推奨している製品のため、市販品よりも効果が期待できます。

プレマーム

ヒアルロン酸やコラーゲンを配合し、葉酸やルチンを加えて肌にハリを持たせるクリームです。妊娠中から産後まで使用できる、オレンジの爽やかな香りで使い心地が良いのも特長です。

キラリボーテ

妊娠線に効果があると言われている成分「レジストリル」の配合量が2%と他社製品よりも含有量が多いクリームです。

セルフケアでは限界がある

これまでセルフケア方法をご紹介してきましたが、セルフケアだけの改善を目指す方法には限界があります。

セルフケアでは長期的ケアが必要

産後にクリームやオイルを毎日塗り続けて効果が出るまでに3か月以上かかってしまった、効果があまり見られなかったという声も少なくありません。実際、クリームやオイルでのケアで急に妊娠線がなくなるということはなく、長期的に毎日コツコツとケアし続ける必要があります。子育て中で忙しいママにはセルフケアが負担に感じるのではないでしょうか。

セルフケアよりも美容クリニックの方が簡単に消すことができる

セルフケアは簡単に低コストでできるというメリットもありますが、長期的なケアは負担に感じてしまうこともあります。また、妊娠線は加齢と共にたるみが進むとまた目立ってくる場合も。これらの懸念点を払拭してくれる改善方法が美容クリニックでの施術です。

美容クリニックではどんな施術が受けられる?

美容クリニックではどんな施術が受けられる?

美容皮膚科やクリニックではレーザー機器を用いた治療や、炭酸ガスを注射する方法、皮膚を切除する方法などがあります。

美容クリニックをおすすめする理由

セルフケアは長期的なケアが必要で、ひどい状態の妊娠線を治すことは難しいとされています。しかし、クリニックの施術によっては、深く刻まれた妊娠線を薄くすることも可能です。美容クリニックを利用することにより、短時間でより効果的な治療ができるのです。

美容クリニックの施術の種類

美容クリニックで妊娠線を改善するための施術は主に3種類あります。

機器による施術

CO2フラクショナルレーザー レーザーを微小な点状に照射して、正常な組織を残しながら部分的に熱ダメージを与えることで、少しずつ皮膚の入れ替えを行う治療法。傷跡や妊娠線にも効果があるといわれています。断裂された真皮層にダメージを与え、傷ついたコラーゲンを再生することで、妊娠線が薄くなります。
ダーマペン4 極細の16本の針が1秒間に約120回振動し、肌表面に目に見えないほどの微小な穴を開ける治療法です。妊娠線の部分に針で刺激を与えることで古い皮膚が新しい皮膚へと再生。また、線維芽細胞が活性化されるため、コラーゲンやエラスチンが新しく産生され、妊娠線が目立たなくなります。また、微小な穴が開いている状態で、目的に合わせた美容液を塗布することで、さらなる効果が期待できます。

炭酸ガスメソセラピー

皮内に炭酸ガスを直接注射することにより、血行やコラーゲン産生を促進させ、皮膚の修復機能を活性化させて妊娠線を目立たなくしていく方法です。ダウンタイムはほとんどなく、しわやニキビ跡にも効果があると言われていますが、1回の効果は軽微なため、複数回の治療が必要となります。フランスや韓国ではポピュラーな妊娠線の治療方法です。ひどい妊娠線にも効果あると言われています。

皮膚切除

出産や加齢によりたるんだ皮膚を切除する治療方法です。妊娠線ができた部分の皮膚自体を切除することで妊娠線や皮膚線条がなくなります。

費用や効果の比較

施術 フラクショナルレーザー 炭酸ガスメソセラピー 皮膚切除
施術方法 皮膚の外側からレーザー照射 皮膚の内側に炭酸ガスを注射 妊娠線を切除
効果 薄い妊娠線・肉割れには効果があると言われている 軽い症状だけでなく、

ひどい妊娠線・肉割れにも効果

妊娠線自体を切除
ダウンタイム 1週間ほど赤みが残る ほとんどない 入院あり

腫れや内出血

副作用 肌の弱い人はやけどのリスクがある場合がある ほとんどない 外科手術のため、切除した傷跡が残る場合も
費用 1回4万~数十万円 手のひらサイズで1回1万円 数十万円から200万円

まとめ

妊娠したら一度は耳にする「妊娠線」。できてしまったら完全に消えることはないですが、できるだけ予防して、できてしまった時には早めのケアをすれば周囲に気づかない程度に目立たなくさせることができます。妊娠線は、赤ちゃんがお腹の中で成長するためにママががんばった証しでもあります。わが子が自分のお腹にいた証拠でもあるので、悩まず上手に付き合っていけるのが理想かもしれません。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ