脱毛の中でも、盲点となりがちな背中の毛。
背中が開いている服を着た時に、背中がきれいだととても上品に見えますよね。
背中の毛は、脱毛することで毛をなくすだけでなく、ニキビや毛穴汚れの改善にも繋がるのでメリットがたくさんあります。
背中脱毛をして、露出の多い服も着こなせるワンランク上の素敵女子を目指しましょう!

脱毛の中でも、盲点となりがちな背中の毛。背中が開いている服を着た時に、背中がきれいだととても上品に見えますよね。背中の毛は、脱毛することで毛をなくすだけでなく、ニキビや毛穴汚れの改善にも繋がるのでメリットがたくさんあります。

背中脱毛をして、露出の多い服も着こなせるワンランク上の素敵女子を目指しましょう!

背中の毛について

背中の毛は、主に産毛になります。

産毛に効果的な脱毛方法についてみていきたいと思います。

医療レーザー脱毛(クリニック)と光脱毛(エステサロン)

永久脱毛(毛乳頭や毛包幹細胞(バルジ領域)の熱による破壊行為)は国家資格の免許を持っている医師や看護師のみが行うことができる医療行為になります。

エステサロンでは、発毛を遅らせる、若しくは減らす行為のみで、永久脱毛を行うことは法律上許されておりません。 

医療脱毛はエステ脱毛に比べ1回あたりの料金は高額ですが、安心安全に行えることに加え、少ない回数で確実な効果を得られるため、トータル的にエステ脱毛より費用がかからないことも多いようです。 

しかしながら、医療レーザーの種類によっては産毛に対して効果が出にくいものもあるため、しっかりとした見極めが必要になります。 

今回の背中脱毛は永久脱毛を目指すものとし、医療レーザーによる背中脱毛について解説していきたいと思います。

産毛に効果的な脱毛機

脱毛器の照射方法やレーザー波長の特徴を見ていきましょう。

【照射方法】

今まで医療脱毛は単発(ショット)式しかありませんでしたが、近年蓄熱式という照射方法が登場しています。

単発(ショット)式

毛根部分にある黒い色素(メラニン色素)にアプローチします。

レーザー光がメラニン色素に吸収されると熱が発生し、その熱が毛根部の毛母細胞(毛を作り出す細胞)を破壊します。

毛には成長期・退行期・休止期と3つの毛周期があり、成長期の毛にしか効果がないため、毛周期に合わせて照射を行う必要があります。

産毛はメラニンの量が少なく、レーザー光を吸収しにくいため脱毛に至らないケースや、不十分に熱を与えることで逆に毛が太くなってしまう硬毛化という現象が発生する場合があります。

蓄熱式

近年、バルジ領域にアプローチする脱毛方法が新しいレーザー脱毛方式として広まってきています。

バルジ領域とは、毛穴の入口付近にある発毛の司令塔で、毛乳頭(毛母細胞に栄養を与える部位)に毛を生やすよう指令を出す働きがあるとされています。

ターゲットが毛そのものではないため毛周期を気にせず施術が可能だと言われていますが、蓄熱式で用いられるレーザーの波長は、ショット式に使われているレーザーと同様にアレキサンドライトやダイオード、Nd:YAGとなっており、毛穴の中の毛に反応させて熱を発生させるという仕組みはショット式と同じとなります。そのため、やはり蓄熱式であっても毛周期に全く関係なく脱毛効果が得られるということはないかと思われます。

バルジ領域は比較的皮膚の浅い部分にあるので、単発式のような強いエネルギーは必要なく、数発に分けて照射することで徐々に熱を蓄積していくため、ショット式のデメリットとされている痛みがほとんどないと言われています。

【波長の種類】

医療レーザー脱毛に使われる波長は、主に3種類です。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • YAGレーザー 

波長による違いついて

アレキサンドライトレーザー(755nm)は波長が短くメラニンへの吸収が高いという性質から、パワーを高くすると表皮へのダメージを与えるリスクがあるのでパワーを高くできず、メラニン量の少ない産毛への脱毛効果は弱いとされています。

ダイオードレーザー(810nm)とYAGレーザー(1,064nm)は波長が長いため、メラニンへの吸収は低くなりますが、ある程度高いパワーでの照射が可能で、より深くまで光が届くことで産毛の脱毛にも効果があると言われています。 

背中脱毛のメリット・デメリット

メリット

毛穴汚れ、ニキビの改善

背中は皮脂腺が多く、毛があることで毛穴に汚れが溜まりやすい状態です。

脱毛すると毛穴が引締められ、毛穴汚れだけでなくニキビの改善にも繋がると言われています。

自己処理から解放される

手が届きにくい上確認しづらい場所のため、自己処理の難しい箇所になります。

脱毛すれば自己処理のストレスから解放されるだけでなく、肌への負担も減らすことが出来ます。

露出する服を着ることができる

背中の毛は細い毛質ですが、密集していることが多く意外と目立ってしまいます。

脱毛してきれいな背中になれれば、自信をもってドレスや水着を着こなすことが出来ます。

デメリット

硬毛化・増毛化のリスク

レーザー脱毛では稀に産毛が濃く固くなる(硬毛化)、増える(増毛化)といった現象が起きることがあります。

原因ははっきりとは解明されていないようですが、硬毛化は毛根細胞へのレーザー熱量不足、増毛化は毛が生えていなかった毛穴の活性により毛が生え始めてしまう、といった見解があるようです。

蓄熱式の場合は熱ムラが少なく、産毛などのメラニン色素が薄い部分でもしっかり熱を加えていくことができ硬毛化が発生しづらいという報告があるため、不安な場合は蓄熱式レーザーのあるクリニックを選ぶと良いでしょう。 

効果を実感するまで時間がかかる

蓄熱式の脱毛方法の場合、今ある毛ではなくこれから生えてくる毛に対してのアプローチになるため即効性は感じにくいようです。

一般的に、施術直後は何も起きず、2~3週間程すると毛が抜け落ちるようです。

産毛に効果が出にくい場合がある

医療レーザーは3種類あるとお話ししましたが、波長が短いと高い出力ができないため、メラニン色素の少ない産毛に効果が出にくい場合があります。

波長の長いダイオードレーザーやYAGレーザーを選ぶと良いでしょう。

背中脱毛の注意点

始める時期

露出の多い服は夏に着ることが多いため、秋の初めから冬頃に始めましょう。

背中などの産毛は1回だけで効果は感じにくいため、定期的に通うことが大切です。早ければ半年程で効果を実感できるため、翌年の夏に備えましょう。

念入りなスキンケアをする(保湿)

脱毛後は肌が乾燥して敏感になっているため、いつもよりたっぷり保湿をして下さい。肌への刺激が少ない敏感肌用のスキンケアがオススメです。

事前にシェービングをする

毛が伸びている状態で照射すると、毛のメラニン色素にレーザーが反応し火傷を引き起こしてしまうため、照射前には必ず剃毛する必要があります。

背中は自己処理が難しい箇所なので、だいたいのところではクリニック側が施術当日に対応してくれますが、別料金がかかる場合があるので事前に確認しておくことをおすすめします。

料金に含まれる範囲を確認しておく

脱毛はクリニックによって範囲が異なります。特に中のように面積が広いパーツは、上部と下部で分かれていたり、うなじや首、肩などが別料金だったりと自分が脱毛したい範囲とクリニックが設定している範囲が一致しているかの確認が必要です。特に毛深い人は、首と背中でくっきりと境界線ができてしまわないような範囲の選択が必要となるでしょう。

痛みのコントロール

産毛の脱毛は太い毛と比べると痛みが少ないとされており、麻酔などのケアは必要ないでしょう。ただ、範囲が広いため、持続的な熱感が辛いと感じることもあるかもしれませんので、痛みに弱い方は事前カウンセリングで確認することをおすすめします。

費用相場と施術の目安

費用

背中は上下でパーツ分けをしているクリニックがありますが、相場はトータルで10万~15万程度のところが多いようです。

施術にかかる時間

およそ10分~20分程度となっているようです。

目安の回数と期間

医療レーザー脱毛に必要な回数は、『2~3か月周期で5~6回ほど施術を受ければ、自己処理が楽になるレベルになる』というのが一つの目安です。期間にして約1年になります。更につるつる肌を目指したい方は、トータルで8~9回ほど施術するとその効果を実感できるでしょう。

ただし、実際にはその方の毛質や肌質、また利用する機械の種類によっても仕上がりや期間は多少変わると言われています。

クリニックの選びの注意点

産毛に効果のある脱毛機があるか

産毛はメラニン色素が薄いため、波長の長いダイオードレーザーやYAGレーザーを含む機械でアプローチすると効果が期待できます。

また、複数の機械を取り扱っているクリニックですと、効果がない場合でも別の機械で対応が可能なので確認すると良いでしょう。

リスク保証の有無(硬毛化や増毛化に対して)

レーザー脱毛は硬毛化や増毛化になる可能性があるため、料金の安さだけではなく、クリニック側のフォローに関しても事前にしっかり確認することをお勧めします。

背中脱毛の範囲の確認

クリニックによって上部と下部が分かれていたり、腰まで含んだりと設定は様々です。ご自身の希望する範囲と予算を考慮し、いくつかのクリニックを比較されると良いと思います。

通いやすさ・予約の取りやすさ

医療レーザー脱毛は、効果を実感するまで1年程度は継続的に通うことになるため、ご自身の活動範囲から通いやすい場所にあるか、予約が取りやすいかを確認しましょう。

まとめ

背中脱毛について、まとめてみました。

産毛の脱毛を効果的に行うには、いくつか脱毛機の特徴があることがわかりました。医療レーザー脱毛はサロン脱毛と比較すると1回の料金は高めですが、安全性と確実性があり、1年程度でキレイな肌が期待できるため、検討する価値は大いにあります。背中脱毛で、露出の多い服を着こなせる上品な女性への一歩を踏み出しましょう!

この記事が、皆様のお役に立てることを願っております。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ