シミの一種である「肝斑(かんぱん)」は、通常のシミとは違ってデリケート。治療方法に注意が必要といわれています。
フォトフェイシャルはシミ改善ができる治療方法として人気ですが、肝斑治療においては改善することもあればかえって悪化させてしまうリスクも。
今回は、フォトフェイシャルによる肝斑治療の特徴や、おすすめのマシンをご紹介します。

肝斑治療

肝斑とは

美容ヒフコ公式LINEアカウント

肝斑とは、 30〜50代の女性に多くみられるシミの一種のこと。一説によるとシミに悩む30〜50代の約3人に1人に、肝斑の可能性があるともいわれています。
肝斑の特徴は、両ほほ骨に沿って左右対称にモヤっと薄茶色く広がることが多く、額や口の周りにできることもあるそう。
はっきりとした原因は分かっていませんが、紫外線・ホルモンバランス・ストレス・過度のマッサージなどによる刺激が関係しているともいわれています。

フォトフェイシャルで肝斑は治療できるか?

フォトフェイシャルでの肝斑治療は、「肝斑を目立たなくすること」を目的としているため、完全に消すことは難しいようです。また、一旦はよくなったものの、また再発してしまう可能性もあります。
医師によって主張も分かれていて、効果が期待できるという意見もある中、レーザーや光照射による刺激を与えることで、かえって悪化してしまうという意見も。
フォトフェイシャルの機種によっては、デリケートな肝斑にあわせて出力を調整できるものがあるので、そのようなマシンが設置されているクリニックを探し、しっかりと医師に診てもらってから治療を開始するのがよいでしょう。

肝斑治療が可能といわれているフォトフェイシャル機種とは?

刺激に敏感でデリケートな肝斑を治療するためには、その部分に適したパワーで照射を行うことが大切です。
一般的にフォトフェイシャルで肝斑治療を行う際は、光の出力を調整するためのフィルターを使用します。
実際に肝斑治療で人気のフォトフェイシャルを下記でご紹介します。クリニックによっては肝斑への使用をおすすめしていない場合もあるので、事前に医師に確認してみてください。

フォトフェイシャルM22

M22は厚生労働省より薬事承認を受けている医療機器。肌の特徴や治療目的にあわせ、6種類のフィルターで波長を調整できます。
肝斑治療には640nm(ナノメーター)の波長フィルターを使用し、肝斑を悪化させてしまう可能性のある波長はカットしつつ照射できるといわれています。
また、M22は肝斑治療だけでなくシミ・そばかす・赤ら顔・ニキビ跡の赤み・毛穴など、さまざまなお悩み治療に対しても人気が高いマシンです。

関連機器・製剤情報
フォトフェイシャル
フォトフェイシャル

セレックV

セレックVは、美容大国でもある韓国の大手メーカーによって開発された機器。M22同様、専用のフィルターを使用して波長を調整します。
また、セレックVは波長だけでなく照射モードも調整することが可能です。肝斑治療においては、より低刺激で照射時間を短くできる「トーニングモード」を選べます。
独自の表面温度モニターシステムが搭載されているため、火傷のリスクや肌負担が少ないと点も見逃せない特徴です。

関連機器・製剤情報
フォトフェイシャル
フォトフェイシャル

フォトフェイシャルで肝斑を治療する前にやっておきたいこと

肝斑は摩擦や紫外線が原因のひとつともいわれています。人によっては「顔をこすらない」や「日焼け止めを使う」などの生活習慣を改善することで、肝斑が薄くなる可能性も。

まずは紫外線を防ぎ、スキンケアやメイク時の摩擦を徹底的になくすなどの生活習慣を見直したうえで、内服(トラネキサム酸)・外用薬(ハイドロキノン)を試し、それでも改善しなければフォトフェイシャルを受けるという段階を踏んでみても良いかもしれません。
こちらの記事を内部リンク予定です

まとめ

フォトフェイシャルによる肝斑治療をご紹介しました。
肌の炎症とも呼ばれるデリケートな肝斑。フォトフェイシャルでの改善に期待がもてますが、治療を行う際には細心の注意が必要です。
肝斑で悩んでいる方や、自分にあった肝斑治療法を探している方は、まずはカウンセリングに足を運び、肌チェックを受けてみてはいかがでしょうか。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!