表情ジワ改善のために、ボトックス注射(ボツリヌス注射)はもうすっかりお馴染みですが、ボツリヌストキシン製剤を浅く広く打つことでシワ取りとは違った効果を得ることができると言われている、マイクロボトックスをご存じでしょうか?
表情ジワ治療時のように筋肉に注射するのではなく、皮膚の浅い層にボツリヌストキシン製剤をまんべんなく注射することで、肌全体のハリ感アップや毛穴の引き締め、肌質改善といった効果が得られると言われている手法です。

「注入療法比較 何が違うの?ボトックスとマイクロボトックス」

表情ジワ改善のために、ボトックス注射(ボツリヌス注射)はもうすっかりお馴染みですが、ボツリヌストキシン製剤を浅く広く打つことでシワ取りとは違った効果を得ることができると言われている、マイクロボトックスをご存じでしょうか?

表情ジワ治療時のように筋肉に注射するのではなく、皮膚の浅い層にボツリヌストキシン製剤をまんべんなく注射することで、肌全体のハリ感アップや毛穴の引き締め、肌質改善といった効果が得られると言われている手法です。

この記事では、ボトックスとマイクロボトックスの効果の違いや、メリット・デメリット、費用相場などをご紹介します。

(「ボトックス」とは、アラガン社から販売されているボツリヌストキシン製剤「ボトックスビスタ」の商品名として商標登録されていますが、日本ではシワ取り注射の代名詞的に他社製の製剤も含めて「ボトックス」という名称が使われることがあります。
この記事では、マイクロボトックスに関しては、アラガン社のボトックスビスタを使用した治療法という前提で、ボトックス注射のことはここから「ボツリヌス注射」として表記いたします。)

ボツリヌストキシン製剤とは?

ボツリヌストキシン製剤とは?

ボツリヌストキシン製剤は、正式名称を「A型ボツリヌス毒素製剤」といいます。

ボツリヌス菌が産生するたんぱく質からできた毒素を分解・精製したもので、脳の指令を全身に伝える神経伝達物質・アセチルコリンの働きをブロックする、という特性があります。ボツリヌストキシン製剤を筋肉に注射すると、その筋肉には脳からの指令が伝わりにくくなるため、筋肉の収縮が抑えられる、もしくは弱くなります

神経伝達物質の働きを抑える効果を利用して、汗を抑える多汗症治療や、発達し過ぎた筋肉を小さくするエラ張りの改善ふくらはぎ痩せなどにも使われています。

ボツリヌス注射とマイクロボトックス 作用の違い

ボツリヌス注射とマイクロボトックス 作用の違い

ボツリヌス注射

深く針を刺し、表情筋へ直接ボツリヌストキシン製剤を注入します。するとその部分の表情筋が過剰に収縮することがなくなり、シワが寄りにくくなります

額や眉間、目尻、アゴの梅干しジワなどの改善が期待できます。また、若いうちからウチ続けることで、シワが深く定着することの予防にもなります。

マイクロボトックス

皮膚の浅い層にごく微量ずつ、何か所も広範囲にボトックスを注入します。
筋肉の表面線維だけの働きを弱めて、自然な表情を保ったままシワを改善することができ、同時に皮脂腺や汗腺の働きも抑えることで、皮脂の過剰分泌による肌トラブルを防ぐ効果も期待できます。

クリニックによっては「ボトックスリフト」「メソボトックス」とも呼ばれます。

効果とメリット・デメリット

ボツリヌス注射

表情を変えることで現れる「表情ジワ」に対する唯一の治療法です。具体的に眉間や額、目尻など、表情の癖によってシワが寄ってしまうという方におすすめです。
この注射を継続的に行うことで、年とともに表情ジワが戻らなくなって溝のように定着するのを、防ぐことも期待できます。

ダウンタイムが無く、部位にもよりますが比較的安価に受けられるので、手軽なのも魅力のひとつです。

注射の効果は2,3日後から現れて、2週間ほどでピークに達します。時間とともに効果は弱くなっていくので、効果を持続させるには定期的に継続して治療を受けることが必要だと言われています。
推奨されている治療間隔は、46ヵ月に一度といわれています。注射を繰り返すことで、徐々に持続期間が長くなるとも言われています。

ボツリヌス注射では、薬剤自体の副作用はあまり聞きませんが、注射をする場所によって失敗などのトラブルが起こることがあります。
例えば、眉毛が不自然につり上がってしまう「スポック・ブロー」という症状は、額を動かす表情筋同士のバランスが崩れることで起きる失敗事例の一つです。

他にも、注入をし過ぎることで、表情がなくなってしまうといったトラブルも報告されています。
また、眉間のシワの改善目的で額にあるまぶたを引き上げる筋肉を士官させてしまうことで、まぶたが下がってしまったり、上唇のシワや口角を上げるための注射で口回りが締まりなく間延びし、笑っても口元が動かず、引きつったような笑顔になったり、鼻の下が長くなってしまったりと言った失敗例もあります。

マイクロボトックス

筋肉全体ではなく、筋肉の表面線維だけに作用することで、自然な表情を保ちながらシワを改善へと導く治療法です。顔を下方向に引っ張る筋肉を緩めることで、リフトアップの効果も得られるとされています。

さらに、皮脂腺や汗腺の働きが抑えられることで、毛穴の開きやニキビ肌の改善、テカリ防止といったことも期待できます。
注射時の針による刺激でコラーゲンの生成が活発になり、頬を中心としてハリがUP、キメが整うとも言われます。

肌質改善やエイジングケアを希望する方に向いていると言われる治療法です。

ただし、治療の際に複数箇所に注射針を刺すため痛みがかなりあること、また、施術直後~当日は針痕が目立つといったデメリットもあります。

さらに、顔全体へ薬剤を注射するため、使用量が多くなり、表情ジワに対するボツリヌス注射よりも費用が高額になりがちです。

注射の効果は3ヵ月程度ですが、実感できるまでに、1週間ほどかかることもあるといわれており、こちらの治療法でも効果の持続には定期的な継続が必要です。

ボツリヌストキシン製剤の種類 

ボツリヌストキシン製剤の種類 

表情ジワの改善目的で使用される「ボツリヌストキシン製剤」には、ボトックスと呼ばれるアラガン社の製品以外にも、多くの種類があります。

製剤ごとの特徴をまとめた表が以下になります。

製剤名

 

特徴

ボトックスビスタ

アメリカ製

アラガンジャパン社

国内で唯一、厚生労働省から承認を受けた薬剤。安全性と信頼性がある。

注入時の痛みが少なく、ピンポイントで狙った部位に効果を発揮。

ディスポート

イギリス製

イプセン社

アメリカFDAの承認を受けている薬剤。

注入時の痛みが少ない。

注入後の浸透力が良く、広範囲に効果を発揮。

ゼオミン

(ボコーチュア)

ドイツ製

メルツ社

アメリカFDA、ヨーロッパCEマーク、韓国KFDAの承認を受けた薬剤。

常温保存が可能なので製剤としての安定性がある。複合タンパクをほとんど含まないため、中和抗体が産生されにくい。

コアトックス

韓国製

メディトックス社

動物由来原料不使用で、安全性が高い。
複合タンパク質を完全に除去しているので、中和抗体ができないとされている。繰り返し注入しても、本来の効果を長く維持することができる。

費用相場

費用相場

ボツリヌストキシン製剤はバイアルと呼ばれるビンに入った粉末状のものが多く、この粉末の量を「単位」といい、メーカーによって1バイアルに50単位や100単位の製剤が入っています。クリニックでは、これを生理食塩水で希釈して、注射します。

例えば1バイアル100単位の製剤を希釈する場合、注射液に含まれるボトックスの量はこのように変わります。

 

生理食塩水

注射液

0.1ccあたり

 

0.2ccあたり

 

0.5ccあたり

2.5ccで希釈

4単位

8単位

20単位

5.0ccで希釈

2単位

4単位

10単位

ボツリヌス注射の料金として、「1単位でいくら」と表示しているクリニックもあれば、「この部位ならいくら」「注射液0.1ccでいくら」と表示しているクリニックもあります。

料金の安いクリニックの中には、薄く希釈した注射液を使っているところもあり、効き目が弱い、薬剤が拡がり過ぎて想定外の部位にまで影響が出る、というトラブルにもなりかねませんので、注意が必要です。

尚、顔やシワに注射するときは高濃度で局所的に効かせる必要がありますが、ワキボトックスや肩ボトックスのように広範囲に効かせたい場合は低濃度のものが適していると言われています。

また、製剤の違い・製剤使用量の違い・医師の技術料の有無などで、料金体系が複雑です。製剤の料金の中に注入料が含まれるクリニックもあれば、注入料は別途加算、というクリニックもあります。痛みの少ない針での注射を希望する場合は別料金発生、ということもあります。カウンセリングの段階で、製剤の使用量や支払いの総額をしっかり確認しておきましょう。

製剤名

ボツリヌス注射(眉間1回)

マイクロボトックス(頬)

ボトックスビスタ

10,000~50,000

50,000~100,000

ディスポート

7,500~35,000

33,000~60,000

ゼオミン

25,000~50,000

50,000~60,000

コアトックス

6,000~25,000

あまり使われていない

 

注意すべき点

注意すべき点

  • ボツリヌス注射を継続して行なっていると、体の免疫がボツリヌス毒素表面にある複合タンパク質の構造をコピーして「中和抗体」という物質を作ることがあります。中和抗体はボツリヌス毒素を分解してしまうため、筋肉の動きを抑えるというボツリヌス注射が効かなくなってしまいます。体内で中和抗体が作られないようにするには、できるだけ注射の間隔を空ける(4ヵ月以上)ことです。また、ゼオミンやコアトックスのように複合タンパク質を取り除いた製剤を選ぶというのもひとつの方法です。

 

  • 施術する医師の知識や技術、センスによって、仕上がりに差が出る治療法です。各製剤メーカーが、独自に注入指導医や認定医などの制度を設けています。そういった資格を所持しているかどうかを、クリニック・医師選びの参考にすると良いかもしれません。特にアラガン社のボトックスは、年に一度の講習を受けていないと、取り扱いができないことになっています。ボトックスを使用しているクリニックは、そういった講習をきちんと受けているということですから、より信頼できると言っても良いでしょう。また、医師のスキルはなかなか見極めが難しいため、カウンセリングの際には症例写真を見せてもらうことをおすすめします。                       

まとめ

同じようにボツリヌストキシン製剤を使用する注入療法でも、注入する部位、方法によって得られる効果が変わります。

額や眉間、目尻など、「この表情ジワに悩んでいる」というのがはっきりしている場合にはピンポイントにボツリヌストキシン製剤を注入、毛穴開きやハリの改善、リフトアップといったお肌のトータルケアには、マイクロボトックスが効果的とされています。

いずれも、知識と経験のある、信頼できるクリニックで施術を受けることをおすすめします。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ