「ダイエット」と「脂肪吸引」の違いについてご存知でしょうか?
ダイエットは大きくなった脂肪細胞のサイズを小さくすることによって細くなりますが、リバウンドして元に戻る可能性もあります。一方、脂肪吸引は外科的処置によって脂肪細胞そのものを取り除いて数を減らすため、吸引した部分はリバウンドしにくくなるというメリットがあります。

小顔になりたいけれど…脂肪吸引の効果やリスクは?施術前に確認しておきたいこと

シャープで引き締まった顔立ちは多くの人の憧れですね。

小顔にする施術法は色々ありますが「どうせ受けるなら1回でしっかり効果を実感できる脂肪吸引をしたい」と思う方もいらっしゃるのでは?確かに脂肪吸引ではスッキリさせたい部分の脂肪細胞をピンポイントで吸引して、理想的なフェイスラインを手に入れる事ができます。

しかし効果が高い分、注意すべき点やリスクもあるため、この記事では施術を受ける前に確認しておきたいことをいくつかご紹介していきたいと思います。

丸顔になってしまう原因はなに?

丸顔になってしまう原因はなに?

まず「ダイエット」と「脂肪吸引」の違いについてご存知でしょうか?

ダイエットは大きくなった脂肪細胞のサイズを小さくすることによって細くなりますが、リバウンドして元に戻る可能性もあります。一方、脂肪吸引は外科的処置によって脂肪細胞そのものを取り除いて数を減らすため、吸引した部分はリバウンドしにくくなるというメリットがあります。

脂肪を減らして小顔に

ダイエットをしても顔の脂肪だけなかなか減らないという経験は有りませんか?なぜなら顔の大部分を占める皮下脂肪は、内臓脂肪と比較すると燃焼されにくいと言われているからです。

そこで顔痩せしたい女子から注目を集めているのが顔の脂肪吸引。脂肪吸引では燃焼されにくいと言われている皮下脂肪の細胞自体を吸引して数を減らすため、確実な効果を実感できると言われています。また、顔は他の部位に比べて脂肪が少なく少量でも効果を実感しやすいため、身体に比べるとダウンタイムが短く済むという利点も。ただし必要以上に脂肪を取り過ぎてしまうと、逆に老けて貧相に見えるようになることもあり、脂肪を減らした部位に逆に脂肪を注入しなおす必要があるなどのリスクも伴います。

さらに顔の脂肪は加齢とともに減少し、そのことが老け見えの原因の一つともなっているため、今だけでなく将来のことも考えながら、本当に施術が必要かどうかを決めていきたいですね。

顔の脂肪吸引術を受けるのであれば、ボリュームを減らした方がいい部分、減らさないで残した方がいい部分をしっかりと見極めて吸引することがポイントになってきます。

脂肪を除去する部位は?

丸顔や二重あごといったお悩みには、頬下やあご下の部分の脂肪吸引が有効です。この部分のボリュームが減少することによってフェイスラインをすっきりさせることができます。

笑った時にチーク辺りのお肉の盛り上がりが気になる方やほうれい線が深い方は、ほうれい線上の脂肪吸引が効果的だと言われています。

脂肪除去はNGな部位は?

脂肪が多いと思われがちな頬ですが、頬骨・エラ・オトガイの3つの高い骨に囲まれ窪んだ部分なので骨格的には空間があります。この部分を埋めている脂肪を取り過ぎてしまうと頬がこけるため老けて見えるだけでなく、皮膚も薄いのでたるんだり、逆にほうれい線やシワが目立つようになったりしてしまいます。こめかみは加齢とともに骨が萎縮して凹みが目立つ部分となります。この部分が凹むことで、ほうれい線が深くなったり、フェイスラインが崩れたりする一因となるため、この部分の脂肪は残しておくことをおすすめします。

また、二重あごの改善のためにあご下の脂肪は吸引しますが、アゴ先の脂肪除去はおすすめできません。

脂肪以外の顔が大きい原因とは?

顔が大きいと感じている人は、脂肪以外が原因の場合もあります。例えば「エラ張り」。

人の顔を横から見た時、顔前面の頬の辺りがぽっちゃりしている人は脂肪ですが、頬よりやや後方が張っている 人は「咬筋」、一番後ろエラの辺りが出っ張っている人は「下顎骨」が原因となっていることも。

「咬筋」か「下顎骨」のどちらが原因かを見分ける方法は、顔を手で挟みながらグッと奥歯を食いしばった時に、耳の前あたりが動いて力こぶのように膨らむのであれば咬筋で、筋肉の動きがさほど大きくない場合は骨だと判断できます。咬筋は咀嚼する時に使われる筋肉ですが、ストレスなどで無意識に歯を食いしばる、歯ぎしりする癖がある、硬い物やガムを頻繁に食べるなどの生活習慣の影響によって必要以上に発達する「咬筋肥大」が起きてしまいます。それによってエラが張ったりむくみが起きたりして、顔が大きく見えているのかもしれません。

このように筋肉が原因となっている場合は「ボトックス注射」の方が向いているといえます。肥大した咬筋にボツリヌストキシンを注射することで咬筋の動きを抑制させます。筋肉は使わないと萎縮して細くなる性質があるため、自然に筋肉が痩せて厚みが減り、フェイスラインがすっきりしてきます。咬筋のボトックス注射は6か月程度持続しますが、繰り返し注射することで廃用性萎縮という半永久的に筋肉が痩せる効果を得る事ができるため、すっきりしたフェイスラインをキープすることができます。

「下顎骨」の場合は原因となっているエラからあごの先端までの骨を削ったり、切除したりすることでフェイスラインを整える手術法があります。

顔の脂肪吸引のメリット・デメリット

顔の脂肪吸引のメリット・デメリット

それでは顔の脂肪吸引にはどんなメリット・デメリットがあるのか見てみましょう。

顔の脂肪吸引のメリット

  • ダイエットでは難しい顔痩せができる。
  • 頬や二重あごについている余分な脂肪だけを除去することで顔を小さくできる。
  • フェイスラインを理想の形に整えることができる。
  • 施術も短時間で済み、傷も小さいため身体への負担が少ない。
  • リバウンドが少ないため、小顔効果が半永久的に維持できる。
  • 1回の施術で効果を実感できる。
  • 将来たるみにくくなると言われている

顔の脂肪吸引のデメリット

  • 脂肪を取り過ぎた場合、元に戻すのは非常に難しい。
  • 脂肪の取りすぎによって皮膚にたるみが出たり、頬がこけたりすることがある。
  • 理想と違う仕上がりになる場合がある。
  • 顔の凹凸や左右差が残ってしまうこともある。
  • ダウンタイムが長い(完成するまでに3か月は見ておいた方が良い)
  • 副作用のリスクが有る
  • 他の小顔施術と比べて費用が高め。麻酔代や圧迫用品のフェイスマスク代なども必要。

脂肪吸引は、効果という点では他の小顔施術から抜きん出ているものの、副作用やダウンタイム、失敗などのリスクも格段に高い治療法です。また、脂肪をただ吸引して細くすればいい訳ではなく、術後のたるみや腫れ、左右差などに影響を及ぼさないよう、繊細な吸引技術やデザイン力あるかどうかなど、他の施術以上に医師の技術力が要求される施術だともいえます。施術を希望する場合は、カウンセリングに時間をかけて納得がいくまで医師と話し合うことをおすすめします。

顔の脂肪吸引の施術法について

顔の脂肪吸引の施術法について

脂肪吸引は目立たない場所を小さく切開して、カニューレという吸引管を挿入し脂肪を吸引していきます。頬の脂肪吸引は他の部分に比べて吸引範囲が狭いため、基本的には局所麻酔で行います。比較的麻酔が効きやすく、手術中の痛みはほとんどないと言われていますが、意識があると怖い方には静脈麻酔や全身麻酔が用いられます。

ベイザー(VASER Lipo

ベイザーはベイザー波と呼ばれる36kHzの超音波振動で脂肪をお粥のような液体状に溶かして、刃の無いカニューレで線維組織や血管、神経などを避けながら脂肪だけを吸引していきます。そのため従来の方法では難しかった皮膚直下の脂肪も除去することが可能になりました。

顔の場合、施術時間は約1030分程度で、耳の後ろの目立たない部分を25mmほど切開し、極細カニューレで吸引していきます。

一般的な刃のついているカニューレによる吸引では皮膚と筋肉の間の線維組織を切断してしまいますが、ベイザーでは線維組織が温存されているため、術後は皮膚が自然と引き締められていき、たるみや凸凹が起こりにくくなります。一般的な脂肪吸引よりも体への負担が少ないのが特長で、術後の痛みや腫れ、内出血が比較的少なくてすむためダウンタイムも短くなります。

施術費用は「頬」でおよそ3337万円、「あご下」でおよそ2633万円、「頬骨上」で26万円程度です。

アキーセル(Aquicell

アキーセル吸引で用いる吸引管は通常のカニューレよりも細く直径はたった2mmほどしかありません。このカニューレ自身が細かく振動することによって、脂肪組織を柔らかくほぐしながら周辺組織を傷つけずに吸引できるため、内出血などのダメージが少なく、従来の方法よりもダウンタイムが短くなりました。

極細カニューレの小さな穴から少しずつ脂肪を吸引していくので一度に沢山の量は取れませんが、その分小回りが利いて取りムラが出にくく、滑らかに仕上がります。そのため、顔のように少しの変化が大きく印象を左右するような、繊細さを要求される細かい部位の吸引には適しているといえます。

また顔の場合、吸引後のたるみが気になりますが、アキーセルは線維組織が温存されるため、皮膚の収縮が起こり引き締め効果を得ることができます。

皮膚の表面近くや筋肉付近の深い層へのアプローチは、振動によって組織が傷つく恐れがあり難しいため、部位によってはベイザーと併用される場合があります。

施術費用は「頬」でおよそ2836万円、「あご下」で2836万円、「頬骨上」で35万円程度です。

ボディジェット(Body Jet

ボディジェットは、麻酔液と止血剤入りのジェット水流をカニューレの先から噴射させて脂肪細胞をバラバラに分離して吸引する手法です。

ジェット水流を使用することで、脂肪を削り取っていた従来の脂肪吸引よりも周辺組織へのダメージが抑えられ痛みや内出血もほとんどなく、ダウンタイムの少ない施術が可能。超音波脂肪吸引では超音波が熱を発生させるためにヤケドのリスクがありましたが、ボディジェットは水を使っているためその心配もありません。

ただしジェット水流のみでは繊維質な脂肪、細胞密度が高くて硬い脂肪などを柔らかくするまでの威力はなく、また皮下脂肪の厚さが一定以上ない場合には皮膚や筋肉を傷つけてしまう恐れがあるため、部位によっては不向きの場合もあります。他の施術法より水を多く使用するため、脂肪を取り除いた部分に残留する水分量も多くなってしまい、術後に腫れやむくみが出やすくなるとも言われているため注意が必要です。

顔の施術時間は1か所約1530分ほどで、耳の後ろの目立たない部分を25mm切開して極細カニューレで吸引していきます。施術費用は「頬」でおよそ1630万円、「あご下」でおよそ830万円、「頬骨上」は8万円程度です。

バッカルファット除去の併用

顔にある特徴的な脂肪に「バッカルファット」と呼ばれる脂肪があります。これは頬の内側奥深くにある、薄い膜で覆われた脂肪の塊です。バッカルファットは頬部深層脂肪の一部で卵の黄身くらいの大きさがあり、頬の内側の肉をよく噛んでしまう、身体は痩せているのに顔だけ丸い、という方はこのバッカルファットが多めの可能性があります。

この塊があるため頬に厚みが出て丸顔やベース型の顔になり、頬も垂れ下がりやすくなってフェイスラインにもたつきが出てしまます。バッカルファットを除去することによって、小顔効果はもちろんのこと頬のたるみやほうれい線予防が期待できますが、一度摘出してしまうと元に戻すことはできないため、頬がこけてしまうリスクもあります。

バッカルファットは脂肪吸引では取れませんが、口腔内を0.51㎝ほど切開して脂肪の塊を摘出する「バッカルファット除去」を併用すると、頬からあごにかけてよりシャープなラインになることがあります。

脂肪量や顔の輪郭等によってバッカルファットを除去しないほうがいいケースも多々あるので、希望する方はカウンセリングで確認するようにしましょう。
施術時間はおよそ15分、施術費用は20万~30万円くらいです。

術後のダウンタイムやアフターケアについて

術後のダウンタイムやアフターケアについて

顔は元々脂肪が少ないため吸引量もそれほど多くならず、他の部位に比べて体への負担は軽いといわれていますが、術後はフルフェイスタイプのサポーターを着用して圧迫固定することが必要になります。圧迫固定は手術当日~3日ほど。術式による差や個人差もありますが術後3日間は痛みと腫れがあり、1週間ほど経つとメイクでカバーできる程度になるので、腫れが気になるようならマスクなどで保護しながら隠しておくといいでしょう。1か月ほどはむくみが残りますが、この頃から少しずつ治療効果を実感できるようになります。

また術後は顔を触ると吸引前よりも硬く強張っている感じがして、違和感があることがあります。これは「硬縮」と呼ばれる症状で、脂肪が無くなったスペースを線維質で埋めようとする正常な治り方です。自然に治りますが、少しでも早く治すためには、血流の改善や硬縮部分をもみほぐすようなマッサージなどのセルフケアが効果的です。クリニックによっては、アフターケアまで診てもらえるところもあるようなので確認してみましょう。3か月~半年で落ち着きほぼ完成の状態になります。

顔という隠せない部分の治療であることを考えると、仕事や日常生活に支障をきたすことが無いように事前のカウンセリングでどのくらいダウンタイムがかかるか医師に確認しておきたいですね。個人差があるため必ずしも言われた期間で治るとは限りませんが、休みやすい時期や長期休暇など回復期間に余裕を持ってスケジュールを立てることが大切です。

脂肪吸引のリスクや注意するポイントとは?

脂肪吸引のリスクや注意するポイントとは?

老けて見える

脂肪を取り過ぎてしまうと、吸引後に皮膚がたるんでしまうことがあります。そのため逆に老けて見えるようになってしまうことも…。タイトニング効果のある最新機器を使って脂肪を吸引してもらう、または吸引後に引き締め効果のある施術を併用する、術後の圧迫固定を十分に行うことも有効です。

麻痺や感染症

吸引中に周辺組織を傷つけてしまうと、しびれや麻痺などが残り口を開けにくくなることがあります。また細菌が入ってしまうことで、化膿や感染が生じることがあります。手術後も違和感や強い痛みや腫れ、熱感などが長く続く場合には、できるだけ早くクリニックに相談しましょう。

医師、クリニック選びはくれぐれも慎重に

脂肪吸引は医師の腕によって仕上がりが異なってくるため、技術力が高い医師に依頼することが大事です。例えばベイザー脂肪吸引の場合は認定医制度があります。クリニックのサイトで手術例や症例写真の掲載があるかどうかも判断材料になるでしょう。また実際にカウンセリングを受けてしっかり説明を聞き、親身になって相談に乗ってくれるかどうかということも大切です。

切開を伴う脂肪吸引がどうしても心配な人は、切らない小顔施術で

手術になってしまう脂肪吸引はどうしても不安が残りますよね。調べているうちに脂肪吸引はハードルが高いと思われた方は、切らない施術を選択してみるのもひとつの手です。例えば小顔に効果があるものとして、ボトックス注射、脂肪溶解注射(BNLS、リジェンスリム等)、HIFU(ウルセラ、ウルトラフォーマー等)、など他の施術法もあるので、まずはダウンタイムのない施術から検討してみてはどうでしょうか?

まとめ

顔の脂肪吸引は、たった1回の施術でも効果は半永久的に得られるのでとても魅力的です。

ただし顔の症状によっては効果が出ない場合もあり、別の施術法の方が好ましいことがあるため見極めが重要となってきます。また脂肪吸引は単に脂肪を取ればよいというものではなく、美しい顔のラインやバランスを整えることがポイントとなってきます。そのため、実際に施術を行う医師の技術力が仕上がりに大きく影響してきます。

信頼できるクリニックと医師を選び、綿密なカウンセリングを受けてから施術ができるよう、しっかり事前にリサーチをしてカウンセリングを受けてくださいね。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ