皮膚の新陳代謝がスムーズに行われなくなると、本来垢となって剥がれるはずの角質が、皮膚表面に留まることで、毛穴詰まりの原因になると言われています。睡眠不足や不規則な生活、ストレスなども、ホルモンバランスが崩れ、ターンオーバーに影響するのでニキビの原因となります。

30代のニキビの原因と特徴

30代のニキビの原因

ニキビというと思春期のものというイメージが強いですが、実は30代の女性にもニキビに悩んでいる人は少なくありません。ただ、ニキビのお悩みの内容は若いころと共通するものもあれば、大人の女性ならではのものもあります。ニキビのできるメカニズムは、毛穴に古い角質や皮脂などの汚れが詰まり、角栓となって毛穴の入り口を塞ぐと、毛穴の中でアクネ菌が増殖し、炎症を引き起こすというものです。

10代のニキビは、皮脂の過剰分泌が主な原因ですが、皮脂の分泌が落ち着いてくる30代のにはまた違う原因があります。大人のニキビの場合、毛穴の詰まりは皮脂の過剰分泌ではなく、皮膚のターンオーバーが乱れることが主な原因となります。皮膚の新陳代謝がスムーズに行われなくなると、本来垢となって剥がれるはずの角質が、皮膚表面に留まることで、毛穴詰まりの原因になると言われています。睡眠不足や不規則な生活、ストレスなども、ホルモンバランスが崩れ、ターンオーバーに影響するのでニキビの原因となります。

30代のニキビの特徴

10代のニキビは、皮脂の分泌量が多いTゾーン、おでこや小鼻などを中心にできていました。

30代のニキビは口のまわりや顎、フェイスラインといったUゾーンにできやすいのが特徴です。アゴ周りや口元のニキビは、クレンジングが不十分なせいで、メイク残りが影響していたり、乾燥しやすい部位なのに保湿がしっかりされていなかったりという外的要因と、ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスなどの内的要因があるため、化粧品や洗顔だけでなく、サプリや食事などによる内側からのケアも有効だと言われています。 

30代のニキビに対してクリニックでできる治療法とは

30代のニキビに対してクリニックでできる治療法とは

クリニックで30代のニキビ治療をするメリット

ニキビのケアというと、洗顔などのスキンケアや市販薬を使って自分でするものというイメージがありますが、欧米ではニキビ治療のために皮膚科に行くのが一般的です。ニキビといっても、その理由や状態は人さまざま。自己判断で中途半端なケアをするよりも、専門の先生に診断してもらうほうが安心して治療できます。薬が処方される場合、保険適用となれば費用が3割負担となるのもメリットです。

治療の紹介

ケミカルピーリング

「ケミカルピーリング」は、酸性のピーリング剤を直接肌に塗り、皮膚表面の古い角質や毛穴に詰まった汚れを取り除く治療です。

自費診療にはなりますが、ニキビ治療として皮膚科や美容クリニックでも多く行われています。古い角質を除去し、皮膚のターンオーバーを促進することで、毛穴の詰まりが取れ、ニキビの改善につながります。また、肌表面のアクネ菌が殺菌されるので、炎症が起きにくくなるという作用もあります。定期的に継続して繰り返しピーリングを受けることによって効果が持続します。

料金 顔全体1回 5,000円〜

ハイドラフェイシャル

「ハイドラフェイシャル」は水流を使ったピーリングです。ディープクレンジング、ピーリング、毛穴の吸引、美容液導入を続けて行うところに特徴があります。

ペン型の機器に取り付けたチップの先端に美容成分やピーリング成分が配合された薬液を流しながらピーリングを行います。チップの中で発生する水流が、皮膚表面や毛穴の奥の汚れをスッキリと落とすとともに、美容液が肌の奥まで浸透するため、ピーリングで起こりがちな乾燥を防ぎながらターンオーバーを改善することができます。

ディープクレンジング

グルコサミンや酵母エキスを配合した美容液を使って古い角質や皮脂を軟らかくしながら、チップ先端の凹凸と水流の力でピーリングします。

ピーリング

グリコール酸とサリチル酸をミックスしたマイルドなピーリング剤を塗り、やさしく角質を剥離します。

汚れの吸引

皮膚を吸引しながらピーリングを行うため、毛穴に詰まった汚れをスッキリ落とせます。

美容液導入

抗酸化物質やペプチドを含んだ美容成分を皮膚に浸透させて、お肌を落ち着かせます。潤いを保ちながらお肌を整えていきます。水流を使って行うピーリングなので、痛みが少なく、施術後のダウンタイムもほぼないのが特徴だと言われています。水流を使って皮膚表面を直接洗浄することにより古い角質を除去し、毛穴から汚れを吸引するのでニキビの改善にもつながります。

料金 1回 10,000円〜

光治療

ニキビに対する光治療として開発されたのが「クリアタッチ」です。クリアタッチは青色と赤色の2種類のLEDの光を使って治療を行います。

青色の光は、アクネ菌が生成するポルフィリンという有機化合物と反応し、活性酸素を生み出します。 この活性酸素が、アクネ菌自体を殺菌します。

赤色の光は波長が長いため、皮膚の真皮層にまで届きます。真皮層にある線維芽細胞を刺激して、コラーゲンとエラスチン、さらにヒアルロン酸を生成させ、皮膚のターンオーバーを促進します。また、赤色光にはニキビに対する抗炎症効果もあるといわれています。

光を照射する際に生じる5060℃の熱による温熱効果で皮膚の表面にあるアクネ桿菌や表皮ブドウ球菌などを殺菌し、角栓を溶解する作用もあります。痛みはなく、施術後もダウンタイムはありません。すぐお化粧して帰ることができ、手軽に治療を受けられるのがメリットです。値段は安いですが、効果が現れるまでには78回の治療を受ける必要があります。

料金 1回 3,000円〜

内服薬・外用薬

  • 外用薬

ニキビに対する塗り薬は市販薬もありますが、クリニックではニキビを直接治療すると同時に、有効成分が多く含まれたより効果の高い薬を処方してもらうことができます。 ニキビには、毛穴に皮脂が詰まってできる白ニキビと、白ニキビがアクネ菌によって炎症を起こした赤ニキビがあります。

白ニキビには、ビタミンAを主成分とするアダパレンや酸化剤の過酸化ベンゾイルが処方されます。これらは、角質を柔らかくして毛穴の詰まりを防ぎます。

アダパレンは効果が高い薬ですが、約80%の人に顔に赤みが出たり皮膚がカサカサしてポロポロ落ちたりといった副作用が出ることが知られています。医師とよく相談しながら保湿に気をつけて治療を進めるようにしましょう。

炎症を起こして赤くなったニキビには、抗菌作用や抗炎症作用のある抗生物質が処方されます。

  • 内服薬

赤ニキビの炎症の程度が重い場合には、外用薬と併用して抗生物質の内服薬が処方されることもあります。また、体質に応じて漢方薬が出されることもあります。
これらの治療は、健康保険が適応された場合は費用を安く収めることができます。保険適用ならば、アダパレンは1ヵ月分500円〜となります。他の薬と合わせても、11,000 3,000円ほどとなります。

日本ではニキビ治療は病院に行かずに自宅で行うものというイメージが強くありますが、近年は新しい薬も次々と開発されていますので、気軽にクリニックに相談してみるのがおすすめです。

自分でできる30代のニキビケアは?

洗顔

30代のニキビを防ぐための洗顔のポイントは、必要な潤いはキープしながら汚れをすっきりと落とすことです。ニキビの原因となる皮脂を落とそうと洗浄力の高い洗顔料を使ってしまうと、お肌に必要な潤いまで奪ってしまうおそれがあります。30代のお肌は若いころに比べると乾燥が進んでいます。皮膚の表面は脂っぽいように見えても内側は乾燥しているインナードライということも。

基礎化粧品を選ぶポイント

ニキビ専用の化粧品も販売されていますが、このようなものの多くは皮脂の多い若者を対象としています。皮脂を取り除きすぎる可能性があるので、大人ニキビには向かない可能性もあります。現在は「大人ニキビ」を対象とした化粧品も増えているので、その中から選ぶのがおすすめです。

まずは「ノンコメドジェニックテスト済み」の表示があるかどうかをチェック。この表示がある化粧品は、テストを受けてニキビの原因となるコメド(毛穴詰まり)ができにくいと判定されたということです。ニキビ対策の成分としては、ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸や余分な皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体などがあります。また、30代のニキビケアには皮脂のコントロールと同時に保湿が大切です。セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されたものを選ぶといいでしょう。

また、美容大国・韓国で定番のニキビケアとして話題になったのがニキビパッチです。ニキビサイズの小さな絆創膏のようなもので、ニキビの上から貼るだけなので簡単・お手軽。ニキビが目立たなくなり、貼っている間はメイクによる刺激や、無意識に手で触ってしまうことを防げるので、ニキビを沈静化することができます。

夜、寝ているときに使うのが基本ですが、本場韓国では昼間もずっと貼り続けている人も多いそう。さまざまな色、厚さ、大きさのものがあるので、目立たないものからトライしてみるといいかもしれません。

メイク用品を選ぶポイント

ニキビができているときはメイクをしないほうがいいのはわかっているけれど、メイクなしで外出するわけにもいかない
そして、ニキビの部分も目立たなくなるようにカバーしたい。そんなときにはニキビに負担をかけないメイクアイテムを選びましょう。

ベースメイクは、軽く肌に負担をかけないものを選ぶのが基本です。油分の多いものや、汗や皮脂に対する落ちにくさをうたったカバー力の強いものは、肌への刺激も大きくなるので避けましょう。また、ファンデーションを何度も重ね塗りするのもNG

軽いテクスチャーの油分の少ないオールインアイテムや、パウダータイプのファンデーションを使って、ポイントメイクでニキビ以外のところに注目させるのがおすすめです。

生活習慣の改善

ニキビを改善するには、生活のリズムを整えることが大切です。

30代は仕事や家事、育児などに忙しく、自分自身に手をかけることが難しい年代ですが、ニキビは体の不調のサインでもあります。薬や化粧品でのお手入れだけでなく、疲れたと感じたらしっかり睡眠をとる、栄養を考えた食事にするなどの方法でニキビが改善することもあります。とはいえ、なかなか時間が取れないのが30代の悩み。そんなときは、せめてニキビにNGな食べ物は避けるようにしましょう。 

ニキビにNGな食べ物は、脂分の多いものです。脂っこい肉類、ファーストフードの揚げ物やポテトなどは食べるのを控えましょう。糖分の摂りすぎもニキビにはよくありません。ニキビが改善するまでは、おいしいスイーツも控えめに。お酒も量が多くなると皮脂腺を刺激してニキビの悪化につながります。飲みすぎには注意しましょう。

摂るといい食べ物は、皮膚の組織を作る良質のタンパク質です。脂分の少ない魚がおすすめ。肉類を食べるときは鶏肉が脂質が少なく低カロリー。牛肉や豚肉を食べるときは、脂分の少ない部分を選ぶようにしましょう。 緑黄色野菜を中心とした野菜類もニキビにいい食べ物です。ビタミンCには抗酸化作用があり、有害物質である活性酸素を無効化します。

また、皮膚の内部でコラーゲンの生成を促進し、ターンオーバーを助けます。 ニキビを悪化させないためには、お通じも大切です。スムーズなお通じに大切なのは食物繊維。食物繊維を多く含むのは、ひじきなどの海藻類、ゴボウ、豆類、切り干し大根、プルーンなどです。

まとめ

30代のニキビを改善するためには、皮脂のコントロールだけではなく、お肌全体のコンディションを整えることが大切です。そのためには、睡眠、食事といった生活全体のバランスを整えながら、必要なケアをプラスして、ニキビのない素肌をめざしましょう。もし大人ニキビがなかなか改善しないときは、クリニックの助けを借りることを考えてもいいかもしれません。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ