スキンケアやコスメの情報は溢れるほどにあっても、その中から自分の悩みを改善する方法を見つけ出すのはなかなか大変ですよね。
そこで、女性社員率が90%を超えるオフィスで肌の悩みに関するアンケートを実施。今回はその回答と対策を集計・大公開します!

「あなたは自分の肌に満足していますか?」

こんな質問に「はい!」と即答できる人は少ないのではないでしょうか。ほとんどの女性は肌に何らかの悩みを抱えているもの。でも、スキンケアやコスメの情報は溢れるほどにあっても、その中から自分の悩みを改善する方法を見つけ出すのはなかなか大変ですよね。

そこで、女性社員率が90%を超えるオフィスで肌の悩みに関するアンケートを実施。今回はその回答と対策を集計・大公開します!

まずは全年代の肌悩み・総合ランキングから見ていきましょう。回答してくれた女性たちの年齢層は以下のようになっています。

肌悩み,年代

幅広い年代の女性たちから寄せられた、「肌悩みを3つ、気になる順にその理由とともに挙げてください」というアンケートの回答をもとに、 

1番気になる悩み=3ポイント

2番目に気になる悩み=2ポイント

3番目に気になる悩み=1ポイント

で集計しました!

1位シミ・そばかす

第1位はどの年代でも票を集めた「シミ・そばかす」でした!

やはり女性にとってシミのない美肌は永遠のあこがれ。「美白」という言葉に反応せずにいられない女性も多いのではないでしょうか。 

  • 普通のファンデーションだと隠せないし、コンシーラーも色が白いので浮いて見える(20代・なごさん)
  • 33歳になってから急に日焼けしていた頃のシミが目立ってきて、薄付きのファンデーションでは満足できないようになってしまった(30代・SRさん)
  • 特に年齢を重ねた女性は、シミがだんだん濃くなってきた、増えてきたという悩みを抱えているようです。
  • 加齢に伴い増えてきた(40代・blueさん)
  • 肝斑で肌が黒く見える(50代以上・Iさん)

2位毛穴の開き・黒ずみ

2位は20代・30代から多く挙げられた「毛穴の開き・黒ずみ」。

開いた毛穴は汚れがたまりやすいだけでなく、毛穴部分が影になって肌がくすんで見えたり、毛穴同士が繋がってシワのようになってしまったりと放ってはおけないトラブルの可能性が山積みです! 

  • ファンデーションが毛穴に落ちて化粧が崩れやすいから(20代・こたさん)
  • 皮膚科で乾燥から毛穴の開きが起きることがあると聞いて、対策したいから(20代・すみれさん)
  • 日焼け止めやファンデーションが毛穴に詰まって、塗れば塗るほど肌が汚く見えるから(30代・みわさん)

3位目の下のくま

そして30代以上で目立った「目の下のくま」。2番目に気になる悩みに挙げる人が多かったため、第3位にランクインしました。老けて見える、「疲れてる?」とよく聞かれるなど、印象が左右されてしまうことはやはり女性にとって重大な問題ですよね。

  • コンシーラーを使っても隠せないくらい濃くなることがある(30代・ささん)
  • 表情が暗く見える(40代・チコさん)
  • 疲れて見える(40代・ピノさん)

その他の悩み

また、3位以下にも「あるある!」と思わずうなずいてしまいそうな悩みとコメントがずらりと並びました。

  • ほうれい線

30代になってから急に老けて見えるようになってきた(30代・きみちゃんさん)

  • くすみ・透明感のなさ

スッピンだと顔色が悪く見える。(20代・こたさん)

  • 輪郭の悩み(顔が大きい、丸顔等)

何着ても決まらない!髪型も苦労する(30代・らきちゃんさん)

肌の悩みは本当に千差万別。女性の数だけ悩みがあるのでは?と思えるほど多岐にわたっています。

でも、悩みは言い換えれば「キレイになりたい!」という気持ちの表れ。理想の肌に近づくために、続いて肌悩みTOP3の対策を見ていきましょう。

肌悩み別・治療方法を紹介!

シミ・そばかす

シミには紫外線や加齢によってできる「老人性色素斑」、遺伝的要素が強い「そばかす」、ホルモンバランスの乱れが主な原因の「肝斑」、やけどや傷、ニキビなど炎症がもとで跡になる「炎症後色素沈着」などがあります。

シミやそばかすには美白化粧品を使う、紫外線対策をするといった日頃のお手入れが不可欠です。しかし、できてしまったシミを取り除くには時間がかかりますし、セルフケアでは改善が難しいものもあるでしょう。

そこでおすすめなのがクリニックでのシミ治療。シミの状態や肌質に合わせて、さまざまな方法があります。

フォトフェイシャル(光治療)

IPLIntense Pulsed Light)という特殊な光でシミやそばかすの原因であるメラニンにダメージを与える方法です。ターゲットであるメラニンに到達すると光エネルギーが熱エネルギーへと変換されるため、健康な部分には影響がなく、痛みもほとんどありません。

同時にコラーゲンの生成も促すため、115分ほどの照射でシミ・そばかすだけでなく肌のハリやキメの回復にも効果が期待できます。ダウンタイムがないので施術後すぐにメイクができるのもメリットです。

34週間に1回の施術が必要で、費用は1回あたり25,000円ほどが相場です。

シミ取りレーザー

シミやそばかすの元となるメラニン色素をターゲットに、さまざまな波長のレーザーを照射して破壊し、除去する方法です。レーザーの種類は様々で、熱エネルギーによってメラニン色素を破壊するQスイッチレーザー(ナノレーザー)や、衝撃波によってメラニン色素を細かく粉砕するピコレーザーなどがあります。また、ルビーレーザーやNd:YAGレーザーなど、波長によっても効果や作用に違いがあります。

通常のしみやそばかすだけでなく、フォトフェイシャルでは難しいとされている薄いシミやあざ、タトゥーの除去にも効果を発揮します。

シミの場合は濃さや大きさにもよりますが、ほとんどの場合1回の施術で除去でき、1㎝のシミ照射で費用はだいたい15,000円ほどが一般的です。

また、ほてりや赤み、照射部分のかさぶたといったダウンタイムが12週間あります。ピコレーザーの場合はナノレーザーよりダウンタイムが少なく済むので、仕事の都合などでダウンタイムが十分に取れないという人にはこちらがおすすめです。

照射する範囲によって費用が異なるので、クリニックでよく確認してくださいね.

ケミカルピーリング

弱い酸性の薬剤を用いて、古い角質を取り除くことでターンオーバーを整え、新しい肌細胞の産生を促す方法です。メラニンも併せて排出するので、シミやそばかすを徐々に薄くする効果があります。また、毛穴汚れや角栓によるニキビ、角質の肥厚化で起こるくすみやごわつきも改善できます。

ただし、シミやそばかすの場合、ケミカルピーリングだけでは効果が表れるまでに時間がかかるので、多くのクリニックでは他の方法と組み合わせて行うことを勧めています。

1回あたりの費用は顔全体で10,00015,000円くらいが一般的です。

シミ・そばかすに関する詳しい記事はこちらにもありますので、参考にしてみてくださいね!

 

シミの種類とメカニズム

そばかすを消す方法

シミ対策まとめ

 

毛穴

毛穴は汗や皮脂を分泌し、体温や肌のバリア機能を保つという大切な役目を担っています。しかし、はっきりとわかるほど開いてしまったら放ってはおけません。肌トラブルの原因になりかねないだけでなく、見た目もイマイチ……。そこに黒ずみまで加わってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?

毛穴が開いてしまう原因には、乾燥や過剰な皮脂分泌による皮脂詰まりやニキビ、毛穴周囲の肌がたるんでしまうことなどがあります。多くの場合、前者は毛穴が丸く、後者は滴のような形になっています。

スキンケアやマッサージなどのセルフケアでは、完全に開いた毛穴を元に戻すのは困難。ぱっくり毛穴を改善して、あこがれの陶器肌を手に入れるに、美容医療の力を借りましょう!

毛穴の開き

  • イオン導入

機械を使用して肌に微弱な電流を流してバリア機能を緩め、ビタミンCやトラネキサム酸などの美容成分を深部にまで浸透させやすくする方法です。

毛穴の開きにはグリシルグリシンというアミノ酸が有効とされています。皮脂に含まれる不飽和脂肪酸による炎症性サイトカインの産生を抑制し、肌のキメを整えて改善する働きがあります。また、コラーゲンを構成する成分でもあるので、コラーゲン増生を促すことで肌のハリを取り戻す効果も期待できます。

2週間に1回程度の施術が必要ですが、痛みやダウンタイムはなく、費用も一回あたり5,000円前後とリーズナブルなのが魅力です。

  • マッサージピール

PRX-T33という薬剤をマッサージするように塗布することで、美容成分を真皮にまで浸透させ、コラーゲンの生成を促進する方法です。コラーゲンを作る線維芽細胞の増殖因子を活性化させる働きのある高濃度トリクロロ酢酸が真皮まで浸透。

この時、過酸化水素が肌を保護するため、皮膚表面にダメージを最小限に抑えることができると言われています。肌にハリを生み出すことでたるみが改善され、毛穴も目立ちにくくなります。また、メラニンの生成を抑制するコウジ酸の働きでシミやくすみ、肝斑などの改善にも効果が期待できます。

ダウンタイムはなく、施術直後からメイクが可能。かさぶたなどもできません。

13週間おきに1回ずつ、5回ほどの施術がおすすめですが、一時的にほてりや赤みが表れることがあるので、医師とよく相談してスケジュールを組むようにしましょう。費用は1回あたり15,000円前後が平均的です。

  • フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーは一回の施術で肌の約20%の入れ替えが可能とされている治療方法です。レーザーで極小の穴を無数に開けることで再生力が促進され、深部まで到達した熱エネルギーがコラーゲンの増生を促すため、若々しいハリのある肌に生まれ変わることができるのです。

開いた毛穴の縮小やたるみ、ニキビ跡の改善だけでなく、美肌効果も期待できるのがメリットです。

効果が高い分、施術時に痛みがあることやダウンタイムが必要といったデメリットもあります。しかし、施術前には麻酔を使用しますし、照射跡にできるかさぶたも従来のレーザーに比べるとごく小さなもので目立ちません。

費用はクリニックによって異なりますが、顔全体で1回あたり30,000円ほど。1カ月おきに45回の照射が必要とされています。

その他、毛穴の開きに関する記事はこちらを参考にしてください!

憧れの毛穴レス肌に!

毛穴の開き対策

たるみ毛穴治療6選

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみには、詰まった角栓が酸化して黒く見えるタイプと、毛穴の縁に沿って色素沈着してしまうタイプがあります。また、肌のたるみによって毛穴に影ができて黒っぽく見えるケースも見られます。

黒ずみを改善するには、自分のタイプに合わせた適切な治療が必要です。

  • ハイドラフェイシャル

渦巻き状の水流で古い皮脂や角質を洗い流し、毛穴汚れも取り除く方法です。ピーリングの一種ですが、美容成分を導入しながらピーリングを行うため、乾燥などの肌への負担が少ないのが特徴です。また、洗浄しながら美容成分も同時に補給するため、施術後は潤いのあるふっくら肌に。水流の刺激でコラーゲンの増生を促す効果も期待できます。

月に1度のペースで定期的に行うのがおすすめ。費用は1回につき20,00030,000円ほどです。 

  • ケミカルピーリング

フルーツ酸などの酸性の薬剤を使って、角質層から表皮の上層部を剥離する方法です。古い角質や毛穴に詰まった角栓なども一緒に除去することができ、肌のターンオーバーを正常な状態へ導きます。また、汚れやたまった角質を取り除くことで、日々のスキンケアで使用する基礎化粧品の美容成分も浸透しやすくなるのもメリットです。

ダウンタイムはほとんどありませんが、施術後は一時的に肌が敏感になるので、十分な保湿や紫外線対策が必要です。

効果を実感するには、数週間に1度のペースで複数回の施術がおすすめ。費用の目安は1回あたり5,00010,000円ほどです。 

  • レーザーピーリング

メラニンに反応するレーザーを照射してシミやそばかすを破壊すると同時に、皮脂汚れや古い角質を熱で蒸発させて取り除く方法です。

レーザーの熱刺激がコラーゲンの産生も促すため、たるみやシワにも効果が期待できます。皮脂詰まりや色素沈着、たるみによる毛穴の黒ずみや、毛穴の開きそのものを改善してくれます。

1ヶ月に1回のペースで3回以上の施術により効果を実感できる人が多いようです。費用は1回につき15,00020,000円ほどかかります。

 

毛穴の黒ずみに関してはこちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください!

毛穴の黒ずみはなくせる!クリニックだからできる3つの原因別毛穴レス美肌になる治療法

目の下のくま

目の下のくまには、寝不足や疲労、ストレスによる血行不良や色素沈着、目元のたるみが影を作って黒ずんで見えるなど、さまざまな原因があります。

改善のためには、まず原因を知って適切に対処することが必須です。

血行不良の場合は食事や生活習慣の見直し、マッサージなどで改善が期待できるでしょう。しかし、色素沈着やたるみによるものであれば、クリニックでの治療を検討してみてください。なんと言ってもセルフケアより早く効果を実感できるのが魅力です。

  • 光治療

くまの中には色素沈着によるものがあります。まず挙げられる原因はメラニンですが、紫外線だけでなくメイクやクレンジング、自己流のマッサージなどによって肌を刺激することで生成されることも知っておいてください。

フォトフェイシャルは、肌に色がついてしまったくまの改善に有効です。症状に合わせた波長のIPLを照射して、ターゲットのメラニンを熱エネルギーで破壊。健康な肌にダメージを与える心配がありません。

1回あたりの費用は顔全体で25,000円程度。1カ月に1回のペースで4~5回の施術が必要です。 

  • レーザートーニング

低出力のレーザーを広範囲に渡って照射することで、メラノサイトを刺激せず徐々にメラニンを減らしていく方法です。数回の施術が必要ですが、色素沈着によるくまだけでなく、シミや肝斑、肌のくすみなどの改善にも効果が期待できます。また、照射部分全体をトーンアップし、顔色も明るく見せてくれるのもメリット。

施術中の痛みやダウンタイムはほとんどありません。1回あたりの費用は顔全体で25,000円ほどが平均的です。

  • ケミカルピーリング

サリチル酸やグリコール酸、乳酸などの弱い酸性の薬剤を使用して、肌表面の古い角質や毛穴汚れを取り除く方法です。表皮もごく薄く剥離してターンオーバーを促し、色素沈着によるくまを始め、シミやニキビ跡、毛穴詰まり、肌のごわつきやくすみといったさまざまな症状を改善してくれます。

使用する薬剤によって異なりますが、1週間から1カ月に1回のペースで5~10回の施術が必要です。費用は1回あたり5,00010,000円ほどかかります。

目の下のくまに関しての詳しい記事はこちらになりますので、悩んでいる方は読んでみてくださいね。

クマを消す方法を各種紹介!医療機関なら根本的な治療も可能です

まとめ

誰でも肌の悩みを一つ二つは抱えているものです。しかし、今はさまざまな肌悩みに対応する治療方法がちゃんと用意されている時代。自分の症状に合った治療で悩みを改善して、美肌への第一歩を踏み出しましょう!

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ