「ニキビは思春期の肌トラブル」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
実は、大人の女性でもニキビの悩みを抱えている方が多くいるのです。

大人ニキビは、何度も繰り返したり跡が残ったり、メイクで隠しきれなかったり…。
悩みの種になることも多い肌トラブルです。

この記事では、美容医療の現場でもおすすめされている大人ニキビに効果的なスキンケアをご紹介します。

ニキビ,スキンケア

ニキビが気になる肌のスキンケアのポイント

美容ヒフコ公式LINEアカウント

大人ニキビの治療法は数多くありますが、特に始めやすいのは自宅でのスキンケアを見直すこと。ニキビ肌のスキンケアでは、ニキビができにくい肌環境にととのえることが重要です。

大人ニキビの原因は、ストレスや生活習慣の影響によるターンオーバーの乱れなどが関わっているといわれています。スキンケアのポイントは、毛穴詰まりの原因にもなる過剰な皮脂分泌をケアし、炎症を落ち着かせ、さらにニキビ跡を予防することが大切です。

すでに出来ている大人ニキビは皮膚科処方薬での治療をメインとし、スキンケアでは毛穴詰まりやニキビ跡の予防や保湿をするとよいでしょう。

ニキビ肌におすすめ成分①ビタミンA(レチノール)

エイジングケアに大人気のビタミンA(レチノール)。コラーゲン・エラスチン生成によるハリ・弾力強化やシミ・毛穴のケアなど、幅広い効果が期待できると名が知れていますが、大人ニキビに対しての働きにも注目の成分です。

ビタミンA(レチノール)による大人ニキビへのアプローチは、過剰な皮脂分泌をおさえて肌の代謝を整えることで、毛穴詰まりや新たなニキビの発生・ニキビ跡の予防、また、ニキビ改善のサポート効果にも期待が持てます。

さらに、皮膚を厚くしてバリア機能を高めることで保水力もUPし、外的刺激を受けにくく、トラブルの起こりにくい肌を目指せるのです。

ビタミンA配合おすすめスキンケア・ゼオスキン デイリーPD

ゼオスキン,デイリーPD

出典:https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_antiaging.html

ドクターズコスメとして特に人気のゼオスキン。

ゼオスキンのデイリーPDは、過剰な皮脂分泌をおさえてターンオーバーを促進することで、大人ニキビの予防・改善が期待できると謳われている美容クリームです。

ビタミンAには複数の形態がありますが、そのなかでも特に、本製品に配合されている「パルミチン酸レチノール」は肌への刺激が少なめでマイルドといわれています。

ビタミンA化粧品にありがちな赤みや皮ムケが起こりにくく、刺激を避けたい大人ニキビの治療中にも使いやすいアイテムといえるでしょう。

1本で紫外線による肌の老化対策とニキビケアを同時に希望する人へおすすめです。

しかし、すでに毛穴詰まりを除去する外用薬などを使用している場合は、赤みや皮むけ予防のためにビタミンA配合スキンケアを使用できない場合も。

もしお使いであれば、事前にかかりつけの医師に確認してから使用してください。

ニキビ肌におすすめ成分②ビタミンC誘導体

毛穴の開きやシミ、くすみ、ニキビ跡の色素沈着などへ働きかけると人気のビタミンC。

皮脂分泌のコントロールやターンオーバーの改善も期待でき、大人ニキビに悩む方にぴったりの成分です。

ビタミンCは、そのままの状態では酸素や熱に弱く肌に吸収されにくい特徴があります。そのような弱点を改良したのが「ビタミンC誘導体」。ビタミンC誘導体は肌への浸透がよく、働きが長時間持続するといわれています。

ビタミンC誘導体には水溶性・脂溶性・新型(両生)と3種類あり、なかでも低刺激で肌トラブルのリスクが少なめの「新型ビタミンC誘導体」がおすすめ。

ビタミンAやEとの相性もよいといわれており、併用することで相乗効果にも期待できます。

ビタミンC誘導体配合おすすめスキンケア・ビューティフルスキン Cフォーカスエッセンス

ビューティフルスキンCフォーカスエッセンス

出典:https://www.beautifulskin.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&pid=11004

最新のビタミンC誘導体を2種類配合した美容液。大人ニキビによる赤みや炎症を落ち着かせながら過剰なメラニン生成を抑えることで、ニキビ跡を残りにくくする効果が期待できます。

ビタミンC誘導体に加えて、エイジングケアで注目の抗酸化成分「フラーレン」も配合。
大人ニキビのケアと同時に、シミや毛穴の開きや、肌老化のもととなる活性酸素や毛穴の黒ずみ対策もしたい方におすすめです。

ニキビ肌におすすめ成分③セラミド

肌を乾燥から守るために重要な働きをしているセラミド。私たちの肌にもともと備わっている成分でもあります。

大人ニキビの治療中は、薬の影響で肌が乾燥しがち。乾燥が進むことで外部からの刺激を受けやすくなったり、角質が厚くなったりして、それがニキビを繰り返す原因になることも考えられます。

セラミドは、バリア機能の正常な働きをサポートし、保湿力を高めて外的刺激を受けにくい肌へ整えるといわれており、ニキビ治療中の方に適した美容成分です。

一般的な化粧品に配合されるセラミドは大きく分けて4種類。なかでも私たちの体内にあるセラミドに似ていて肌への浸透・吸収率に優れ、高い保湿効果が期待できる「ヒト型セラミド」配合の製品がおすすめです。

ヒト型セラミド配合おすすめスキンケア・ラブミータッチ スキンバリアナノミルク

ラブミータッチ,スキンナノバリアミルク

出典:https://dr-beautopia.com/products/20094-018/

ヒト型セラミドを含め、保湿効果に優れた7種類のセラミドを配合した乳液。保湿力をさらに高める「NMF(天然保湿因子)」も配合しています。

くわえて、乾燥が進みデリケートになり、炎症を起こしやすくなっている肌の鎮静が期待できる「グリチルリチン酸2K」や「アラントイン」も配合。マスクの摩擦などによって荒れたお肌にもおすすめです。

水のようなテクスチャーですっと染み込むウォータータイプの乳液なので、さっぱりなのに保湿もできる製品を探している方はぜひチェックしてみてください。

スキンケアを見直してもニキビが治らない時は早めに美容皮膚科で相談を

大人ニキビは、早期回復・跡を残さないためにも、初期段階のうちに適切な治療を受けることが重要です。
「もうすでに皮膚科で治療しているのになかなか改善しない…」という場合は、使用している薬や治療方法が合っていない可能性も。

その場合は、一度ニキビ治療専門のクリニックで相談してみるとよいでしょう。

まとめ

ストレスや生活習慣の乱れ・肌の乾燥など、さまざまな要因が絡み合ってできるといわれている大人ニキビ。皮膚科にかかり適切な指導をうけつつ、自宅でのスキンケアを見直すことで、ニキビができにくい肌環境を整えられるでしょう。

ご紹介したスキンケア製品は、現在手持ちのアイテムに組み合わせることも可能です。
現在の肌状況に合いそうなものやニキビ以外への働きかけもチェックして、ご自身にぴったりのアイテムを選んでみてください。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!