肌悩みの改善や、自分へのご褒美に美容医療を取り入れる女性が増えています。でも、施術にかかる費用は気になりますよね。「リーズナブルに受けられる美容医療はないの?」という声に応えて、1万円台からできる施術を集めました!

キレイになりたい、自分に自信を持ちたい……美容治療はそんな希望を実現に向けてサポートしてくれる特別なケア。肌悩みの改善や、自分へのご褒美に美容医療を取り入れる女性が増えています。でも、施術にかかる費用は気になりますよね。「リーズナブルに受けられる美容医療はないの?」という声に応えて、1万円台からできる施術を集めました!

美容点滴で美容成分をダイレクトに

美容点滴で美容成分をダイレクトに

美容点滴は不足している栄養素や美肌や美容に良いとされる成分を直接血管から体内へ投与する施術です。食物やサプリメントの経口摂取に比べて吸収率が高く、全身に栄養素や美容成分が行き渡りやすくなります

高濃度ビタミンC点滴

経口摂取では取り入れることができない大量のビタミンCを点滴で注入する施術です。メラニンの生成抑制やコラーゲンの産生促進などの働きによる美肌・美白効果が期待できます。その他にも抗酸化作用や免疫力アップなど、健康で美しい肌の維持に有効とされています。

白玉点滴

グルタミン、システイン、グリシンの3つのアミノ酸から構成されるグルタチオンを主成分とした点滴、クリニックによってプリンセス点滴、シンデレラ点滴、ビヨンセ点滴など様々な呼び名で呼ばれています。ルタチオンには高い抗酸化作用や、メラニンの抑制・還元作用があるため、シミを予防・改善したい人や、くすみやハリが気になる人に向いています。また、肝機能改善効果も期待できるため、二日酔いの緩和にも適していると言われています。

美容点滴の費用は?どのくらい受ければいい?

美容クリニックでは、高濃度ビタミンC点滴や白玉点滴の他にも、症状や目的に応じてさまざまな美容点滴を用意しています。栄養素や美容成分をダイレクトに届けることができるため、比較的早く効果を感じる人が多いようです。

費用は点滴の種類によって異なり、白玉点滴の場合は6,000円〜1万円程度高濃度ビタミンC点滴は1万〜1万5千円程度が相場だと言えるでしょう。1~2週間に1回のペースで行うのが一般的です。

導入治療で肌の深部まで有効成分を届ける

導入治療で肌の深部まで有効成分を届ける 

肌に電流や電圧を加えることで、通常のスキンケアでは届かない肌の深部まで美容成分を浸透しやすくする施術です。

イオン導入

肌の表面は、層になった角化細胞とその隙間を埋める細胞間脂質によって水溶性のものが浸透しにくい構造になっています。そのため、ビタミンCなどの水溶性の成分を配合した化粧品を使っても、成分が本当に効いて欲しい表皮や真皮には浸透せず、肌表面の保湿効果しか得られないという結果になってしまいますイオン導入は肌に微弱な電流を流して、水溶液中の美容成分をイオン化することで肌の深部に浸透させる施術です。

イオン導入はビタミンCや美白成分・トラネキサム酸、プラセンタ、グリシルグリシンなど、さまざまな水溶性成分を用いることが可能です。

エレクトロポーション

肌に電圧をパルスでかけて、角化細胞の隙間を埋めている細胞間脂質に極小の隙間を開け、美容成分を浸透させる施術です。イオン導入では難しい、ヒアルロン酸やコラーゲンなど分子の大きい成分や脂溶性の成分肌の深部に届けることができます。肌悩みに応じた成分を選んで導入することで、高い効果が期待できます。

導入治療の費用と施術回数の目安は? 

電流や電圧をかけるなら痛いのでは?と心配になるかもしれませんが、刺激はほとんどありません。エレクトロポーションでできた隙間も、ごく小さい上にすぐにふさがります。ダウンタイムもなく、施術後のメイクも可能です。

費用はイオン導入の場合、ビタミンCやトラネキサム酸なら1回あたり5,000円前後1~2週間に1度のペースで行うのがおすすめです。一方、エレクトロポーションはEGFなどの成長因子やヒアルロン酸、グリシルグリシンなどを使用して1回あたり10,000〜20,000円ほどです。2~4週間に1度が目安になります。

美肌治療の基本ピーリング

肌に残っている古い角質を、フルーツ酸や乳酸など酸の力を用いて柔らかくし、取り除くことでターンオーバーを改善する手法です。ターンオーバーのサイクルを正常化することで、シミやくすみ、ニキビ跡などを徐々に改善します。

グリコール酸ピーリング

フルーツ酸の一種で、AHAの名で知られるピーリング剤の代表的存在です。角質細胞の結合をゆるめて柔らかくし、はがしやすくする働きがあります。古い角質を取り除くことでくすみやごわつき改善へと導くだけでなく、毛穴に詰まった角栓の除去や過剰な皮脂分泌を抑える作用によるニキビ予防・改善効果も期待できます

マッサージピール

トリクロロ酢酸と低濃度過酸化水素水、コウジ酸を配合したピーリング製剤「PRX―T33」をマッサージしながら肌に浸透させていく施術で従来の剥がすピーリングとは違って「浸透型ピーリング」と言われていま。トリクロロ酢酸は成長因子を増殖させ、コラーゲンの産生を促す働きがありますが、強い皮膚剥離作用もあるため、赤みなどのダウンタイムが必須となっていました。PRXT33は肌を保護する低濃度過酸化水素の働きで、剥離を起こすことなくTCAを真皮まで浸透させることが可能となりました肌に10分ほど浸透させた後、拭き取って専用のクリームで保湿するだけで施術は完了。通常のピーリングでは得られない、ハリ感のアップやシワの改善といった効果が期待できます。

ハイドラフェイシャル

特殊な形のハンドピースを肌に当て、渦巻き状の水流をで毛穴の奥までピーリングを行う施術です。水の力で肌を柔らかくして汚れを浮かせ、古い角質を剥離します。次にピーリング剤を塗布して、専用のハンドピースで落としきれなかった角質や角栓などの頑固な汚れを擦って落とします。取り除いた汚れは吸引してピーリングの廃液とともに排出されます。最後に肌を落ち着かせるための美容液を塗布して完了です。ニキビ跡やくすみ、毛穴の黒ずみなどの改善が期待できます。また、従来のピーリングでは刺激が強すぎるという人や、ニキビ肌の人にも施術が可能です。

ピーリングの費用はどれくらい?何回受ければいい?     

クリニックで受けられるピーリングのメリットは、市販のピーリング化粧品を使用したホームケアよりも効果が高く、即効性があることです。また、施術後の保湿や鎮静など、アフターケアもしてもらえるので、安心して受けられます。

施術中の痛みや刺激はほとんどありません。ダウンタイムも必要なく、施術後はすぐにメイクが可能です。

グリコール酸ピーリング・マッサージピールは24週間に1回のペースで継続的に受けるのがおすすめです。費用は1回あたり5,00020,000円が目安です。ハイドラフェイシャルは1カ月に1回、定期的に行うとよいでしょう。1回あたり15,00020,000円が平均的です。

美容治療を受ける前に知っておきたいこと

美容治療を受ける前に知っておきたいこと 

美容治療を受けるにあたっては、施術費用はもちろん重要ですが、他にも知っておきたいポイントがあります。ぜひクリニック選びの際の参考にしてください。

継続して施術を受ける必要がある

美容治療の技術は日進月歩。次々に新しい施術方法が登場しています。しかし、残念ながらどんな治療も、1回で劇的な効果があり、その後の施術は必要ないというわけにはいきませんそれは、時計の針を止めることができないように、施術をした瞬間から老化が進んでいくことを考えると当然のことだと言えるでしょう。肌悩みの改善や、肌のコンディションの維持には一定のペースで継続的に施術を受けることをおすすめします

適切な頻度・回数で行う

例えば、ニキビを早く改善したいからと毎週ピーリングを希望しても、実際に受けるのは難しいでしょう。美容治療は症状や肌の状態に合わせた、適切な頻度と回数があるからです。1回だけでは効果が実感しづらいように、たくさん受ければ効果が早く得られるわけではありません。医師とよく相談して、最適な施術を正しく受けるようにしましょう。

医師としっかり相談する

美容治療を受けるには、医師の診察やカウンセリングが必須です。自分の肌悩みや肌の状態、どのように改善したいかなど、医師にしっかり希望を伝えましょう。また、疑問に思ったことは必ず納得できるまで説明をしてもらってください。特に費用やアフターケアなどはクリニックによっては施術と別料金になっているところもあるので、後から「思っていたのと違う」とがっかりしたり、トラブルになったりしないように、よく確認することをおすすめします。

メリット・デメリットを知っておく

美容治療は自分では対応が難しい肌悩みを改善する効果が期待できます。しかし、一方で施術によって表れるさまざまな症状が落ち着くまでのダウンタイムが必要だったり、費用や時間がかかったりといったデメリットもあります。受けようと思っている施術があれば、そのメリットとデメリットを知った上で検討するようにしましょう。

まとめ

美容治療はハードルが高いというイメージがあるかもしれませんが、美容クリニックが増えてきたことで、ぐっと身近な存在になってきています。1万円以下から1万円台でできる施術もあるので、気になったらぜひカウンセリングを受けてみてくださいね。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ