赤裸々に今まで経験した美容医療について語るYouTubeチャンネルが大人気!
「日々の努力よりも科学の力で一発逆転を信じている」というバービーさん。

自身のお悩みである「クレーター肌改善」のために受けた美容医療に関する動画が総再生回数260万回超えと、圧倒的な注目度の高さを誇っています。

今回の記事では、バービーさんが受けたクレーター治療や回数、費用をご紹介します。

バービー,クレーター,治療,費用

美容ヒフコ公式LINEアカウント

バービーさんのクレーター治療についてご紹介します。

バービーさんのクレーター治療経歴をご紹介

バービーさんは「クレーターは洗顔や化粧水では治せない」と思い、20歳頃から美容クリニックでの治療をスタートしたそう。

これまでに受けた治療や回数、費用の目安をご紹介します。
※紹介する費用はバービーさんが受けた当時のものです。

クレーター治療経歴①フラクショナルレーザー

バービーさんが最初に受けたクレーター治療は「フラクショナルレーザー(まだCO2フラクショナルとよばれる前のマシン)」でした。

今から15年以上前、当時大学生だったバービーさんは、3回コースで20万円もする料金を頑張って支払ったそう。

当時の技術や機器は現在と大きく異なり、とにかく激痛!

さらに費用がかなり高額だったため、続けられなかったと語っていました。

昔は美容クリニックの数も少なく、気軽にレーザーを受けられる環境ではなかったのですね。

クレーター治療経歴②CO2フラクショナルレーザー

バービーさんが次に受けた治療が「CO2フラクショナルレーザー」

22歳〜23歳にかけて、5回ほど照射を繰り返したそう。

初めてレーザー治療を受けた時よりも美容クリニックの数が増え、施術単価が下がっていたため、1回あたりの料金は3万円ほど。

また、レーザー機器の進化によって痛みも軽減されたようです。

クレーター治療経歴③アファーム

23歳〜24歳の間は、当時「フラクショナルよりも安い」といわれていたアファーム(フラクショナルレーザーの一種)を5回ほど受けたそう。

こちらは一般皮膚科での照射で、1回あたり20,000〜25,000円程度。

アファームはCO2フラクショナルより費用が安い分、深いクレーターに対しては穏やかな効果だと感じた模様です。

しかし、バービーさんは20代半ばから後半にかけては仕事が忙しくなり、ダウンタイムが取れなくなったため、アファームを含め、レーザーは数える程度しか照射できなかったと語っています。

クレーター治療は1週間ほどダウンタイムが必要

「レーザーによるクレーター治療は、どの方法でも1週間ほどのダウンタイムが必要だった」と語るバービーさん。

クレーター治療に使用するレーザーは高い出力で照射するため、どうしてもある程度の期間は赤みやかさぶたが目立つのです。

実際にバービーさんも、ダウンタイム中に向かった仕事現場で「顔にバーコード(照射跡)がついているぞ!」と言われたのだとか。

かさぶたが剥がれていくにつれて徐々に柔らかく、つるりとした肌が現れますが、大事な予定の前後は照射を避けた方がよいでしょう。


1番痛くてトラウマになった治療は「ヘイロー」

20代後半、美容皮膚科のロケで1回なんと25万円もする「ヘイロー(フラクショナルレーザーの一種)」を受けた時がとにかく痛かったと語るバービーさん。

その痛みは「施術ベッドから体が浮いたんじゃないか?!」と思うほどだったそう。

ヘイローはク、レーターが大幅に改善されて肌がキレイになったと感じる反面、痛すぎて本当にもう無理……と心が折れてしまったようです。

クレーターは1回の治療で完治させることが難しく、回数を重ねるにつれて効果を感じやすくなるため、自分に合った方法探しがとても大事です。

少ないダウンタイムで効果を実感できた治療は「ピコフラクショナル」

様々な治療を経てバービーさんがたどり着いたクレーター治療が、近年人気急上昇中のピコレーザーを使用した「ピコフラクショナル」です。

過去に受けたレーザー治療と比較すると圧倒的にダウンタイムが少なく、照射直後からメイクが可能な点もお気に入りなのだとか(照射翌日からのメイクを推奨しているクリニックもあり)。

忙しい仕事のスケジュールを気にすることなく、効果的にクレーター治療を進められるとこも魅力的だったそう。

バービーさんは定期的にピコフラクショナルを繰り返したことにより、グっとクレーターが浅くなったと感じたようです。

こちらの費用は、1回40,000円ほどだったそう。

バービーさん的クレーター治療の最終兵器「ヴァンパイアフェイシャル」

レーザーによってクレーターがかなり目立たなくなったバービーさんがたどり着いた最終兵器は「ヴァンパイアフェイシャル」だったそう。

これは、ダーマペン4とPRP療法を組み合わせた治療方法です。

肌表面に髪の毛よりも細い超極細針を刺して微細な穴をあけてから、肌の再生を促す成長因子を含むPRPを肌へ塗布することで、コラーゲン増生と美肌効果が期待できるというもの。

バービーさんはヴァンパイアフェイシャルを3,4回ほど受けたところ、肌のツヤや柔らかさを実感できるようになったそう。

ちなみに、費用は1回あたり12万円ほどだったようです。

ヴァンパイヤ フェイシャルは、クレーター以外にもシワやたるみ毛穴といったエイジングサインにも有効で、若々しい肌を手にできると話題になっています。

バービーさん的クレーター治療の裏ワザ?!「電気メス」

クレーターに悩む方の意外な盲点が「小さなイボ」だと語るバービーさん。

顔のイボを取ることで、一気に肌のなめらかさが出やすくなるそう。

バービーさんは電気メスで顔のイボを10個ほど除去した際、クレーターの凹み周辺の肌(盛り上がっている部分のみ)も同時に削ってもらったようです。

1回で肌の印象が大きく変わりやすい治療だったようですが、現在この治療方法を提案しているクリニックはほとんどなく、正常な皮膚を削るため、ハイリスクな治療といえるでしょう。

大きく凹んだクレーターには効果的とのことですが、電気メスはあくまでもイボの治療として、クレーターは電気メス以外の治療方法でアプローチといった方法をおすすめします。

ちなみに電気メスはイボだけでなく、ほくろ治療にも使われています。
詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

気になるクレーター治療費の総額は…?

YouTube動画やテレビ番組などで、過去の美容医療費用を公表しているバービーさん。
その総額は…なんと400万円以上!

「どうしたら肌状態がよくなるのかを常に考えた結果、美容クリニックでの外科的治療が必要」と思い、試行錯誤して現在に至っているとのことでした。

でも、「綺麗になるための費用だとしても、ここまで予算はかけられない…。」という方も多いはず。

予算内で効果的にクレーター治療を進めるためには

  • 肌状態をしっかりと見極め、原因を知ること
  • 原因にあった治療方法を選択すること

の2つです。

クレーター治療は、ニキビ治療経験豊富な医師が在籍する「ニキビ治療が得意なクリニック」で相談してみるとよいでしょう。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!