高い保水力を利用して、肌を内側から持ち上げるために使われているのが「ヒアルロン酸皮膚充填剤」です。もともと体内に存在する成分であるヒアルロン酸を主原料としているので、皮膚へのなじみが良く、アレルギーを起こしにくいことから、美容医療で広く用いられています。ヒアルロン酸皮膚充填剤を皮下に注射することで、凹みやシワを目立たなくしたり、顔のパーツを整えたりすることができるのが、「ヒアルロン酸注射」です。

「ヒアルロン酸注射」ってよく聞くけど、どんなことができるのかな?
「あんな顔になりたい」憧れのアイドル、いくつになっても若々しいあの女優さん…、みんなヒアルロン酸注射でケアをしてるって噂だけど、そんなに良いものなのかな?
ヒアルロン酸注射は、シワやたるみの改善といったエイジングケアはもちろんのこと、美に関する様々なコンプレックス解消のために広く使用されています。

今回は、「ヒアルロン酸注射でどんなことができるのか」を、お悩みに適した注入方法や製剤、注意点も含めて、調べてみました。

ヒアルロン酸注射とは?

ヒアルロン酸は人の体の中で自然に作られる成分です。ゲル状で、皮膚や関節、眼球内に多く含まれています。高い保水力が特徴で、ヒアルロン酸1gで6Lの水分を抱え込むことができます。真皮を構成しているコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて、肌を支え、潤いを保っています。

この高い保水力を利用して、肌を内側から持ち上げるために使われているのが「ヒアルロン酸皮膚充填剤」です。もともと体内に存在する成分であるヒアルロン酸を主原料としているので、皮膚へのなじみが良く、アレルギーを起こしにくいことから、美容医療で広く用いられています。

ヒアルロン酸皮膚充填剤を皮下に注射することで、凹みやシワを目立たなくしたり、顔のパーツを整えたりすることができるのが、「ヒアルロン酸注射」です。

ヒアルロン酸注射でどんなことができる?

ヒアルロン酸製剤は、濃度や粘度の異なる多くの種類があり、目的や悩み、希望などによって使い分けられています。

うるつや肌をつくる

粒子の細かい低分子のヒアルロン酸を使った製剤を真皮の浅い層に注射します。
するとヒアルロン酸が真皮のすみずみまで行き渡って水分を引き寄せ、肌に潤いとハリ、透明感が生まれます。キメが整い、まるでお風呂上がりのような、ツヤのある質感になります。美容クリニックでは「水光注射」や「ダーマペン」などのニードルセラピーで用いられています。

たるみやシワの改善

皮膚の深い部分ににヒアルロン酸を注入することで、皮膚内部から組織を持ち上げて、たるみやシワを改善することが可能です。
たるみの度合いや改善したい部位によって、真皮、皮下組織、骨の真上など様々な深さへヒアルロン酸を注入し、自然な若返りを叶えます。また、顔全体をリフトアップさせることによるたるみの解消だけでなく、深いシワに対しては、真下に直接注入することで溝を埋める手法もあります。

骨格の老化を補充

加齢によって女性ホルモンが減少すると、それに伴って骨量が減り、頭蓋骨が縮むことがたるみの一因となっています。特に頬・アゴ・こめかみはボリュームダウンが起こりやすく、老けた印象を与えます。

ボリュームが減った部分にヒアルロン酸を注入することで、顔のバランスが整って若々しい印象になります。

おでこ・鼻・アゴ・涙袋の形成

加齢症状に対するだけでなく、いわゆる「プチ整形」と言われる顔のパーツを理想の形に整える際にもヒアルロン酸は使われています。シワやたるみ治療に使われるより硬めの製剤を用いて、平らなおでこを女性らしい丸みのあるおでこに整える、鼻根や鼻筋を高くする、アゴ先を尖らせることで輪郭を整える、涙袋を作って可愛らしい目元にする、など様々な用途で使われています。

目の上の凹みの改善

上まぶたが窪んでいると疲れた印象に、たるんでいると眠たそうな印象に見えます。ヒアルロン酸で凹みを埋めたり、ハリを持たせたりすると、目元がイキイキとした印象に変わります。

ふっくら女性らしい唇をつくる

低分子のヒアルロン酸を唇に注射すると、ボリュームが出てふっくらとします。
縦ジワが目立たなくなり、血色が良くなるので、つやつやした唇になります。

豊かなバストをつくる

体に吸収されにくいヒアルロン酸を注入して、バストのボリュームアップができます。全体的に大きくすることはもちろん、谷間を作るために上部分だけに注入したり、左右のバランスを整えたりすることもできます。

進化したヒアルロン酸注入方法

ヒアルロン酸注射は、以前はシワの真下に注入して皮膚を持ち上げ、シワの「線」を消す方法が主流でした。ですが、この方法では注入個所だけが不自然にパーンと膨らんだり、注入し過ぎで見た目が凸凹になったりということがありました。

しかし近年、加齢による顔面の変化についての研究や顔面解剖学が進歩した結果、たるみの原因となる部分にヒアルロン酸を少量ずつバランス良く注入することで、「影」を消すという手法が主流となってきています。

加齢によるボリュームダウンでできた影を消すことで、自然な丸みを取り戻すとともに顔全体がリフトアップされるため、自然な若返りが可能です。

ヒアルロン酸の種類

美容医療の中でも人気が高く、用途も幅広いヒアルロン酸注射。製剤の種類も豊富です。クリニックで使用されている製剤から、一部をご紹介します。

製剤名 メーカー 持続期間 価格(1本1mLあたり)
ジュビダームビスタ シリーズ アメリカ
アラガン社
厚労省承認
なめらかな質感で、自然な仕上がり
ボリフトXC 12~18ヵ月 60,000~120,000 浅いシワ、細かいシワ
ウルトラXC 9~12ヵ月 28,000~60,000 中程度のシワ
ウルトラプラスXC 9~12ヵ月 28,000~60,000 深いシワ
ボリューマXC 18~24ヵ月 64,000~120,000 骨格のボリュームアップ
テオシアル シリーズ スイス
TEOXANE社
米国・EUで承認
動きに合わせて伸縮
RHA2 1~2年 50,000~80,000 中程度のシワ
RHA3 1~2年 52,000~90,000 深いシワ
RHA4 1~2年 55,000~90,000 骨格のボリュームアップ
レスチレン シリーズ スウェーデン
ガルデルマ社
厚労省承認
リド 9~18ヵ月 35,000~65,000 中程度~深いシワ
真皮に注入
リフトリド 9~18か月 47,000~65,000 中程度~深いシワ
骨格のボリュームアップ
皮下組織に注入
ニューラミス シリーズ 韓国
メディトックス社
原材料は100%日本製
なじみの良い自然な仕上がり
ライト 1~2年 30,000~50,000 浅いシワ、細かいシワ
ディープ 1~2年 40,000~60,000 額を丸くする
ベロテロ シリーズ ドイツ
メルツ社
高粘質かつ真皮へのなじみが良い
バランス 9~12ヵ月 55,000~85,000 中程度のシワ
インテンス 9~12ヵ月 60,000~85,000 深いシワ
ボリューム 1~2年 60,000~85,000 骨格のボリュームアップ
クレヴィエル シリーズ 韓国
AESTURA社
高濃度・高密度
形が崩れにくく長持ち
コントア 12~15ヵ月 55,000~100,000 鼻・アゴの形成に特化
プライム 12~15ヵ月 55,000~100,000 骨格のボリュームアップ
ほうれい線

ヒアルロン酸注射 注意点は?

医師の技術によって仕上がりが変わる

即効性や安全性から、美容医療の中でも人気のヒアルロン酸注射ですが、施術する医師の知識や技術、センスによって、仕上がりに差が出る治療法でもあります。

期待する効果と合わない製剤を使用したり、注入量が多すぎたりすると、注入部分が凸凹したり、思った以上にふくらんだりといったことが起こる場合があります。そうすると、分解材を注入してヒアルロン酸を溶解・排出することになり、いろいろな意味でもったいないことになります。経験と技術のある医師による施術が不可欠です。

各製剤メーカーが、独自に注入指導医や認定医などの制度を設けています。そういった資格を所持しているかどうかも、クリニック・医師選びの参考にすると良いかもしれません。

料金表示

ヒアルロン酸注射は健康保険が適用されない自由診療なので、クリニックによって料金が異なります。となると、少しでも安いクリニックで…と考えがちですが、ちょっと待ってください。

なぜクリニックによって料金が異なるのか?まず、使用している製剤の価格が違うから、ということが挙げられます。上記の表のように、持続期間の長い高品質な製剤ほど、高価格になる傾向があります。料金表記が安いと思ったら、中国製の品質に難のある製剤を使用している可能性もあるので、どの製剤を使用しているのか確認することが大切です。

また、同じ製剤を使用していても、医師の技術が高いと技術料が上乗せされて、治療の料金も高くなる、ということがあります。

金額の表示方法にも注意が必要です。上記の表では製剤一本1mLあたりの料金をご紹介していますが、クリニックによっては0.1mLあたりの料金を表示している場合もあります。安いと思ったら単位が違ったということにならないように、料金を比較する際には注意してください。

定期的・継続的な注入が必要

ヒアルロン酸は徐々に体に吸収され、最終的には無くなってしまいます。
吸収される速度は体の部位によって変わり、頬など動きの多い筋肉の上では早く吸収され、目の周囲やおでこなど骨に近い部位では吸収スピードは比較的緩やかだと言われています。
また、上記の表の通り、使用する製剤によっても持続期間は異なります。
効果の維持には、部位ごと、製剤ごとに適した間隔での定期的・継続的な注入が必要です。

痛み・ダウンタイム

注射なので、針が刺さるときにはチクッとした痛みがありますが、麻酔クリームで痛みを和らげることができます。
注射針を刺した部分が赤くなることがありますが、数日で収まります。
また、注入時に針先が血管にあたって、内出血になることもあります。その場合は目立たなくなるまで1~2週間かかることがあります。

痛みや内出血を最小限にするために、針先が丸くなったマイクロカニューレという針を使用するクリニックもあります。
ヒアルロン酸は水分を取り込むので、適量を注入していても2~3日はふくらみが大きいと感じることがあるかもしれません。しかし、徐々に肌になじんでいき、1週間程度で自然な感じに落ち着きます。

まとめ

肌質改善、若返りからパーツの形成まで、幅広い悩みの解決策となるヒアルロン酸注射をご紹介しました。
その効果を最大限に得るためには、ぜひ信頼できるクリニックで施術を受けてくださいね。

 

記事監修


山下真理子先生

京都府立医科大学を卒業して、医師に。 大阪市内で美容医療に携わりながら、医療教育にも従事。 コラムの執筆やモデル業の傍ら、17公式ライバーとしてライブ配信も行っている。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ