30代の肌悩みは、セルフケアに加えて、専門家の手を借りることも検討してみてください。美容クリニックでは肌悩みに応じたさまざまな治療法を用意しているだけでなく、変化が感じられるのが比較的早いというメリットがあります。ここでは30代の肌悩み別に、美容クリニックで受けられる治療法を紹介します。

30代の肌悩みは、20代と共通するものもあれば、新たに浮上するものもあり、その内容はさまざまです。加えて、肌のコンディションも20代の頃とは変わってくるのでお手入れも年代に応じた方法にシフトする必要があります。

そこでまず、30代女性が「どんな肌悩みを抱えているのか」を知るために、アンケートを実施。気になる肌の症状を、理由とともに3つ挙げてもらい、一番気になること=3点、2番目に気になること=2点、3番目に気になること=1点として集計しました。

その結果は以下のとおりです!

1位:シミ・そばかす

  • 30代になってから急に日焼けしていた頃のシミが目立ってきた。薄づきのファンデーションではカバーできない!
  • シミのせいで顔全体がくすんで見えて、メイクがきれいに仕上がらない
  • シミが目立つと「老けた」と感じる

同じ「シミ・そばかす」でも、20代ではそばかすが優勢だったのに対し、30代ではシミの悩みの方が増えてきています。ファンデーションやコンシーラーである程度カバーはできますが、やはり素肌の美しさにこだわる女性が多いようです。

2位:フェイスラインのたるみ

  • だらしなく、老けて見える印象がある。毛穴も気になる
  • 顔が丸いというより四角く見える
  • とにかくたるんでいるのが気になる!

フェイスラインのたるみも30代から増えてくる悩みです。体重は変わらないのに顔が丸くなったように見える、全体の印象がぼやけてきたような気がする……そんな悩みの源であることも少なくありません。シャープで若々しいフェイスラインを取り戻すには、どうしたらよいのでしょうか?

3位:ほうれい線

  • 30代になってから急に目立つようになってきた
  • 前はほうれい線が気になっても、小顔矯正ですぐに何とかなったのに、最近は改善しにくくなった。メイクでは隠せないので困っている

くっきりとしたほうれい線も年齢を感じさせるパーツの一つ。メイクではカバーしづらいため、どうしたらいいかわからずに悩んでいる女性も多いでしょう。肌のたるみが原因であることが多いので、たるみ対策と合わせてケアしたいものです。

30代の肌悩み別治療法を紹介!

30代の肌悩みは、セルフケアに加えて、専門家の手を借りることも検討してみてください。美容クリニックでは肌悩みに応じたさまざまな治療法を用意しているだけでなく、変化が感じられるのが比較的早いというメリットがあります。

ここでは30代の肌悩み別に、美容クリニックで受けられる治療法を紹介します。

シミ・そばかす

 

30代になると、一般的に「シミ」と呼ばれる老人性色素斑やそばかすだけでなく、肝斑に悩まされる女性も増えてきます。肝斑は通常のシミと同じ治療ではかえって悪化させてしまう恐れがあるので注意が必要です。医師の診察を受けた上で、それぞれに合った治療を受けるようにしましょう。

レーザートーニング

レーザー治療の一種で、弱い出力で顔全体に照射することでメラニンを少しずつ排出させる方法です。肌に負担がかかりにくく、従来のレーザーでは不向きとされていた肝斑の治療にも使えると言われています。

しみやそばかす、肝斑の治療以外にも、真皮を刺激して肌の生まれ変わりを促し、コラーゲンの生成を促進するため、シワやたるみ、開いた毛穴など幅広い肌悩みに改善が期待できます。

1回あたりの施術時間は1015分と短く、痛みやダウンタイムもありません。施術後、メイクをして帰ることも可能です。全顔照射で1回あたり10,00020,000円ほどが目安で、しみや肝斑の大きさや濃さに応じた複数回の施術が必要です。

肝斑に関する記事はこちら→

リバースピール

ケミカルピーリングの一種で、肝斑や色素沈着、黒ずみやくすみ、肌のごわつきなどを段階的に治療していく方法です。ただし、ピーリングと言っても、表皮を剥離するわけではありません。3種類のピーリング剤を使用して、肌の深部から浅部へと行き渡らせ、症状を改善していきます。ピーリング剤が浸透するに従って、ピリピリとした刺激を感じますが、施術後に拭き取ればすぐに治まるとされています。

1回あたりの費用は顔全体で20,00030,000円ほどで、症状に応じて24週間に1回のペースで5回程度の施術が望ましいとされています。

最新ピーリング事情に関する記事はこちら→

美白点滴

高濃度ビタミンCやグルタチオンなどの美白有効成分を、点滴で直接血管に投与する方法です。メラニンの生成を抑制したり、コラーゲンの生成を促したりする働きで、シミや肝斑の改善だけでなく、シワやたるみの予防効果も期待できます。即効性が高く、定期的に受けることで美肌効果も期待できます。

点滴なのでダウンタイムは必要ありませんが、高濃度ビタミンCの場合は施術時間が3045分とやや長めとなります。費用はグルタチオンの場合、15,000円程度が目安で、美白目的なら12週間に1回の施術がおすすめです。高濃度ビタミンC点滴は10,00020,000円が相場となっています。

美白点滴の詳しい記事はこちら→

フェイスラインのたるみ

年齢とともに目立ってくるフェイスラインのたるみ。顔に30種類以上ある表情筋の筋力低下や、コラーゲンの減少による真皮の衰えが主な原因です。表情筋トレーニングやマッサージなど、対策はいろいろありますが、すっきり引き締まったフェイスラインを作りたいなら、美容医療で根本から改善する方法も検討してみてください。

HIFU(ハイフ)治療

皮膚の最深部の脂肪層と筋層の間にあるSMAS層という薄い筋膜に、超音波をピンポイントで点状に照射し、瞬間的に6575度の高温にすることで緩んだ筋膜を収縮させてたるみを改善する治療法です。SMAS層はコラーゲンで形成されており、肌の土台とも言える部分。ここを熱の作用で収縮することで、土台からのリフトアップへと導くとされています。また、ハイフ治療機は先端部分のヘッドを変えることで、深さの調節が可能。ハリを司る真皮に熱ダメージを与えることで、自己修復機能が働いてコラーゲンの産生が促進されるため、ハリや弾力の改善が期待できます。

施術から23カ月かけてコラーゲンが増えていき、その効果は半年ほど続くとされています。また、フェイスラインだけでなく顔全体の引き締めや小顔効果、肌の生まれ変わりなどが期待できます。

デメリットとして、個人差はありますが、フェイスラインのように、他の部分に比べて脂肪の薄い部分や骨に近い部分は痛みを感じやすいことがあります。基本的にダウンタイムはありませんが、施術後に数日間、ほてりや赤みといった症状が表れる人もいるようです。

費用は機種によっても違いますが1回あたり、顔全体で1012万円ほどです。

サーマクール

高周波(RF)の熱エネルギーで皮下組織やコラーゲンを収縮させて肌を引き締める治療法です。また、修復の過程で新たなコラーゲンが増生され、収縮したコラーゲンと入れ替わることで肌のたるみが改善されます。

フェイスラインやほうれい線などを始めとする顔全体のたるみや、開いた毛穴の改善に効果が期待できます。照射時に発生する振動の刺激が先に脳に伝わるため、痛みや熱を感じにくいのが特徴です。ダウンタイムはほとんどなく、施術直後のメイクも可能。使用する機器やショット数によって異なりますが、顔全体で1回あたり20万円ほどかかります。しかし、効果は半年ほど継続するので、コストパフォーマンスは悪くないでしょう。

顔のたるみに関する記事はこちら→

ほうれい線

深いほうれい線は、実年齢より老けて見られがちです。「怖い」「怒っているように見える」というイメージを持たれやすいのもデメリット。早めにケアしておきたい肌悩みの一つです。

ほうれい線に関する記事はこちら→

脂肪溶解注射

過剰な脂肪によって頬が垂れ、ほうれい線が深くなっているケースには、脂肪溶解注射がおすすめです。気になる部分に脂肪を溶かす働きのある薬剤を注入することで部分やせができるだけでなく、脂肪細胞そのものを減らすのでリバウンドが起こりにくいというメリットがあります。

注入時の痛みはほとんどありませんが、痛みに弱い人は麻酔も使ってもらえるので相談してみましょう。使用する薬剤によっては施術後に数日間腫れることもあります。1回あたり5,00010,000円ほどが相場ですが、使用する薬剤や量によって異なるのでカウンセリング時によく確認しましょう。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射には、ほうれい線に注射する方法と、こめかみや頬などほうれい線以外に注射する方法があります。前者はほうれい線の線に沿って真下にヒアルロン酸を注入することで内側から持ち上げるように溝を埋めて目立たなくします。一方、後者は周囲をリフトアップすることでほうれい線を浅くして改善します。

ダウンタイムはほとんどなく、稀に注射針による内出血が起こる場合がありますが、マイクロカニューレなどの先の尖っていない針を使用することで回避することが可能です。(マイクロカニューレが別料金の場合もあるので確認が必要)

効果はヒアルロン酸が体内に自然に吸収されてしまうまで続きます。ヒアルロン酸の種類によって半年~2年程度と考えておけばよいでしょう。費用もやはりヒアルロン酸によって異なりますが、1本あたり100,000円前後が平均的です。

まとめ

20代の頃に比べると、肌悩みの種類も増えてくる30代。その上、仕事や家事、育児に忙しく、スキンケアに時間をかけられないという人も多い世代です。そんな30代に美容医療は心強い味方となってくれるでしょう。肌悩みを改善するために、まずはカウンセリングから試してみてはいかがでしょうか。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ