シワに気づいたら、とにかくすぐにケアを始めたいもの。準備なく始められるマッサージやいつものスキンケアに加えたい方法など、手軽にできる方法を集めたので、トライしてみてください。

笑ったときにクシュっとできる目尻のシワ。若いときは表情豊かで素敵ですが、歳を重ねるごとに元に戻りにくくなり、くっきりと刻み込まれてしまいます。人相学的には吉相といわれている目尻のシワですが、深く刻まれると、女性にとっては気になる悩みのひとつです。目尻のシワを薄くしたり目立たなくしたりする効果的な方法をチェックして、今すぐはじめてみましょう。

目尻にシワができる原因

目尻に限らず肌にシワができる原因は、大きく分けて2つあります。

肌の乾燥

加齢や誤ったスキンケアで肌が乾燥することでシワが起こります。分かりやすいところでは寝起きに気づく寝跡。水分量が充分で弾力のある肌には、この跡が残らないか残ってもすぐに消えてしまいます。笑ったときなどにできるシワも同様。表情ジワは同じところが繰り返し折りたたまれることで、元に戻らずシワとして定着してしまいます。肌が乾燥しているとなおさらです。少しでも肌の乾燥を感じるときは、いつもより念入りな保湿を心がけましょう。

紫外線の影響

紫外線による肌への影響が広く知られるようになり、子供への日焼け対策も提唱されるようになりました。紫外線の中でも特にA波(UVA)は肌内部である真皮層まで到達し、コラーゲンやエラスチンを減らしたり劣化させたりすることで、肌の弾力を奪います。この紫外線の影響による老化を「光老化」、加齢による老化を「自然老化」と言い、どちらもシワの発生原因です。
できてしまったしわを悪化させないため、また新しいしわを発生しにくくするためにも、外出時は日焼け止めを欠かさないようにしましょう。特に、UVAから肌を守る数値として、日焼け止めにはPA値が記載されていますので、このPA値が日常生活では3+程度を選ぶと良いでしょう。

表情筋による影響

顔にはいくつもの小さい筋肉によって構成されています。長年の表情ぐせにより表情筋にに沿ったシワが作られてしまいます。

今すぐできる目尻のセルフケア

シワに気づいたら、とにかくすぐにケアを始めたいもの。準備なく始められるマッサージやいつものスキンケアに加えたい方法など、手軽にできる方法を集めたので、トライしてみてください。

すぐできる、目尻のしわに効果的なマッサージ

特別なアイテムがなくてもできるマッサージは、手軽なうえ、今あるシワにもシワ予防にも役立ちます。自宅で行うときは、肌の刺激にならないようクリームなどを塗ってから行いましょう。蒸しタオルなどで目元を温めてから行うと、効果がアップします。

(簡単蒸しタオルのつくり方)

ハンドタオルを水で濡らし、固めにぎゅっと絞ります。絞ったタオルをラップに包み、レンジで1分ほど加熱してできあがり。取り出してすぐは熱々なので、ちょうどよい温かさになるまで冷ましてから使います。

目尻のシワ対策マッサージ

目尻とこめかみの間を、中指を使ってほぐします。8の字を描くように、上向きに押し上げましょう。強めの力で行うのがコツ。スキンケアと同時にマッサージするのも、コスメ成分が肌にいきわたるのでおすすめです。

目尻のシワ対策マッサージ

  • 人差し指、中指、薬指に美容液などをつけ、指をそろえてまぶたに添うようにのせます。そのまま軽く指を震わせましょう。
  • 人差し指と中指を開くようにあてて、目尻のシワを広げます。もう片方の指で美容液などをすり込んで。

シワ=老化。老化対策に取り入れたい食べ物

シワのそもそもの原因は、肌老化。毎日の食事に気を付けて肌老化を抑え、進行を遅らせましょう。

肌老化を起こす糖化

肌老化は、糖化によりAGEsが発生するために進行することも一因です。糖化とは、食材中の糖分にタンパク質が結合して起こる現象です。身体の中でこの現象が起こって作られるAGEsが、老化を促進させるます。このAGEs、肌老化だけではなく、病気の一因になるとも考えられているので、できるだけ身体に取り入れない生活を送りたいものです。

積極的に食べたい食物繊維や抗酸化成分

糖化をなるべく起こさないためには、食事の際、野菜を先に食べるのが良いと言われています。これは、野菜の繊維質が糖質の分解や吸収を抑えてくれるので、血糖値の上昇が緩やかになり、食べたものの糖化を抑えてくれるから。この方法はダイエットにも効果的ですから、是非みなさんも試してください。

また、食物繊維や抗酸化成分の多い食品は、身体の中のAGEsを排出する役割もあります。AGEsは日常の食事からも知らず知らずに摂取していることが多いので、次の食材を心がけて食卓にのせて、肌老化も身体の老化も防ぎましょう。

  • 食物繊維の多い食材:豆類、豆製品、海藻など
  • 抗酸化成分の多い食材:鶏むね肉、緑黄色野菜、果物

根本からシワにアタックする美容皮膚科の治療

スキンケアやマッサージは、小じわといわれる浅いシワには効果がみられることもありますが、肌の内部から損傷した深いシワへの効果は薄いもの。セルフケアを続けても効果が見られないときは、美容皮膚科での治療も検討してみましょう。

目尻のシワに効果的な治療

ヒアルロン酸・コラーゲン注入

目尻のシワの部分にヒアルロン酸やコラーゲンを直接注入していく方法です。窪みを埋めていくので、直後から効果が見られます。製材により吸収されていく期間が異なりますが、いずれなくなるので繰り返し注入が必要です。

ボトックス注射

表情筋による皺に有効な治療です。シワ周辺の筋肉に注射することで過剰になりすぎている筋肉の動きを抑え、シワを抑える治療です。A型ボツリヌス毒素製剤を使用します。効果には個人差がありますがボツリヌス毒素の効果は3-4ヶ月と期間が限定されています。筋肉の動きを弱めてしわをできにくくする治療なので、続けることでしわの予防にも繋がります。

まとめ

効果的なスキンケアアイテムを続けようとするとコストが気になりますが、美容皮膚科での治療は1度で大きな効果をもたらしてくれるので、コストパフォーマンスに優れていると考えることができます。

また、しわが進行すればするほど、1度にかかる費用負担が大きくなったり、改善できる治療が限られてきたりするため、しわはできる前に早めにケアをすることが重要です。

ボトックスやヒアルロン酸注射の場合、ダウンタイムはほとんどなく、短時間で終わる治療ばかりなので、毎日を忙しく過ごしている方にも負担なく、目元のシワを改善できるでしょう。ご自分のシワの程度や好みの方法で、シワのない目元を取り戻しましょう。

 

記事監修

監修医師写真
中崎恵美 先生
emiスキンクリニック松濤
0334683711

2000年東京医科大学皮膚科入局。2006年皮膚科専門医取得。2007年より皮膚科・美容皮膚科クリニックに勤務しながら、北里大学東洋医学研究所にて3年間漢方医学を研修。2016年渋谷にemiスキンクリニック松濤を開院。趣味はフラメンコ。Attractive agingをモットーに、ナチュラルでより魅力的な美しさを提供しています。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ