市販の化粧品やサプリメントは、体質によっては合わないこともあります。そんな時は美容クリニックへの相談もひとつの方法です。クリニックで受けられる施術で、ニキビ跡の改善が期待できるレーザー・光治療、ケミカルピーリング、イオン導入ご紹介します。

ニキビ跡が消えない…5つの種類別でみるニキビ跡の悩みを解消する方法

毎日スキンケアをしていてもニキビはできてしまうことがあります。さらに、そのニキビが膿んで潰れてしまったり、いつまでも赤みがかってしまったりするとやっかいです。頑張ってメイクをしても隠し切れないニキビ跡になると、鏡を見るたび憂鬱になりますよね。時間の経過とともに、ニキビがだんだん薄く、目立たなくなることもあります。しかし、できるだけ早く治せる方法があれば実践したいと思うのではないでしょうか。そこで今回は、ニキビ跡の悩みを解消する方法についてご紹介します。

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡は、主に4つの種類に分けられます。それぞれの種類と原因について、まずは確認していきましょう。

赤いニキビ跡

赤いニキビ跡

治ったと思われるニキビでも、詰まった毛穴の中に炎症物質が残っているために、肌に赤みが出ることがあります。これが赤ニキビです。また、炎症により壊れた細胞を修復するため毛細血管が開いた状態になっていることが、赤く見える原因です。

茶色のニキビ跡・色素沈着

茶色のニキビ跡・色素沈着

肌に炎症が起こると、メラニンをつくる細胞が活性化することがあります。大量に生成されたメラニンがニキビ治癒後も残り、色素沈着化して茶色く見えてしまうことが茶色いニキビ跡の原因です。また紫外線や摩擦といった外的刺激も色素沈着を促します。

クレーター状のニキビ跡

クレーター状のニキビ跡

ニキビの炎症により脂腺や毛包の破壊が起こり、お肌の深層部である真皮まで傷つくことがあります。ダメージを受けた真皮やその周りのコラーゲンが治癒の過程で収縮すると、その表面が陥没して、クレーターのような凹みが生まれてしまうのです。尚、直径が2ミリ以下の先が細い穴のようなニキビ跡のことはアイスピック型といい、治療が難しいと言われています。

しこり状のニキビ跡・瘢痕

しこり状のニキビ跡・瘢痕

ニキビが悪化すると、しこりとして残ることがあります。場合によってはぷっくりと盛り上がってしまうことも・・・。これらは体質に起因するため、ニキビを作らせない、悪化させないことが大事です。

そもそもニキビができる原因とは

そもそもニキビができる原因とは

皮脂の過剰分泌や毛穴入り口付近の角質が厚くなることで、毛穴の中に皮脂が詰まります。すると、毛穴の中に溜まった皮脂をエサにアクネ菌などの細菌が過剰に増殖し、炎症を起こしてしまうのです。これがニキビの主な原因です。

ニキビ跡を解消するためのセルフケア

ニキビ跡を解消するためのセルフケア

ニキビ跡の悩みを解消するには、どのようなケアをすればいいのでしょうか。以下にニキビ跡別にオススメしたいセルフケアをまとめました。

赤いニキビ跡:ビタミンCをフル活用

肌の修復が完了すれば赤みは自然と消えていくでしょう。早くきれいにしたい場合は、ビタミンC誘導体の化粧水や美容液もオススメです。

参照:吉木伸子・岡部美代治・小田真規子「正しいスキンケア辞典」P140参考

ビタミンC誘導体のスキンケア用品は、ニキビ跡の赤みを和らげる他、多少ではありますが皮脂の分泌を抑える作用が期待できます。

茶色いニキビ跡・色素沈着のニキビ跡: メラニン対策

メラニンが過剰な状態である茶色いニキビ跡には、メラニンの排出を促すと言われるL-システインやビタミンC、メラニンの生成を抑制するアルブチンやトラネキサム酸、コウジ酸といった成分が含まれる化粧水やクリームがオススメです。他には、メラニンを分解してくれるハイドロキノンが含まれている美容液やクリームもオススメです。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、ビタミンCやコウジ酸と比べて100倍の威力があるとも言われています。使用時は十分に注意しましょう。また肌のターンオーバーを活性化してくれるレチノールが含まれている化粧水や美容液もオススメです。これらの成分が含まれている市販のサプリ等を利用するのもよいでしょう。

クレーター状・しこり状のニキビ跡:セルフケアでの改善は難しい

クレーター状やしこり状のニキビ跡は、ダメージが肌の深層部である真皮にまで及んでいることが多いため、セルフケアでの改善は難しいと言えます。

セルフケアには限界が・・・クリニックでの施術で解決を目指す方法も

ニキビ跡を解消するためのセルフケア

市販の化粧品やサプリメントは、体質によっては合わないこともあります。そんな時は、美容クリニックへの相談もひとつの方法です。クリニックで受けられる施術で、ニキビ跡の改善が期待できるものをご紹介します。

レーザー・光治療

レーザーや光を使用した施術は、沈着したメラニン色素を破壊して排出する作用があるため、シミのようになったニキビ跡を浮き上がらせ、肌から剥がれ落ちやすくしてくれます。細胞のターンオーバーを促す作用により、クレーター状になったニキビ跡にも多少の効果が期待できます。

ケミカルピーリング

お肌に薬剤を塗って、毛穴に詰まった汚れや古くなった余分な角質を溶かす施術です。肌のターンオーバーも促すため、特にニキビ予防や色素沈着化したニキビ跡の改善に力を発揮します。使用される薬剤はグリコール酸、サリチル酸、フルーツ酸など、クリニックによってさまざまです。施術前にお肌の質や状態をチェックして、その人に合った薬や強さを選んで施術してくれます。

イオン導入

イオン導入器を使ってお肌の表面に微弱な電流を流し、美容成分を肌の奥まで浸透させる施術です。美容成分を手やコットンで直接つけるだけに比べ、美容成分の浸透率は30倍以上になると言われています。ケミカルピーリングで余分な角質を取り除いてからイオン導入をすると、さらに効果が期待できます。電気を流すとイオン化される成分のみが使用でき、高濃度ビタミンCやトラネキサム酸、プラセンタなどがイオン導入で使用される代表的な美容成分となります。

その他

クレーターのようなニキビ跡には、フラクショナルレーザー・水光注射・ダーマペンなどの施術があります。これは、微小なレーザー光や極細の針で真皮層に微細な穴をあけ、肌が治癒する過程でコラーゲンやエラスチンなど組織の再生を促します。新しい肌細胞が生まれることでクレーターとなったニキビ跡の改善が期待できます。また、穴の開いた状態で、細胞を活性化させる美容成分を浸透させることで、さらなる効果が得られます。

色素沈着ニキビ跡には、美白に効果のあるビタミンCやトラネキサム酸、L-システインの内服薬、レチノールやハイドロキノンを配合した外用薬を処方してもらえることがあります。クリニックで処方されるものは、市販品と比べて濃度が高いため、その分効果も期待できます。

まとめ

セルフケアでニキビ跡が改善できれば理想ですが、ニキビ跡の状態などによっては改善が難しいこともあるでしょう。そのような場合には、医療美容クリニックの医師に相談してみるのもひとつの方法です。また何よりニキビを作らないようにすること、炎症を長引かせないことが大切ですので、早めに対処しましょう。保険診療で外用剤などのニキビ治療がきますので、皮膚科を受診することもオススメです。
今回、ニキビ跡が消えないという悩みの解消法をご紹介しました。こちらの記事があなたの悩み解決に役立てば幸いです。

 

関連記事はこちら

治りにくい&繰り返す大人ニキビに 症状別・クリニックでの治療メニュー

 

記事監修

東京医科大学医学部医学科卒業。東京女子医科大学病院で研修後、皮膚科学教室に入局。東京女子医大病院、JR東京総合病院勤務を経て、都内の美容クリニック、皮膚科クリニックに勤務。現在はつちやファミリークリニックにて、副院長として皮膚科診療に従事。
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本美容皮膚科学会会員
日本臨床皮膚科医会
日本抗加齢医学会会員

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ