シミの中でも特に治療が難しいといわれている肝斑。
30代以降の女性にできやすいイメージもあるかもしれませんが、20代から肝斑に悩む人も増えているようです。
また、今はできていなくても、将来のために若いうちからケアしておくことも重要。
今回は、20代でも肝斑ができる理由や、すぐに始められる予防・改善方法についてまとめました。

肝斑,20代

肝斑は20代からできる?原因や特徴について

美容ヒフコ公式LINEアカウント

肝斑は、30~40代の女性に多く見られるといわれていますが、20代からできることもあります。

まずは、なぜ肝斑ができるのか、シミとはどう違うのか、原因や特徴を知っておきましょう。

肝斑の特徴

肝斑は、ほかのシミとは異なり、両頬やあご、口の周りなどへ、輪郭のはっきりしない薄茶色の色素斑が左右対称に現れやすい点が大きな特徴です。

一般的に肝斑は30〜40歳代に発症年齢が集中しており、症状が見られるのはだいたい50歳代後半くらいまでがほとんど。

しかし、肌の奥で炎症が起きている状態のため、少しの摩擦刺激などで悪化や再発を繰り返しやすく、20代のうちから肝斑に悩む人も珍しくありません。

肝斑について詳しくはこちらの記事もご参照ください。

20代でも肝斑ができる原因

肝斑ができる主な原因には女性ホルモンが関係していることが多く、ホルモンバランスが崩れることでシミの素となるメラノサイト(色素細胞)が活性化されるためと考えられています。

妊娠や出産、生活習慣の乱れやストレスなどで女性ホルモンのバランス乱れることにより、20代から肝斑に悩む人が増えているようです。

また、ほかのシミと同じように、肝斑も紫外線を浴びると悪化しやすい傾向にあります。

ピルの服用や強い摩擦を伴うスキンケア習慣、無理なダイエットなども20代の肝斑発症のきっかけとなることがあるため、治療や予防には生活習慣から見直す必要も出てくるでしょう。

シミと肝斑の見分け方

肝斑はほかのシミとは異なる特徴があるため、迷った時は以下のポイントを参考に見分けてみてください。

特徴 肝斑 シミ
境界線 ぼんやり くっきり
大きさ

顔の左右対称に

できやすい

大きさは不揃い
淡い褐色 褐色から茶色

    肝斑の特徴である左右対称の色素斑は、老人性色素斑などのシミでも現れることがあります。

    肝斑と同じ部位にシミが重なってできることもあるので、自己判断が難しい場合は皮膚科で医師の診察を受けるとよいでしょう。

    20代でできる肝斑の治療法

    肝斑の治療方法はいくつかありますが、何から始めるかは肌状態により異なります。

    治療法には、レーザーなどの治療と、外用薬や内服薬を用いた治療に分かれており、複数の方法を組み合わせるとより効果的です。

    内服薬による治療

    肝斑治療は、主にトラネキサム酸という内服薬が処方されることが多いです。

    トラネキサム酸はメラニン生成を阻害し、肝斑の発生を抑えると同時に薄くする効果が期待できるものです。

    また、炎症を抑えるはたらきもあるため、風邪薬などへ配合される成分でもあります。

    トラネキサム酸単体でもある程度の効果は見込めますが、ビタミンC(シナール)や美白外用剤をあわせて使用するとより効果的。
    飲み続けることで、肝斑の予防効果も期待できます。

    レーザートーニング・光治療などの治療

    肝斑は、微弱な出力でメラノサイトの活性化を抑えながら肝斑を薄くしていくレーザートーニングや、ケミカルピーリング、トラネキサム酸などの有効成分を浸透させるイオン導入などの種類があります。

    肝斑以外のシミや毛穴の開きなどにも効果があり、肌全体が明るくなるなどのメリットもあります。

    ただ、これらの治療は肌質に合った適切な方法を選ばないとかえって悪化してしまう可能性もあるため、症状をしっかり診断してくれるクリニック選びも重要です。

    外用薬による治療

    肝斑の治療では、ハイドロキノン、トレチノインなどの外用薬も効果的。

    メラニン生成を予防するハイドロキノンと、肌代謝を促すことでさまざまな肌質改善が期待できるトレチノインを併用します。

    ハイドロキノンは「肌の漂白剤」といわれるほど美白効果に定評がありますが、浸透力が低いため、トレチノインをと同時に使用することで浸透力を高めます。

    外用薬は使いはじめに肌の赤みや皮むけが起こる可能性もあるため、肌が敏感な人は外用薬の濃度や使用頻度についてクリニックでよく相談してから使い始めるようにしてください。

    ドクターズコスメによる治療

    外用薬では赤みや皮むけが生じる可能性もあり、作用が強すぎることが心配な場合は、ハイドロキノンやビタミンA(レチノール)、トラネキサム酸配合のドクターズコスメを使用するのもおすすめです。

    ガウディスキンHQクリア

    ガウディスキン,HQクリア

    出典:http://mizuguchi-clinic.jp/product/2021/08/31/%E3%80%8Chq%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%8D%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%96%B9%E6%B3%95/

    • ハイドロキノン配合
    • 価格:9,900円(税込)
    • 内容量:60g

    4%ハイドロキノン配合。

    日本人の肌に合わせて作られており、成分濃度を調節することで刺激を少なくしてあるため、敏感肌の人も安心して使用できます。

    治療に近いホームケアとして大人気のゼオスキン・セラピューティックのミラミン・ミラミックスの代わりとしても使用可能です。

    肝斑の他にシミやくすみを抑え、高い美白効果が期待できるでしょう。

    ゼオスキン デイリーPD

    ゼオスキン,デイリーPD

    出典:https://www.cutera.jp/zoskinhealth/products/cream_basiccare.html#Daily-PD

    • ビタミンA(レチノール)配合
    • 価格:21,780円(税込)
    • 内容量:50ml

    肌への刺激が少ないパルミチン酸レチノール配合。

    皮むけなどの副反応が起こりにくいマイルドな使い心地。肌代謝を促進し、シミや肝斑改善効果を高めます。

    ハイドロキノンやビタミンC配合スキンケアと併用するとさらに効果的です。

    ナビジョンDR TAホワイトエッセンス

    ナビジョンDRTAホワイトエッセンス

    出典:https://navision.iwakiseiyaku.co.jp/s311378.html

    • トラネキサム酸配合
    • 価格:11,000円(税込)
    • 内容量:45ml

    トラネキサム酸と4MSK(サリチル酸誘導体)、2つの美白有効成分を配合。

    メラニンの生成を抑えて肝斑やシミ・ソバカスを集中ケアする薬用美白美容液。

    顔全体の透明感を高めたい時におすすめです。

    20代からのケアが重要!肝斑の予防法

    肝斑の主な原因は女性ホルモンと考えられていますが、実際には解明されていない部分も多いのが現状です。

    紫外線や肌への摩擦など外的要因によって悪化することもあるため、肝斑の予防はそれぞれの生活習慣に合わせたケアを検討してみてください。

    クリニックでの治療を受けると同時に、ふだんの生活から予防方法を見直すことで肝斑の改善効果が高まることも期待できます。

    肝斑予防法①徹底した紫外線対策

    肝斑は、ほかのシミと同じように紫外線で悪化する可能性があるので、日ごろから徹底した紫外線対策をすることで予防につながります。
    日焼け止めを塗るだけでなく、外出時には日傘や帽子も併用し、極力直射日光に当たらないことを意識してみましょう。

    肝斑予防法②婦人科で相談

    肝斑の治療では皮膚科を受診する人も多いかと思いますが、女性ホルモンが影響していることもあるため、生理不順などがある人は婦人科で相談してみるのもよいでしょう。

    また、ピルの服用で一時的に肝斑が悪化することもあるため、肝斑の悪化が見られた場合は医師と相談し、服用の継続や他の治療方法について指示を仰いでください。

    肝斑予防法③普段の生活での摩擦刺激に注意

    肝斑は摩擦によって発症・悪化する可能性が非常に高いです。

    クレンジングや洗顔時の摩擦に注意している人は多いと思いますが、美容液やクリームなどのスキンケアや、日焼け止め・ベースメイクを塗る時の摩擦刺激は見落としがちではないでしょうか。

    また、マスクでの摩擦で肌に負担がかかってしまうことも増えているので、肌に優しい素材を選ぶなど、普段の生活で顔に触れるものに注意してみましょう。

    20代からの肝斑ケアまとめ

    30代以降に多くみられる肝斑ですが、20代から発症することも増えており、日頃のケアが肝斑の予防や改善につながることも考えられます。

    すでに肝斑ができている場合も、将来的に肝斑の心配がある場合も、早めのケアが改善と予防には効果的なので、今から紫外線対策や生活習慣に注意してみてくださいね。

    ※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

    ※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

    ※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

    コラム一覧

    美容ヒフコ公式LINEアカウント

    ページトップへ
    × 今すぐ美容ヒフコで検索!

    ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
    値段比較もできる!

    今すぐ美容ヒフコで検索!