シミ対策と言えば、美白化粧品などのスキンケアを思い浮かべる方が多いかと思いますが、シミ用の「医薬品」があることをご存知でしょうか??この記事では、より効果的にシミを改善するため、医療機関で処方されるシミの「薬」についてその種類や効果を詳しく紹介します。

常に女性の肌悩み上位に位置する「シミ」。「シミ」は一度できてしまうとなかなか薄くなりません。シミ対策のスキンケアをしっかりやっているのに効果が実感できない!という方も多いのではないでしょうか。

シミ対策と言えば、美白化粧品などのスキンケアを思い浮かべる方が多いかと思いますが、シミ用の「医薬品」があることをご存知でしょうか??

この記事では、より効果的にシミを改善するため、医療機関で処方されるシミの「薬」についてその種類や効果を詳しく紹介します。

シミってなんでできるの? シミの原因を解説

シミは加齢や喫煙、化粧かぶれなどさまざまな原因によって発生しますが、最大の原因は「紫外線」と言われています。

紫外線を浴びると「活性酸素」が発生し、肌の深層にある「メラノサイト」で酸化酵素「チロシナーゼ」が生成されます。

この酸化酵素チロシナーゼが、無色透明のアミノ酸「チロシン」を「ドーパキノン」に変化させ、これがやがてメラニンとなります。

通常、肌のターンオーバーによってメラニンは体外へ排出されますがターンオーバーの乱れなどにより、メラニンの生成と排出のバランスが崩れると、徐々に肌に蓄積してしまいます。

このメラニンの蓄積により、肌の一部分が茶色く見える状態(シミ)になると言われています。

シミに効く成分「ハイドロキノン」と「トラネキサム酸」

「ハイドロキノン」と「トラネキサム酸」この2つの成分はシミに効果的として、薬だけでなく多くの化粧品にも配合されています。

目にしたことや名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、この2つの成分がどうシミに効果的なのかについて詳しく解説します。

ハイドロキノン

ハイドロキノンはメラニンの生成を促す酸化酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害し、シミを元から防ぐ効果のある成分で、その高い効果から「肌の漂白剤」と呼ばれることもあります。

シミの元である「メラニン」は、メラノサイトで生成された酸化酵素「チロシナーゼ」が、無色透明のアミノ酸「チロシン」を変化させることで発生します。

ハイドロキノンはこの「チロシナーゼ」の働きを阻害し、メラニンの生成を抑制します。

また、できてしまったシミを薄くする還元作用もあるため、シミの予防だけでなく今あるシミの改善も期待できる成分です。

効果が高い分、高濃度のハイドロキノンでは副作用が起きるリスクが高く、市販の化粧品のハイドロキノンクリームには、低濃度しか配合されていません。医療機関で処方される場合は、診察で皮膚の状態をきちんと見極めて、その人に合った使用量や濃度を調整することが可能なため、高濃度のハイドロキノンクリームを処方することができます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、化粧品成分としては「美白効果」を厚生労働省に認められた薬用成分となっています。また、飲み薬としてシミや肝斑の治療にも効果的な成分として知られています。

トラネキサム酸は、メラニンを作り出す工場であるメラノサイトの活性化を促す「プラスミン」の働きをブロックし、メラニンの生成を抑制します。

引用:https://www.tunemakers.net/

また、抗炎症作用があるため、シミだけでなく肌荒れにも効果が期待できるといわれています。

シミの薬ってどんなもの?内服薬と外用薬をそれぞれ紹介!

内服薬=飲み薬はどんなものがある??

シミの治療に用いられる主な飲み薬は4つあります。

トラネキサム酸

出典:https://www.sc-kumamoto.cc/treatment/bihaku_naifuku.php

厚生労働省に認可された有効成分「トラネキサム酸」を配合し、美白効果が期待できます。また、メラニンの生成を抑制する他抗炎症作用もあるため、シミの治療に用いられます。トラネキサム酸はシミの中でも、「肝斑」に対して効果があるとされていて、「トランシーノ 」など市販薬にも多く使用されている成分です。

トランシーノ などの市販薬と皮膚科で処方されるトラネキサム酸の違いは、成分の含有量で、市販薬の1日の最大摂取量が750mgなのに対し、クリニックで処方するトラネキサム酸は最大2000mgとなっています。トラネキサム酸の含有量が高い分、処方薬のほうが高い効果が期待できるとともに、症状や肌質に合わせて他の薬も追加することで、効果を早めに実感することができるといったメリットもあります。

シナール配合錠

出典:https://sokuyaku.jp/medicine_list

 ビタミンCとパントテン酸*を配合した複合ビタミン剤です。

病気や妊娠中の方など、ビタミンCが不足しがちな方に、補給を目的として開発された薬です。シミの元であるメラニンの生成を抑える効果が期待できるため、シミの治療にも用いられます。

*ビタミンCの働きをサポートする効果を持つビタミンB群に含まれる成分

ハイチオール

出典:https://sokuyaku.jp/medicine_list

主成分のL-システインは、メラニンの生成を抑制する効果や、肌のターンオーバーを促進し、メラニンの排出を促す効果が期待できることから、シミの治療に用いられることの多い内服薬です。

皮膚の代謝をを促進する他、抗アレルギー作用があるため蕁麻疹や湿疹の治療に用いられることもあります。

ユベラ

引用:https://www.qlife.jp

主成分をビタミンEtとして製造された薬で、肌のターンオーバーを促進してメラニンの排出を促すといった作用があります。また、抗酸化作用もあるため、紫外線などのダメージから肌を守り、シミができにくい肌へ導く効果も期待できます。

血行をよくしたりコレステロールを低下させたり、頭痛や冷え、動脈硬化の改善にも用いられます。

外用薬ー東大式トレチノイン療法

塗り薬でシミの治療を行う場合、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という2種類の薬を併用して行う「東大式トレチノイン療法」が効果的とされています。

東大式トレチノイン療法は、メラニンの排出を促進する「トレチノイン」とメラニンの生成を抑制する「ハイドロキノン」を併用することで、皮膚に滞留したメラニン色素を減少させ、シミを予防・改善する治療法です。

ハイドロキノン

前述した通り、ハイドロキノンは強力な美白作用をもつ成分で、メラニンを作り出す酸化酵素「チロシナーゼ」の働きを弱め、シミの元に働きかけてシミを予防します。

ハイドロキノンは効果が高い分、副作用が起こる可能性も高く、使用方法に注意が必要です。

トレチノイン

トレチノインとはビタミンA(レチノール)誘導体のことで、日本では医師の院内製剤でのみ取り扱うことのできる成分です。表皮の細胞を活性化し肌のターンオーバーを促進、約2〜4週間でメラニンを排出する効果があるとされています。また、コラーゲンの再生を促す作用もあるためシワへの効果も期待できます。

その他にも、トレチノインがターンオーバーを促進することでハイドロキノンの浸透率を高める効果もあります。

東大式トレチノイン 療法を行うことで、肝斑の場合は2〜3ヶ月と時間がかかりますが、ほとんどのシミは約2〜6週間で効果が実感できると言われています。

シミの”塗り薬”(医薬品)は市販されていないため、確実にシミを治療したい!という方は皮膚科を受診して治療することをおすすめします。

「点滴」 で美白も美肌も!シミに効果的な点滴は??

クリニックで行われるシミの治療の1つに「点滴」が挙げられます。シミに効果的とされている点滴を紹介します。

白玉点滴

「ビヨンセ点滴」とも言われ、海外でも話題になった施術で、強力な抗酸化作用を持つ「グルタチオン」を高配合した点滴です。

「グルタチオン」とは肝臓で作られる、私たちがもともと持っている成分です。メラニンの生成を抑制したり、抗酸化作用があったり、シミだけでなく肌荒れを防ぐ効果も期待できます。

「グルタチオン」は加齢とともに減少してしまうため体外から補う必要がありますが、胃や肝臓で吸収されづらい成分とされています。そのため、点滴で血管に直接送り込むことで、より効果を高めることができるとともに、即効性も期待できると言われています。

高濃度ビタミンC誘導体点滴

ビタミンCが不足すると、疲れやすくなったり、肌荒れ、イライラ等、さまざまな症状が表れます。しかし、ビタミンCは体内で作り出すことができない成分のため、体外からの摂取が必要不可欠です。高濃度ビタミンC点滴では、経口摂取と比較するとビタミンCの血中濃度を20倍〜40倍にすることができます。また、血管に直接送り込むことで体の隅々に行き渡るため、より効果を実感できると言われています。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑える効果やできてしまったシミを薄くする還元作用、抗酸化作用があるため、シミの改善におすすめの点滴です。

まとめ

今回はシミの「薬」について紹介をしました。

シミの対策をしているけれど満足のいく効果が実感できないという方や、何を使ってシミのケアをすれば良いか分からないという方は、医師の診察を受け、自分の肌にぴったりあった薬でシミを治療してみてはいかがでしょうか。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ