30代はシミやシワ、たるみなどが増えてきたり、これまでのスキンケアが合わなくなったりと、お肌の曲がり角を迎える時期。
30代になるとだんだんとお肌の潤いを保つためのコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが減ることでお肌が乾燥しやすくなります。
それまではオイリー肌だと思っていても、実は乾燥肌だと気づく人が多いのも30代なので、今すぐにでもエイジングケアを始めた方が良いと言えます。

30代のスキンケアで大事なポイントは?よくある悩みと解決方法をご紹介!

30代の肌の特徴

30代の肌の特徴

30代はお肌の曲がり角

30代はシミやシワ、たるみなどが増えてきたり、これまでのスキンケアが合わなくなったりと、お肌の曲がり角を迎える時期。
30代になるとだんだんとお肌の潤いを保つためのコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが減ることでお肌が乾燥しやすくなります。
それまではオイリー肌だと思っていても、実は乾燥肌だと気づく人が多いのも30代なので、今すぐにでもエイジングケアを始めた方が良いと言えます。

30代に多いお肌のお悩み

シミ・そばかすの原因

30代で特に多い肌の悩みは、シミ・そばかすです。
シミ・そばかすの原因として多いのは、紫外線によるダメージ。紫外線から身を守るために出されたメラニンという物質が新陳代謝が低下することによって肌に残り、シミとして定着してしまうのです。

一言でシミ・そばかすと言ってもいくつかタイプがあります。

【老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)】

数ミリ~数センチくらいの円状の形のシミ。シミの中でも多いのがこのタイプで、頬骨や肩など紫外線に当たりやすい部位に出やすいです。

【肝斑(かんぱん)】

おでこや頬、口の周りに左右対称に現れるシミの一種。30代以上の女性に多く見られます。女性ホルモンに影響されやすいため、妊娠中にも現れることがあります。また、紫外線を浴びることでシミの濃さが深まったり、範囲が広がったりすることもあります。

【雀卵斑(そばかす)】

1~4ミリほどの小さなシミが鼻の周りにできるのが特徴で、遺伝による要素が大きいです。思春期に発生することが多いですが、30代でそばかすができる(悪化する)原因は紫外線です。

【炎症後色素沈着】

化粧かぶれやニキビ・吹き出物、化粧かぶれなど、皮膚の炎症が原因でできるシミ。基本的に年齢関係なくできます。自然に薄くなっていきますが、紫外線や間違ったスキンケアなどで色素沈着が強くなることもあります。

そのほかにも、ストレスや生活習慣(刺激の強い食品を過度に摂取、睡眠不足による免疫力の低下)、ホルモンバランスの崩れなどがメラニン細胞を刺激・蓄積しやすくし、シミ・そばかすの原因になると言われています。

乾燥の原因

保湿力が低下する30代は、乾燥もよくあるお肌の悩みです。乾燥の原因として多いのは、加齢によるもの。

30代になると肌の水分を保ち、ハリや弾力を維持する働きがあるアミノ酸が減り、さらにはターンオーバーの周期が乱れやすくなることで、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。また、紫外線によるダメージや間違ったスキンケアによって、肌のバリア機能が低下して乾燥してしまうことも。

シミ・そばかすと同様に、過度のストレスや睡眠不足、偏った食生活などの生活習慣が原因で肌のターンオーバーが乱れ、乾燥しやすい肌になってしまうこともあるので注意が必要です。
また、べたつきやテカリがあるのにお肌がつっぱる、乾燥肌なのにニキビや吹き出物ができやすいという方は、「インナードライ」に陥っている可能性があります。

インナードライとは、肌の表面は潤っているにもかかわらず、内側は水分が不足して乾燥している状態で、皮脂が多く分泌される夏の時期になりやすいです。肌の水分を奪ってしまう紫外線やエアコン、保湿成分を流してしまう汗が原因として挙げられます。

30代の毎日のスキンケアのポイント

洗顔

毎日のスキンケアで欠かせない洗顔は、刺激を少なくするのがポイントです。
クレンジングは、ミルクやクリームタイプを使うのがおすすめ。シートやオイルタイプは刺激が強いので、できるだけ使わないようにしましょう。クレンジング後の洗顔は、洗顔料をよく泡立てて洗います。直接肌をこすらないように、優しく洗うようにしましょう。

特に乾燥が気になる場合は、洗顔後に乾燥しにくいアミノ酸系の界面活性剤が使用された洗顔料がおすすめです。ラウロイルメチルアラニンNaやココイルグリシンKと表示されているものがこれにあたります。

化粧品

洗顔後は乾燥しやすいので、できるだけはやく保湿することがポイントです。
化粧水や美容液はたっぷり使い、均一に優しくつけます。乳液やクリームは適量を顔全体に塗りますが、特に乾燥が気になる部分にはクリームを重ねづけすると良いでしょう。
また、シミ・そばかす、乾燥など、肌の悩みによって適した成分が配合されているスキンケア化粧品を選ぶなどして、使い分けることが大事です。

【シミ・そばかす】

  • ビタミンC誘導体
  • コウジ酸
  • エナジーシグナルAMP
  • アルブチン
  • トラネキサム酸

など、メラニン色素を還元・排出・抑制する効果が期待できる成分のほか、ヒアルロン酸やコラーゲン、スクワランといった高保湿成分も配合された化粧品でスキンケアを行うと効率的にケアできます。

【乾燥】

  • ヒト型セラミド
  • スフィンゴ脂質
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • スクワラン

など、角質層に浸透して保湿する成分(ヒト型セラミド、スフィンゴ脂質)、皮膚の表面を保湿する成分(ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン)によるスキンケアで肌の内部と表面の両方を保湿することで、より長く潤いを保つことができます。

生活の中で気をつけること

30代が肌トラブルを予防するために生活の中で気をつけたいこと。それは、紫外線対策です。
日焼け止めを塗ることはもちろん、日傘や帽子、UVカット加工された洋服などを着用することで、紫外線から身を守りましょう。

雲や窓ガラスを通り抜けてしまう紫外線もあるので、洗濯物を干すときやちょっとした買い物でも紫外線対策を怠らないようにすることが大事です。それでももし日焼けをしてしまった場合には、パックをするなどしてスキンケアを十分に行うことをおすすめします。

また、日々の生活習慣も肌の状態に大きく影響するので、食生活や睡眠などの質の改善も必要です。肌の新陳代謝を促すビタミンACEなどが多く含まれた食べ物を積極的に摂取するのも良い方法でしょう。

「しみ・そばかす」「乾燥」改善オススメ美容医療

「しみ・そばかす」「乾燥」改善オススメ美容医療

シミ・そばかす

レーザー治療(シミ取りレーザー)

レーザー治療は、シミやそばかすの原因となるメラニン色素をレーザーで破壊する治療です。特に、老人性色素斑や雀卵斑(そばかす)に適しており、一度の施術でピンポイントで治す効果が期待できます。ゴムでパチンと弾かれるくらいの痛みがあり、施術後には出血や赤みを伴います。一定期間、ガーゼや絆創膏で保護する必要がありますが、1〜2週間程度で治まります。

QスイッチYAGレーザーやQスイッチルビーレーザー、アレキサンドライトレーザーなどの種類があり、1ミリあたり2,000円~で施術を受けることができます。
また、近年ではピコレーザーという種類も登場し、従来のQスイッチレーザーによる治療よりは短いダウンタイムでのシミ治療が可能となったと言われています。

光治療

IPL(Intense Pulsed Light)やBBL(Broad Band Light)といった特殊な光を使用して、シミ・そばかすなどを改善する治療です。一度の施術で様々な肌トラブルを同時に治療できるという特徴があります。

レーザーとは違い、波長域の広い光でシミの原因となるメラニン色素や、赤みの原因となる酸化ヘモグロビンを破壊する治療です。肌表面へのダメージが少ないので、かさぶたになることがなく、施術後に洗顔やメイクもすることができます。3~4週間に1度くらいの周期で複数回の施術が必要になります。

治療費の相場は1回1万5千円〜3万円程度となっています。

ピーリング

クリニックで受けるピーリングは、ケミカルピーリングが主流です。
グリコール酸やサリチル酸などの酸性の薬剤を使用して古い角質を剥がすことでターンオーバーの正常化を促す治療です。複数回繰り返して施術を受けることで効果を得ることができます。シミやそばかすを薄くする効果の他、顔全体のトーンアップやくすみの改善、ニキビや毛穴の黒ずみの改善などにも効果が期待できます。

使用する薬剤の種類にもよりますが、1回あたり5,000~10,000円くらいが相場と言われています。

乾燥

イオン導入・エレクトロポレーション

イオン導入は、有効成分をイオン化して電気的反発力と物理的な圧力を利用してお肌の奥まで浸透させる治療方法です。

肌のバリアゾーンを通り抜けることができるので、美肌成分を効かせたい場所まで届けることができると言われています。乾燥肌の場合、プラセンタやアミノ酸、トラネキサム酸が使用されることが多く、薬剤によっても変わりますが全顔1回あたり、3,000〜7000円ほどで施術を受けることができます。

また、エレクトロポレーションという技術を使用して薬物や成分を導入する治療法もあります。電気パルスによって肌表面に穿孔をあけることで成分の浸透を促す手法で、イオン化できない、分子量の大きい有効成分も肌の奥まで浸透させることが可能です。

顔全体の施術を10,000円前後くらいで受けることができます。

リジュランヒーラー(サーモン注射)

リジュランヒーラー(サーモン注射)は、紫外線などによりダメージを受けた肌細胞の自己再生力を活性化させる治療です。油分や水分のバランスも整えてくれるので、乾燥肌にも効果が期待できます。

リジュランヒーラー(サーモン注射)は、ポリヌクレオチドというサーモンのDNAから抽出された分子を薬剤にしてたるみやしわが気になる部位に注射します。
サケ由来のポリヌクレオチドは生体適合性が高いため、アレルギー反応などの副作用が発生しにくいと言われています。ダウンタイムが少ない施術なので、日常生活に支障がない施術を望まれている方におすすめです。
安全性が高いというメリットがありますが、顔1回分でだいたい40,000円~と、ほかの施術に比べて少し高めです。

水光注射

水光注射は、顔全体の皮膚に広く浅く肌の水分量を保つヒアルロン酸を注入する治療です。保湿成分をダイレクトに注入することで、乾燥肌に潤いをもたらします。
ヒアルロン酸だけでなく、ビタミンやアミノ酸、プラセンタなど、肌の悩みに合わせて必要な成分を配合してもらうことができます。
施術の前には麻酔クリームを塗るので、痛みはほとんどないと言われています。部分的に内出血が起こる場合があります。ダウンタイムはほとんどなく、翌日からメイクもできるとされています。

注入する薬剤の種類にもよりますが、1回の施術費用の目安は、50,00080,000円です。

まとめ

30代は、これまで蓄積されたダメージや疲れがお肌に出やすい歳なので、日々どれだけ自分のお肌の状態に合ったスキンケアができるかが大事なポイントになります。
特に30代に多いシミ・そばかすや乾燥肌でお悩みの方は、今回ご紹介したスキンケアのポイントを念頭に置きながらスキンケアをしてみてください。

自宅で改善することが難しい状態の場合は、美容医療という選択肢もありますので、それぞれのメリットやデメリットを理解したうえで利用してみると良いでしょう。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ