シミの大きな要因はやはり紫外線。
しかし、肝斑は一般的なシミとは特徴や原因が異なることもあり、紫外線と関係しているのか気になるところ。
肝斑も紫外線で発症・悪化するのか、肝斑を防ぐためにはどんなことをすればいいのか、肝斑と紫外線の関係性についてまとめました。

肝斑,紫外線,悪化,改善,対策

肝斑と紫外線の関係

紫外線,肝斑

美容ヒフコ公式LINEアカウント

肝斑にはホルモンバランスや摩擦刺激など、さまざまな要因が関係していることから、紫外線だけが原因とは言い切れません。

しかし、肝斑もほかのシミと同様に、紫外線で悪化すると考えられているため、予防や改善には徹底した紫外線対策やケアが必要になります。

肝斑の特徴

肝斑は両頬やあご、口の周りによくできる薄茶色の色素斑で、左右対称に同じ大きさ・形で表れるのが大きな特徴です。

30〜40代の女性に発症年齢が集中しており、症状が見られるのはだいたい50代半ばくらいまで。

閉経と同時に自然と薄くなったり消えたりすることもありますが、紫外線を浴びることで悪化することもあります。

肝斑について詳しくはこちらの記事もご参照ください。
​​

肝斑の主な原因

肝斑ができる要因には複数のことが挙げられ、確かなことはまだ解明されていません。

妊娠や出産、生活習慣などで女性ホルモンのバランスが乱れることが要因のひとつと考えられているほか、一般的なシミと同じように紫外線を浴びると悪化することが報告されています。

また、紫外線が強くなる夏に濃く目立ちやすくなることからも、肝斑は紫外線とは無関係とは言えません。

紫外線は肝斑以外のシミの原因にも

紫外線は、肝斑だけでなくほかのシミの原因としても挙げられるので、日ごろから紫外線対策には注意したいところ。

肝斑やシミの元となるのは、皮膚の内側で蓄積されているメラニンという色素で、紫外線を浴びると肌を守るために大量に生成されたメラ二ンが表皮に押し出され、シミや肝斑などのように皮膚の表面に表れてしまいます。

ほかにも要因があるとしても、紫外線を浴びることでシミや肝斑が悪化してしまうのは、避けられない事実なのです。

シミと肝斑の違い

シミと肝斑は、紫外線によって悪化することや見た目など、ほとんど同じように思えるところも多いですが、大きく異なる部分もあります。

顔の左右対称にできやすく、ぼんやりした輪郭がはっきりしないくすみは肝斑の可能性があり、見分ける際のポイントになります。

ほかにも、肝斑には女性ホルモンも関係していることから、30~40代になって急に増えてきた、妊娠中やピルの服用中にできたなどの特徴があれば、肝斑の可能性が高いでしょう。

シミか肝斑かで治療法も異なるため、気になっているシミがあるなら自己判断をせずに、専門医の診察を受けると、肌状態にあった治療を受けることができます。

肝斑とシミが重なっていることも

肝斑は、老人性色素斑などのシミやくすみと重なっていることも多いです。

こういった場合の治療方法は、

  • 肝斑とシミ、どちらか一方を優先させて治療する
  • どちらも同時に治療する

など、医師によって見解が分かれやすく、治療方法は多岐に渡ります。

肝斑とシミを同時に治療したい場合は、レーザートーニングやピーリング、イオン導入などが推奨されることが多いようです。

事前に予算や通院可能な回数、期間などを医師としっかり相談した上で、希望に近い内容の治療を進めていくとよいでしょう。


肝斑を紫外線から守る対策法

肝斑,紫外線対策

ご紹介してきたように、肝斑の発症や悪化には、紫外線が大きく関わっています。

新たな肝斑を作り出さないためだけでなく、できてしまった肝斑を悪化させないためにも、紫外線対策は非常に重要です。

徹底的に紫外線を避けて肝斑の悪化を予防

肝斑を悪化させないためには、紫外線を徹底的に避けることが効果的。紫外線対策をすることで、ほかのシミ予防にもなります。

短時間の外出や室内で過ごす日も、紫外線対策を欠かさず行うとよいでしょう。

日ごろから日焼け止めを使っている人も多いかと思いますが、日焼け止めだけでは紫外線対策が不十分なこともあるため、帽子や日傘などで直射日光をガードすると、より防御効果が高まります。

また、マスクをしていると紫外線を遮断できているように感じてしまいますが、一般的なマスクは紫外線を透過するため、UV対策はできません。

マスクの下にも日焼け止めを塗り、UVカット機能のあるマスクを選ぶなど、徹底した紫外線対策を行うようにしてください。

肝斑治療中の紫外線は特に症状を悪化させやすい

肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸などの内服薬は、体内からメラノサイトに働きかけてメラニンの生成を抑制・阻害する効果がありますが、内服薬をしっかり服用したとしても、紫外線を浴びてしまうと肝斑改善効果を感じにくくなってしまいます。

また、レーザートーニングやピーリングなどの治療を受けている時期は、肌が外的刺激に対して敏感になっているので、通常よりも紫外線の影響を受けやすく、肝斑の悪化リスクが高まってしまうのです。

最大限の効果を得るためにも、治療中はいつも以上に紫外線対策を怠らないようにしてください。

肝斑と紫外線の関係まとめ

肝斑の原因は紫外線だけではありませんが、紫外線を浴びることによって発症・悪化する可能性は十分あります。

紫外線はほかのシミの主要因にもなるものですので、ふだんから紫外線対策をしっかりして、シミや肝斑の予防に努めましょう。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!