背中のシミに対処するため、まずはシミができてしまう原因から探ってみます。ご自分に当てはまりそうな原因はどれか、ぜひ考えながら確認してみてください。

背中にシミができてしまう原因

背中にシミができてしまう原因

「え・・・こんなところにシミ?」こんな風に、ふと鏡を見て自分の背中にシミができていることに気づき、ショックを受けたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。夏場などは大胆に背中の開いた服を着たりしておしゃれを楽しみたい、または、結婚式などのフォーマルな場で背中のあいたドレスを着たいという方も、シミができているとなると躊躇してしまいますよね。

そこでここでは背中のシミに対処するため、まずはシミができてしまう原因から探ってみます。ご自分に当てはまりそうな原因はどれか、ぜひ考えながら確認してみてください。

紫外線を浴びたことによるシミ

こちらは想像がしやすいと思いますが、夏場や止むを得ず長時間外に出て活動をしていた場合などに、紫外線をたくさん浴びてしまいます。背中が隠れている洋服だとしても、UV加工のない白いシャツなどは、紫外線が通過してしまうため日焼けを引き起こしてしまいます。また、海やプールに行って背中が丸出しの状態になっているときには特に注意が必要です。

強い日光が直接背中に当たってしまうことにより、メラニンを合成する酵素であるチロシナーゼが活性化され、メラノサイトからメラニン色素が生成されます。通常、肌内部のメラニン色素は、皮膚のターンオーバーとともに体外に排出され、垢とともに剥がれ落ちるのですが、メラノサイトが異常に活性化してしまっていたり、ターンオーバーが乱れてしまったりすると、部分的にメラニン色素が皮膚内部に滞留し、シミとして肌に現れてしまうのです。

日焼けが落ち着いた秋から冬にかけてシミが目立つようになるので、早めのケアが必要です。特に色白で、日に焼けても赤くなって黒くなりにくい肌の方は、身体のシミができやすいと言われています。入念な紫外線ケアを心がけましょう。

ニキビや傷跡の色素沈着

背中は自分で見えないだけでなく、手が届かないこともありセルフケアがしづらい部位でもあります。背中のあいた服を着てみたら、思っていた以上に背中が汚かったことに気づき、恥ずかしい思いをした経験はありませんか?

背中は汗や皮脂なども多く毛穴が詰まりやすいため、気づかない内にニキビが発生していることも珍しくありません。ニキビに気づかず、放置してしまうことで炎症が長引き、色素沈着を引き起こします。同様に、虫刺されなどによる傷跡も色素沈着を起こしてしまうため、痒いからといって皮膚を傷つけるまで掻いてしまうのは控えたほうがいいでしょう。

代表的なシミの種類

代表的なシミの種類

前項でもご紹介の通り、一口に「シミ」と言っても原因は様々であることがお分かりいただけたかと思います。その原因により対策方法も異なりますので、こちらではそれぞれのシミの種類とその特徴をご紹介しますね。ご自身のシミの種類を判別いただくことでシミを消すために取るべき手段をイメージしていただきたいと思います。

光線性花弁状色素斑

夏場に水ぶくれや火傷になるような急激な日焼けが原因で発症するのが光線性花弁状色素斑です。日焼け後、その症状がしばらくしてから時間差で出てきます。大きさは数mm〜1cm程度で、形は花びら・金平糖のようになっています。肩から背中にかけて散らばったように複数のシミが発生します。

通常のシミよりも深い真皮層までダメージを受けることで発症するため、治療が難しいと言われています。色白の方、日焼けによって肌が赤くなるタイプの方にできやすいので、当てはまる方は注意してください。この花弁状色素斑は、Qスイッチレーザーやピコレーザーといったシミ取りレーザーで治療が可能です。

老人性色素斑

顔にできるシミの多くはこの老人性色素斑ですが、背中や身体、腕、手の甲など、紫外線の当たりやすい場所にも同様のシミが発生します。原因は紫外線と加齢で、紫外線によって過剰に生成されたメラニン色素が、表皮細胞ケラチノサイトの機能が低下することによりターンオーバーが衰えてくることで、大概に排出されずに溜まってしまうことで発症します。

「老人性」とは言っても、日常的に紫外線を浴びていれば20代などの若年層の方でもできることがありますので、紫外線対策は怠らないことが大切です。最も多く現れるのは30代以降の方です。形は円形・楕円形で薄茶色をしています。

クリニックでしっかり治療したい方は、花弁状色素斑と同様にQスイッチレーザーやピコレーザーによるシミ取りレーザー治療が有効です。ハイドロキノンなどの塗り薬や、飲み薬による治療もできます。

炎症性色素沈着

背中に気づかない内にできていたニキビや虫刺され跡の炎症が長引くことで、メラニン色素が過剰に生成されてできてしまうシミのような茶色い跡のことを炎症性色素沈着といいます。基本的に色素沈着は、シミとは違って時間が経てばターンオーバーとともに薄くなり、消えていくものなので、治療は必要ないと考えられていますが、衣服の刺激などによって残ってしまうものもあります。

治療法としては、あまり刺激を与えたり、炎症を引き起こしたりしない方がいいため、レーザートーニングやピコトーニングといった肌に刺激の少ないものがいいでしょう。ビタミンCやトラネキサム酸のイオン導入、ケミカルピーリングなども色素沈着を薄くする効果が期待できます。

セルフケアでシミができるのを防げる?

セルフケアでシミができるのを防げる?

原因やシミの種類が分かったら、大切なのは「どう対策するか」です。まずは自分でできるセルフケアを行って、今あるシミをできるだけ目立たなくすることを考えてみましょう。ここでは、セルフケアの方法をご紹介します。セルフケアはクリニックの受診よりコスパが良く手軽ですので、お悩みの方はぜひ参考にして試してみてくださいね。

日焼け止めをしっかり塗り、日傘を使う

様々な種類のシミがありますが、どのシミにも共通して言えるのは紫外線が最大の要因ということです。背中のシミに限ったことではありませんが、シミの予防には「紫外線対策」は重要なキーワードになります。日光の当たる場所では短時間でも日傘を使ったり、日焼け止めをしっかり塗ったりして、「汗で流れたな」と思ったら再度塗り直すことが大切です。また、背中は一人で日焼け止めが塗りにくい部位でもあるため、日傘を使うなどして、紫外線が直接皮膚に当たらないよう工夫しましょう。

日焼け止めを使用する場合は、スプレータイプにすることで、背中の塗りにくい部分もカバーができるでしょう。尚、花弁状色素斑や老人性色素斑に関しては、既にできているものはセルフケアでは薄くすることができません。そのため色白の人など花弁状色素斑ができやすい体質の方は、事前の予防対策が必須です。

UVカット加工の衣服を着る

こちらも紫外線対策の一環です。夏場はちょっと暑いと感じるかもしれませんが、全体をカバーできる長袖のUVカット加工の衣服を身につけるのがいいでしょう。紫外線を浴びないことが一番のシミ予防です。侮ることなくしっかり対策してください。

日焼け止めサプリを飲む

「飲む日焼け止め」と言われているサプリメントが数多く存在します。日焼け止めを塗るケアももちろんですが、身体の中から紫外線のダメージを和らげることができるサプリメントも併用することで、より効果的な紫外線対策となります。

日焼け止めサプリメントは、かなり多くの種類が様々な企業から発売されていますが、代表的な主成分が2つあります。それが、元祖飲む日焼け止めと言われている「ヘリオケア」に配合されているシダ植物由来の「ファーンブロック」と、紫外線に強い地中海の植物から抽出した成分である「ニュートロックスサン」です。

どちらも研究機関で長年の研究に亘って開発された成分ですので、このどちらかが入っているもの、さらに含有量が多いものを選ぶといいでしょう。嬉しいのが、思いがけずに日焼けしてしまった後に飲んでも効果を発揮してくれること。日焼けによるダメージを最小限にしてくれるそうなので、もしもの時のために常備しておくのもいいかもしれません。

すでにできてしまったシミは医療機関で治療を行うのがおすすめ

すでにできてしまったシミは医療機関で治療を行うのがおすすめ

「セルフケアでは足りない・・・」「すぐに簡単にシミを消したい」という方には、クリニックを受診していただくというのも1つの手です。専門知識を持った医師が、シミの種類や希望に合わせて効果的な治療法を紹介してくれます。

ここでは、背中にできたシミの治療に効く医療機関での治療方法をご紹介しますのでご確認ください。

レーザー治療

美容皮膚科では様々な種類のレーザー治療が用意されています。シミの種類や大きさによって効果のあるレーザー治療は異なります。

光線性花弁状色素斑や老人性色素斑のレーザー治療には「Qスイッチレーザー」や「ピコレーザー」によるシミ治療が効果的です。レーザーの種類には、ルビー、アレキサンドライト、Nd;YAGと様々ありますが、どの種類でもメラニンに反応してシミを除去するという作用があるため、この機種でないとダメと言うようなことはありません。

ただ、Qスイッチレーザーよりはピコレーザーの方が皮膚へのダメージが少ないため、ダウンタイムが短く軽く済むと言われています。Qスイッチの場合は、治療後1週間ほど絆創膏で保護する必要がありますが、ピコレーザーでは絆創膏は必要ない場合が多いとのことです。

料金はシミの大きさや数によって変わってきます。相場としては5mm以下で3,000〜5,000円ほどです。参考にしてみてください。

美白の塗り薬

炎症性色素沈着の場合、クリニックで処方される美白の塗り薬を使用することで、色素沈着部分の色を薄くすることができます。塗り薬の中で最も効果が高いと言われているのが「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンはイチゴなどの果物やコーヒーにも含まれる成分で、皮膚を紫外線によるダメージから守る働きがあります。市販品もありますが、濃度が2%以下と定められており、クリニックで処方されるものよりも低濃度になります。料金は5g 2,000円弱ほどです。

まとめ

背中にシミができる原因やシミの種類、セルフケアや美容皮膚科の受診による対策方法をご紹介してきました。シミには直射日光の浴びすぎやニキビや傷跡に起因するもの等、様々な原因が考えられますが、どの種類も紫外線がよりシミを悪化させる要因になりますので、しっかり紫外線対策するのは必須です。

また、日傘やUVカット加工の服を使って日常で浴びる紫外線をしっかり避けるのもポイントです。飲む日焼け止めも、単体では塗る日焼け止めより効果がありませんが、併用したり、日焼け後に飲んだりすることで、より効果的な紫外線対策になることでしょう。

「確実にシミを消したい」「すぐにシミを消したい」という場合には専門家であるクリニックが強い味方になってくれます。シミの種類を踏まえて、よく相談して適切な治療方法を選択してください。背中のシミが綺麗になって、自信を持っておしゃれを楽しめることを願っています。

 

記事監修


山下真理子先生

京都府立医科大学を卒業して、医師に。 大阪市内で美容医療に携わりながら、医療教育にも従事。 コラムの執筆やモデル業の傍ら、17公式ライバーとしてライブ配信も行っている。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ