美容クリニックの毛穴治療には様々な治療が用意されています。もちろん効果や副作用には個人差がありますが、それぞれの治療のメリット、デメリットをよく理解した上で、自分の生活や予算にあった治療を選ぶようにしましょう。

憧れの毛穴レスな陶器肌を手に入れる クリニックの最新治療

最近、鼻や頬の毛穴が開いているのがとても気になる。メイクも落ちやすい。
暖かくなるにつれて、皮脂の分泌量が増え、「毛穴落ち」や「毛穴浮き」によるメイク崩れが起こりやすくなります。
カバー力の高いファンデーションや毛穴落ちを防ぐ下地に変えてみたけれど開いた毛穴は隠し切れない。憧れの陶器肌なんて・・・。
とあきらめる前に、思いきって美容クリニックでの毛穴治療をはじめてみませんか?

毛穴の開きの改善に美容クリニックでの治療をお勧めする理由

毛穴の開きの改善に美容クリニックでの治療をお勧めする理由

肌の悩みの中で、どの年代においても常に上位にランキングされる「毛穴の悩み」。
原因や具体的な解決方法がわからずセルフケアをしても変化がない、と悩んでいる方が多く見受けられます。

「毛穴の開き」といっても、毛穴そのものに原因がある場合と、毛穴周辺の肌の状態やハリの低下によって毛穴がゆるんでいる場合があり、自分でその原因を見極めるのは困難です。しかも、一度開いてしまった毛穴はなかなか元には戻りません。

美容クリニックでは、専門の医師が原因をつきとめ、一人一人の肌状態に合わせた最適な毛穴治療を提案してくれます。自宅でのセルフケアに比べて即効性が高いだけでなく、乾燥など他の悩みも含めた治療もアドバイスしてもらえるため、肌のトータルケアが叶うことも魅力です。

自分に合う施術はどれ?治療方法の選び方

自分に合う施術はどれ?治療方法の選び方

初めて美容クリニックを受診する場合は、どんな治療なのか?費用や副作用は?など不安がいっぱいだと思います。

美容クリニックの毛穴治療には様々な治療が用意されています。もちろん効果や副作用には個人差がありますが、それぞれの治療のメリット、デメリットをよく理解した上で、自分の生活や予算にあった治療を選ぶようにしましょう。

毛穴の開きは、多くの場合、ニキビ、乾燥、加齢、など原因が複数あり、治療も組み合わせて行うことが必要です。そのため施術前のカウンセリングを丁寧に行ってくれ、治療法を複数提案してくれるクリニックが安心できるでしょう。

1回の治療で効果が表れるしみ取りのような治療とは異なり、毛穴治療は複数回施術を重ねることでより効果を実感できる場合が多いため、自宅から通いやすいか、ダウンタイムを許容できるか、トータルの料金の比較なども施術選びのポイントになるでしょう。

クリニックでできる毛穴治療

クリニックでできる毛穴治療

毛穴の開きに効果的な治療にはいくつかの種類がありますので、代表的な治療を紹介します。クリニックによって施術可能な治療、使用する機器、薬剤、費用などが異なりますので、実際に治療を受ける際にはクリニックで詳しい情報を確認してください。

ピーリング

古い角質を取り除き、皮膚の再生を促す治療です。一般的なのは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗って皮膚の再生を促すケミカルピーリングですが、薬剤を使用せずレーザー熱を深層へ伝え、真皮層の若返りを図るレーザーピーリングもあります。

サリチル酸マクロゴールピーリング

サリチル酸マクロゴールという薬剤を使用した最近人気のピーリング。副作用が少なく、ケミカルピーリング特有のピリピリとした痛み、赤み、炎症などが起こる可能性が少ないのが特徴です。毛穴に詰まった角栓やざらつきの解消などに効果が高いといわれています。ほかのピーリングに比べて効果の持続が長いことがメリットです。

マッサージピール

高濃度TCA(トリクロロ酢酸)に過酸化水素を配合した薬液により、皮膚表面を剥離することなくTCAが真皮まで浸透することで、コラーゲンの産生を促進し、肌内部から弾力を取り戻す浸透型ピーリング。肌内部のコラーゲンが増殖することで、緩んだ肌がふっくらとすることで、開いた毛穴が目立たなくなるといった効果が得られます。肌全体のトーンアップや美肌効果も。

レーザーピーリング

レーザー光の熱が肌の深層にある真皮細胞に働きかけ、コラーゲン生成を促進します。熱で毛穴を引き締める効果と、コラーゲンなどの増殖により内側からハリを取り戻すことで開いた毛穴を引き締める効果があります。従来のピーリングとの違いは、皮膚を剥離せずに皮膚深部に働きかけることで、皮膚表面にダメージを与えることが無いため、ダウンタイムがないといったメリットもあります。

カーボンピーリング

黒い特殊なカーボンローションを毛穴に塗布して、レーザーや光を照射する治療。熱エネルギーがカーボンの色素に反応し毛穴を収縮させます。毛穴の開き、黒ずみ、ニキビ跡に効果的です。

イオン導入

微弱な電流を用い、皮膚内へ薬剤を導入する手法です。水溶性の成分をイオン化することで、皮膚のバリア機能を超えて成分が肌深部へと浸透します。毛穴の開きに有効な成分としては、ビタミンC,E,グリシルグリシンなどがあります。

グリシルグリシン

毛穴の開きに非常に効果的な薬剤です。グリシルグリシンには不飽和脂肪酸の酸化を抑制し、毛穴引き締める効果があります。またアミノ酸の一種で保湿効果も高く、毛穴が目立つ肌を滑らかに整えます。毛穴周りが厚く盛り上がったすり鉢状の毛穴に有効だと言われています。

エレクトロポーション

皮膚表面に電圧をかけることにより、組織の間に微細な隙間を作り薬剤を導入する手法で、その効果は従来のイオン導入の約20倍とも言われています。
イオン導入では浸透できない、ヒアルロン酸や成長因子のような分子量の大きな成分も肌の深部まで導入させることができます。グリシルグリシン+成長因子EGFのように毛穴開きに効果的な薬剤を複数組み合わせて施術することも可能です。

成長因子EGF・・・もともとは火傷や創傷などを負った肌の皮膚再生医療として研究されていた成分。肌の細胞の活性化や、再生、細胞機能の正常化などの効果が高い。

光治療

光治療とは、顔全体にフラッシュのような光を照射することで、シミやくすみの原因となるメラニン色素や赤みの原因となるヘモグロビンを徐々に破壊していく治療法です。光による熱作用で、肌深部の細胞が活性化し、コラーゲンが新生されるため、定期的に続けることで毛穴の開きにも効果があると言われています。複合的な波長の光を照射するため、毛穴だけでなく、しみ、くすみ、赤ら顔などさまざまな肌トラブルを同時に改善することができます。光治療の中でも「フォトフェイシャル」や「フォトRF」が有名ですが「BBL」という新しい光治療機も注目されています。このBBLの効果は従来の光治療の5倍以上といわれています。

フォトフェイシャルM22

従来のフォトフェイシャルが進化し、数種類の異なる波長のフィルターを搭載したルミナス社の最新機器。肌の悩みや肌質に合わせてフィルターを選択することができます。照射を継続することでコラーゲンが増生され、毛穴の開きに対して改善効果が得られます。
現在フィルターは8種類ありますが、クリニックによっては全てそろっていないところもあります。

フォトRF

肌のハリを出すRF(高周波)と肌のシミを取って色素を均一にするIPL(光エネルギー)を組み合わせた治療機器。RFが光では届かない肌の深い部分まで届きコラーゲンの再生を促すため、光だけの治療機よりも毛穴の引き締め効果が高いと言われています。 複数回治療を行うことで鼻の頭やほほの毛穴が小さくなったという声も聞かれます。

BBL

サイトン社が開発した機器でBBL(ブロードバンドライト)という医療用の光を肌に照射します。フォトフェイシャルM22と同様、シミ、たるみ、ニキビなど様々な悩みに効果がありますが、BBLには、お肌を引き締める「タイトニング効果」があるため、特に肌のたるみや毛穴の開きに効果的です。

レーザー治療

レーザーによる毛穴治療は、肌の再生を促す「フラクショナルレーザー」や、毛穴を引き締める「レーザートーニング」などがあります。特にフラクショナルレーザーは、毛穴の開きだけでなく、ニキビ跡や傷跡にも絶大な効果を発揮する、肌の凹凸を滑らかにする治療法となります。

レーザートーニング

メドライトC6、スペクトラなどのレーザー機器を使って、非常に弱いパワーでレーザーを照射します。使用されているレーザーの種類は、QスイッチYAGレーザーで、波長が長いという特性をもっているため、皮膚深部にまでレーザー光が届き、コラーゲンの生成を促します。通常のしみ治療で使用されるレーザーとは違い、肌に負担が少ないため、ダウンタイムがほとんどありません。肝斑、しみに特に効果がある治療ですが、顔全体に照射することで毛穴の引き締め効果が期待できます。

フラクショナルレーザー

レーザーで肌の表面に目には見えないほどの微小な穴を無数に開けることで、皮膚の入れ替えを行う治療法です。皮膚の奥までレーザー光がとどくことで、真皮が収縮するとともに、細胞が活性化されコラーゲンが生成されます。
皮膚が引き締まるとともにハリが生まれることで毛穴の開きが改善するとともに、皮膚を新しく入れ替えることで肌の凹凸が滑らかになっていきます。クレーター状のニキビ跡、凸凹毛穴に効果があると言われています。特に、フラクショナルレーザーの中でもCO2フラクショナルが毛穴やニキビ跡への効果が高いと言われています。

1回でもある程度の効果は実感できますが、5回から6回ほど施術を受けるとより効果が期待できます。
また、レーザー照射により真皮層まで届く無数の小さな穴が開いているため、治療直後に有効成分を塗布するとさらに効果が高くなります。クリニックによっては、フラクショナルCO2レーザーの治療に成長因子の導入が付いているところもあります。ニキビ跡のクレーターなどの凹みには、レーザーをあてるだけの治療よりも成長因子を導入すると効果が倍増するといわれています。

その他の最新治療

プラズマシャワー

プラズマシャワーは光治療でもなく、レーザー治療でもない、新しいジャンルの治療です。ネオジェンなどの機械を使用し、プラズマと呼ばれる特殊な気体を肌に直接当てていきます。その際、表皮や血管にはダメージを与えないため、痛みが少なく、ダウンタイムがほとんどありません。薬剤を効率的に浸透させる導入効果・ピーリング効果・皮脂分泌抑制・殺菌・コラーゲン増生などの効果があると言われています。
またイオン導入では限られた薬剤しか使用できませんが、プラズマシャワーでは毛穴治療に有効な成長因子、ヒアルロン酸、ボトックスビスタなどの薬剤を肌の奥まで届けることができます。またプラズマは滅菌作用が高いためニキビ治療には特に効果が高いといわれています。

ダーマペン

ペン状の機器で肌に微細な穴を開け、傷を修復しようとする人の自然治癒力を利用してコラーゲンの生成を促す治療です。
ダーマローラーなどの従来機器と比べると、肌に対して垂直に針が入るため、表皮へのダメージは最小限に抑えることができ、ダウンタイムが短い点が魅力です。使用する針の長さ、圧のかけ方、導入する薬剤を工夫することで、効果に違いがでます。毛穴の開きの改善には、ダーマペンを刺す前に成長因子を含んだ薬液を塗布するとさらに効果が高まります。

水光注射

皮膚表層に有効成分を注射していく治療です。肌のハリやツヤに効果が高いとして韓国では人気の治療です。注入する薬剤によって効果が異なるため、毛穴治療としては、ヒアルロン酸、成長因子、ボトックスなどの薬剤を注射していきます。麻酔クリームを塗布したうえで施術するため痛みは強くありませんが、皮膚に多少の出血を伴う場合があります。

  料金 リスク・副作用 ダウンタイム メリット・デメリット
ピーリング
サリチル酸マクロゴールピーリング 5,000~10,000 ほとんどなし なし ほかのケミカルピーリングに比べて費用高いが頻度が少なくて済む
マッサージピール 12,000~20,000 塗布時に多少ヒリヒリ感じる程度の刺激・赤み・ほてり なし 施術者により効果に違いが出る
レーザーピーリング 10,000~1,5000 輪ゴムではじかれたような痛み・赤み・ほてり ほとんどなし・当日メイク可能 1回でも効果感じる方が多い。しみやくすみにも効果あり。
カーボンピーリング 10,000~1,5000 輪ゴムではじかれたような痛み・赤み・ほてり ほとんどなし・当日メイク可能 1回でも効果感じる方が多い。ニキビ跡の赤み・毛穴の皮脂、汚れ、黒ずみに効果大
導入
グリシルグリシンイオン導入 5,000~10,000 ほとんどなし なし 効果実感には5回以上の治療継続が必要
エレクトロポーション 12,000~20,000 ほとんどなし なし 5回以上の治療継続を推奨
光治療
フォトフェイシャルM22 15,000~30,000

輪ゴムではじかれたような多少強めの痛み・赤み・ほてり

シミが一時的に濃くなる(3〜7日程度)

ほとんどなし・メイク可能 同時に幅広い美肌効果があるが毛穴治療としては複数回治療が必要
フォトRF 15,000~30,000 輪ゴムではじかれたような多少強めの痛み・赤み・ほてり ほとんどなし・当日メイク可能 同時に幅広い美肌効果ある。光単体のものより毛穴への効果は高いと言われている。
BBLスキンタイト 15,000~30,000 輪ゴムではじかれたような多少強めの痛みと熱感・赤み・ほてり ほとんどなし・当日メイク可能 しみ・くすみに同時に効果がある。即時効果が高い。
レーザー治療
レーザートーニング 5,000~10,000 輪ゴムではじかれたような痛み・赤み・ほてり ほとんどなし・当日メイク可能 効果実感には5回以上の治療継続を推奨。肝斑治療も併せて行いたい方におすすめ
フラクショナルCO2レーザー  5,000~30,000 じりじりとした熱感・赤み・ほてり・一時的な色素沈着の可能性あり 翌日からメイク可能 光治療に比べて効果が高いがダウンタイムがある(1週間程度)
その他の治療
プラズマシャワー 15,000~30,000 ほとんどなし なし 痛みやダウンタイムがない
ダーマペン 10,000~20,000 痛みがあるため麻酔クリーム使用・赤みが数日続くことも 翌日からメイク可能 スポット治療可能。1回でも効果感じる方が多い。
水光注射 20,000~30,000 痛みがあるため麻酔クリーム使用・膨疹、赤みが数日続くことも 翌日からメイク可能 麻酔クリームが必要、出血を伴うこともある

まとめ

長い間毛穴トラブルで悩んでいるなら、思い切ってクリニックの治療を考えてみませんか。ただ、満足のいく治療を受けるためには、事前の下調べとクリニック選びが重要になります。
料金や施術回数を事前にチェックするのはもちろんのこと、できれば複数のクリニックでカウンセリングを受けてみて、自分が納得のできる治療方法を提案してくれるクリニックを選ぶとよいでしょう。

 

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ