ゼオスキンのミラミンとミラミックスは、「ハイドロキノン4%」が主成分で、グリコール酸やアスコルビン酸といった配合成分も共通しています。
どちらも美白効果が期待できるアイテムとして人気の製品ですが、それぞれの違いや使い方が分からないと感じている人も多いのではないでしょうか。
今回の記事ではミラミンとミラミックスの特徴について解説していきます。

どちらか1つを使用する場合の選び方についてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

ゼオスキン,ミラミン,ミラミックス,違い

ゼオスキン・ミラミンとミラミックスの違いは何?

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ミラミンとミラミックスはどちらもハイドロキノンを主成分としており、どちらも同じような効果をもつ美容液です。

ハイドロキノンの浸透力をサポートするグリコール酸やアスコルビン酸も配合されており、高い美白効果が望めます。

上記以外にも、ミラミンとミラミックスは共通する配合成分が多く、美容液単体として使用する際の効果にはほとんど差がないとされてるのです。

では、それぞれの違いはどういった点にあるのでしょうか。

ミラミンとミラミックスは「使用方法」と「作用する場所」が違う

ゼオスキン,レチノール

ミラミンは単体で使用できるのに対し、ミラミックスは処方薬である「トレチノイン(ビタミンAの一種・医薬品のため処方には医師の診察が必要)」と混ぜて使用する必要があります。
※ビタミンAにはレチノールやトレチノインなどいくつか種類があり、その中で最も肌質改善効果が高いものがトレチノインとなる

また、ミラミンは主に肌の表面部分(角質層)に作用しますが、ミラミックスはトレチノインと混ぜることで、肌のより深い層(表皮基底層)まで作用するのです。

それぞれ期待できる効果や肌への反応に差があるためどちらの、どちらを使用するとしても正しい使用方法を継続することが効果を出すためのポイントといえます。

ミラミン・ミラミックスを連続して使用できる期間は最大5ヶ月間

ミラミン・ミラミックスの両方に含まれるハイドロキノンは、「肌耐性」ができやすい成分です。

これは、長期的に使い続けることで肌がハイドロキノンに慣れて美白効果を感じにくくなるといいうもので、肌耐性を避けるため、どちらの製品にも最大5ヶ月間の使用期限が設けられています。

このため、5ヶ月間使用した後は3ヶ月程度の「休薬期間」が必要となるのです。

ハイドロキノン製品の使用期間や休薬のタイミングについては、医師の指示を守ることが非常に大切になります。

ミラミンとミラミックスのどちらかを使用する場合の選び方

通常のセラピューティックプログラムではミラミンとミラミックスのどちらも使用しますが、予算的に難しいと感じる人や、できるだけ最小限のアイテム数に絞りたいと感じる人もいるでしょう。
ここでは、ミラミン・ミラミックスのどちらか1つだけ使用する場合の選び方について解説します。

セラピューティックプログラムを検討している人は「ミラミックス 」

ゼオスキン,ミラミックス

出典:https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_hq.html#Melamix

  • 80ml 13,640円(税込)※価格はクリニックにより異なる場合があります
  • 1本 約5ヶ月分
  • 夜のみ1プッシュ・処方薬トレチノインと混ぜて使用

肌悩みが多く、ゼオスキンの中で最も攻めのスキンケアプログラム「セラピューティック」を検討している人はミラミックスを選ぶとよいでしょう。

通常のセラピューティックではミラミンとミラミックスの併用が推奨されていますが、どちらか1つしか使えないという場合は、トレチノインの浸透率や肌質改善効果を高めるミラミックスの方が適しています。

先にトレチノンがなくなり、ミラミックスのみが残ってしまった場合は単品での使用も可能ですが、使用期間や休薬期については医師の指示を守ることが大切です。

トレチノインを使用しない方法の人には「ミラミン」

ゼオスキン,ミラミン

出典:https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_hq.html#Melamin

  • 80ml 14,080円(税込)※価格はクリニックにより異なる場合があります
  • 1本 約2ヶ月半分
  • 朝・夜1プッシュずつ使用

セラピューティック(トレチノインを使用するプログラム)以外の方法で、シミ・肝斑・くすみケアをする場合はミラミンを選ぶとよいでしょう。

ミラミンは、ゼオスキンの中でも皮むけしにくいマイルドなプログラムを希望する人のほか、手持ちのスキンケアへ美白アイテムをプラスワンしたい時にもおすすめといえます。

また、ミラミンもミラミックスと同様にハイドロキノンが含まれていますので、肌耐性ができるのを避けるため、最大5ヶ月の使用期限が設けられています。

こちらも使用可能期間や休薬期については医師に確認するとよいでしょう。

まとめ

ミラミンとミラミックスの配合成分はほとんど同じですが、大きな違いは「使用方法」と「作用する場所」です。

  • セラピューティックプログラムを検討している方はトレチノインの浸透率や効果を高める「ミラミックス」
  • トレチノインを使用せずにシミ・肝斑・くすみケアをしたい人は「ミラミン」

を選ぶとよいでしょう。

どちらを使用するとしても正しい使用方法を守り、継続して使用することが効果を実感するために重要なポイントとなります。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!