ヴェルヴェットスキンを実際に受けた方の感想では、「ハリツヤがUPした」「もちもちした肌触りで、毛穴も引き締まった感じがする」という声があるようです。施術を受けた直後からツルツル感や透明感などを実感できると言われていますが、術後〜数ヶ月にわたって徐々にコラーゲンやエラスチンが産生されるため、ハリ感や弾力アップの効果を継続して感じることができるとも言われています。

「ヴェルヴェットスキン」とは ダーマペン4マッサージピール(コラーゲンピール)を組み合わせた美肌治療です。マッサージピールに含まれる有効成分を、ダーマペンによって肌の深部まで浸透させることで、それぞれ単独で治療を行うよりもさらに高い効果が期待できます。

1回の治療でヴェルヴェットのような肌になれると有名女性誌などで数多く取り上げられ、美肌に関心のある女性たちの間で瞬く間に人気の治療になりました。ツヤのある滑らかな肌を目指す方に最適なワンランク上の美肌治療であるとともに、ニキビ跡や毛穴の開きの改善も期待できる治療です。

「ヴェルヴェットスキン」ってどういう治療?

「ヴェルヴェットスキン」ってどういう治療?

「ヴェルヴェットスキン」とは、ダーマペン4と、マッサージしながらPRX-T33という薬剤を塗り込むマッサージピール(コラーゲンピール)を組み合わせた施術です。

マッサージピールについて

マッサージピールとは、PRX-T33という薬剤を使用した全く新しいピーリング治療で、従来の剥離型ピーリングではなく浸透型ピーリングと言われています。PRX-T33に含まれるTCA(トリクロロ酢酸)が皮膚の深層にある真皮層に働きかけ、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を司る組織の増生を促すとされています。そのため、従来のピーリングでは改善が難しかったしわたるみも改善へと導きます。肌のハリ、ツヤUPに即効性を感じられるとして、ピーリングの中でもここ数年特に人気があります。

PRX-T33にはTCA(トリクロロ酢酸)過酸化水素コウジ酸、の3つの成分が配合されています。TCA(トリクロロ酢酸)は表皮細胞の新陳代謝を促すとともに、真皮層まで浸透してコラーゲンの生成を促すとされています。TCAのコラーゲン増生効果は以前から知られていたものの、TCA単体では皮膚へのダメージが強く(赤み、皮ムケ、色素沈着など)特に色素沈着を起こしやすい日本人にはあまり向かない薬剤だと言われていました。PRX-T33は、このTCAに低濃度過酸化水素を配合することで、コラーゲンを作り出すというTCA本来の効果を残しつつ、表皮へのダメージを最小限に抑えることを可能としました。
さらにコウジ酸にはメラニンの沈着を抑えシミ・くすみを改善する美白効果が期待できるため、より美肌効果が期待できます。
PRX-T33のコラーゲンの生成元である線維芽細胞を刺激する作用は、ニキビ跡や毛穴、肉割れ、妊娠線、傷痕改善にも有効だと言われています。

☆ピーリングについての詳しい記事はコチラ→ 

 

ダーマペンについて

ダーマペンは、先端に極細の針が複数本ついた特殊なマシンで皮膚表面に微細な穴をあけ、できた傷を修復しようとする自然治癒力を利用して肌の再生を図る治療法です。傷を修復しようとする過程で、肌の内部ではコラーゲンやエラスチンが大量に産生されるため、肌のハリが復活し、毛穴の開き、ニキビ跡、小ジワ、たるみの改善が促されます。ダーマペンは顔以外にも使用でき、二の腕の毛穴のブツブツ(毛孔性苔癬)や、妊娠線、傷痕の治療にも有効だと言われています。非常にシンプルな治療ですが、長年ニキビ跡の治療に用いられて効果を出してきた実績があります。
2018年に登場した最新モデルのダーマペン4は、従来のものと比較すると、動きや精度が格段にパワーアップしました。針の長さも0.1mm単位で設定可能なため、一人ひとりの肌状態に合わせて最適な深さへ針が到達することができ、より効率的な治療が行えます。最大3.0㎜の深さまで針を差し込むことができるため、皮膚の深い層にまでダメージが進んだクレーター状のニキビ跡にも効果を発揮すると言われています

☆ダーマペンについての詳しい記事はコチラ→ 

 

ヴェルヴェットスキン」で期待できる効果

「ヴェルヴェットスキン」では、ダーマペン4の施術後に、PRX-T33を皮膚にマッサージしながら塗り込みます。ダーマペン4であけた針穴からPRX-T33の成分が肌の奥まで浸透するため、より多くの成分を肌内部に取り込むことができます。
単体でも十分効果のあるダーマペンマッサージピールを組み合わせることで、それぞれ単独で治療を行うよりも高い相乗効果が生まれると言われています。

美肌効果

ヴェルヴェットスキンを実際に受けた方の感想では、「ハリツヤがUPした」「もちもちした肌触りで、毛穴も引き締まった感じがする」という声があるようです。施術を受けた直後からツルツル感や透明感などを実感できると言われていますが、術後〜数ヶ月にわたって徐々にコラーゲンやエラスチンが産生されるため、ハリ感や弾力アップの効果を継続して感じることができるとも言われています。

ニキビ跡に

通常ヴェルヴェットスキンではダーマペンの針を0.2㎜~0.5㎜程度に設定し、皮膚の浅い層にあてていきますが、お悩みの種類によって針の深さを調整することが可能です。針の深さが深くなるほど効果は高くなると言われていますが、その分治療後の赤みやダウンタイムも比例して大きくなるとされています。ニキビ跡の凸凹、毛穴の開きの改善をしたい場合には1.5〜2㎜程度の深さが推奨されています。深さを3mmまで調整できることで、今まで治療が難しかったクレーター状のニキビ跡も改善へと導くと言われています。この場合最低でも5回以上継続して治療することが推奨されています。
またヴェルヴェットスキンは、顔だけでなく首や身体にも施術が可能です。首元のしわやたるみ、二の腕のブツブツ、妊娠線や傷痕などの症状の改善も期待できます。

【ヴェルヴェットスキンに適している方】

  • 肌をトーンアップさせたい
  • 肌にハリや潤いがほしい
  • ダウンタイムが少なく短時間で悩みを解決したい
  • ニキビやクレーターが気になる
  • 毛穴の開きを改善したい
  • 傷痕、妊娠線を薄くしたい

ヴェルヴェットスキンの施術について

ヴェルヴェットスキンの施術について

痛みや赤みはどれくらい?ダウンタイムは?

施術前に麻酔クリームを塗るため、ダーマペンの針を刺すときの痛みはあまり感じないが我慢できる程度だと言われています(痛みの感じ方には個人差あり)。ダーマペン後にマッサージピールの薬剤を塗布する際は、少し熱くピリピリ(灼熱感)とした痛みを感じることがありますが、薬剤は浸透後すぐにふき取るので、ヒリヒリ感は長く続かないと言われています。
ニキビ跡、毛穴改善目的などでダーマペンの針を深く設定した場合は、痛みや赤みは強くなります。マッサージピールの薬剤もより奥まで浸透するので、刺激も多少強くなるでしょう。

術後の経過(※経過には個人差があります)

施術当日 :施術直後は赤みやひりつきがある。メイク・洗顔は翌日より可能。
  翌日 :ひりつきは治まるが、赤みは残っている。
   3-4日目  :皮剥けが生じる場合も。(特に皮膚が薄い口回りや目の周り)
 5-6日目  : 皮剥けが治まる。ハリ、透明感、ツヤ、滑らかさなどの効果が期待できる。

赤みや皮剥けにはかなり個人差がありますが、ダウンタイムはおよそ5~6日程度だと言われています。ダーマペンによる針穴がふさがった翌日からはメイクも可能だといわれています。ニキビ跡、毛穴改善を目的とした治療は、赤みが4~5日続く場合があるので施術後の予定に注意して予約を入れましょう。

費用・施術間隔・回数について

費用はクリニックによって異なりますが、およそ40,000円前後です。1回の施術でも十分美肌効果を実感する人が多いようですが、1か月に1度の治療を3~5回程度継続して行うと肌質の改善、コラーゲンの増生に高い効果が期待できます。

費用の目安130,000円~50,000
 施術時間40~60
 施術間隔3~4週間毎に3~5回の施術が望ましい

まとめ

「ヴェルヴェットスキン」に関する情報をまとめました。1つの治療で様々な効果が期待できるため、同年代に差をつけるエイジングケアとして、セルフケアでは改善が難しいニキビ跡や毛穴の治療として、ヴェルヴェットスキンという選択肢を覚えておくのもいいかもしれません。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ