「シワにはボトックス」とよく言われていますが、すべてのシワにボトックスすなわちボツリヌス注射が有効というわけではありません。ボツリヌス注射の効果が期待できるのは表情筋が過剰収縮することでできる「表情ジワ」のみです。

や眉間、額など顔のシワのお悩みに効果が期待できる治療法の一つにボツリヌス(ボトックス)注射があります。メスで切らずに済むだけでなく注射にかかる時間は5分程度、効果は46カ月ほど継続します。シワ取りのイメージが強いボトックスですが、どんなシワでも効くというわけではありません。
シワが気になるからボトックスを打とうかな・・・と考えているボトックス初心者の方は、効果やリスクをしっかり理解した上で治療を受けましょう。

シワの種類と対策について

意外と多い「シワ」の悩み

肌の老化サインの代表格といえばシミと思われる方が多いようですが、実は「シワ」の方が老けた印象を与えやすいという調査結果があります。最近しわが目立つようになり鏡を見たときに老けた感じがする、まだ20代なのに目のシワが気になっている、という方も多いのではないでしょうか。
また、考え事をするときなど眉間にシワが寄りやすく、それが癖になって普段からシワが寄っているように見える方がいます。眉間のシワが深く刻まれてしまうと、普段からしかめ面をしているように見え、相手に怒っているような印象や、不機嫌な印象を与えてしまうこともあります。

シワの種類によって異なる対策

皮膚は表面から順に、表皮真皮皮下組織という層になっており、そしてその奥に筋肉があります。シワは、これらの層のどこかに原因が生じてできるのですが、原因が肌の奥にあればあるほど改善が難しくなります。
シワには「小ジワ(ちりめんジワ)」「大ジワ(真皮ジワ)」「表情ジワ」「たるみジワ」の4種類があり、それぞれ原因と改善方法が異なります。

シワの種類

原因

対策

小ジワ(ちりめんジワ)

肌の乾燥

・乾燥対策
(保湿・バリア機能を高める)
・イオン導入、RFマイクロボトックス(ボツリヌスリフト)PRP療法

大ジワ(真皮ジワ)

老化が原因でできる代表的なシワ
コラーゲンなど肌のハリを生み出す細胞が、加齢や紫外線ダメージによって減少することで生じる

・スキンケアは、進行を遅らせる予防には効果があるが、改善は難しい
RF治療機フラクショナルレーザー、ダーマペン、コラーゲンやヒアルロン酸注入

表情ジワ

表情筋の過剰収縮が原因
表情によって一時的に表れるだけなら問題はないが、長年続けてきた表情のクセが定着すると、肌の老化も影響し、そのまま真皮ジワに進行する

ボツリヌス注射
・できて時間があまり経っていない浅い表情ジワは、表情のクセを治すことで改善することもある。表情ジワが深く刻まれた場合にはヒアルロン酸との併用が必要。

たるみジワ
(ほうれい線・マリオネットライン)

顔のたるみや輪郭の崩れ、骨や筋肉、皮下組織の衰えにより生じる

皮膚の深部まで刻まれているため、最も改善が難しい
スレッドリフト、ヒアルロン酸注入、HIFURF治療機
・美容外科手術(フェイスリフト)

化粧品などのスキンケアで効果が期待できるのは乾燥が原因の「小ジワ(ちりめんジワ)」のみです。他のシワはセルフケアでは改善が難しいため、美容医療での治療を考えましょう

ボツリヌス注射が有効な表情ジワとは

「シワにはボトックス」とよく言われていますが、すべてのシワにボトックスすなわちボツリヌス注射が有効というわけではありません。ボツリヌス注射の効果が期待できるのは表情筋が過剰収縮することでできる「表情ジワ」のみです
「表情ジワ」とは、顔をしかめた時に額や眉間にできるしわ、目尻の笑いジワなど、表情を動かすことでできるシワのことを言います。意識はしていなくても、人それぞれには表情があるため、毎日のように特定の表情を繰り返してしまうことで、シワが深く定着していきます。
さらにそのままにしておくと、肌の老化も影響し真皮ジワに進行してしまう恐れもあります。シワは加齢とともに改善が難しくなるので早めの対策が望ましいといえます。予防のために20代からボツリヌス注射を打つなど、クリニックで治療を始める方も増えているようです

表情ジワのできやすい場所

表情ジワは、表情筋によって動く場所に現れます。額(おでこ)や眉間が代表的ですが、ほかにも鼻頭にできるバニーラインやあごの梅干しジワなどがあります。

ボツリヌス注射を受ける前に知っておきたい基礎知識

ボツリヌス注射とは?

「ボトックス」と言う名前はよく知られ、一般的に広く使用されていますが、実はこれは米アラガン社の製剤「ボトックスビスタ」のブランド名です。つまり使用される製剤が「ボトックスビスタ」でない治療は「ボトックス」と呼ぶことができないため、一般的にボツリヌス注射やボツリヌス療法などと呼ばれています。ボツリヌス注射に使用される製剤の主成分であるボツリヌストキシンには、筋肉を動かすときに放出される神経伝達物質であるアセチルコリンを抑制する働きがあります。その特徴を利用して、ボツリヌス注射は、筋肉の動きを抑えることでシワが寄らないようにしたりエラ張りの原因となっている咬筋やふくらはぎが太い原因となる筋肉を萎縮させることで、小顔効果やふくらはぎ痩せ効果などが得られると言われています。 
「ボトックス」「ボツリヌストキシン製剤」についての詳しい記事はこちら。

シワへの効果が期待できるしくみ

ボツリヌス注射は、シワを取るというより、シワを作らないようにする治療法です。になっている表情をつくる表情筋にボツリヌス製剤を注射すると、筋肉の過剰収縮が弱まります。つまり薬が効いている間は、筋肉が動かないため表情ジワができなくなり、真皮ジワへの進行を止める効果が期待できます。

表情筋の筋肉に注射するボツリヌス注射とは異なり、広範囲に浅く細かくボツリヌス製剤を注入していく「ボツリヌスリフト」という治療法は、小じわ改善に効果があるとされています。ハリ感アップや毛穴の引き締め、肌質改善といった効果も同時に得られるとされているため、エイジングケアとして「マイクロボトックス」を受けられる方も増えているようです。ボツリヌスリフト」はボトックスリフト、マイクロボトックス、メソボトックス、ネフェルティティリフトなどと呼ばれることもあります。

「マイクロボトックス」についての詳しい記事はこちら。

 

ボツリヌス製剤について

ボツリヌス製剤は、色々な国で多くのメーカーから発売されており、クリニックによっても使用している製剤は様々です。現在日本のクリニックではボトックスビスタが最も多く使用されているようです。ボトックスビスタは、国内で唯一厚生労働省の承認を受けており、さらにメーカーが独自に認定医の制度を設けています。
熱に強く品質が安定しているドイツ製のゼオミンは、複合タンパク質の量がボトックスビスタと比較しても非常に少なく、継続して使用し続けても抗体ができにくいという特徴があります。韓国製のコアトックスは完全に複合タンパク質を除去しています。
製剤によって治療費用や効果にも差があるので、希望するクリニックがどの製剤を使用しているか確認してみるとよいでしょう。

製剤名 

メーカー  

価格(眉間1回) 

特徴 

ボトックスビスタ 

アメリカ 
アラガン社 

20,000~80,000 

厚労省が承認している唯一のボツリヌス製剤 

取り扱う医師に向けた講習制度があり、信頼性が高い 

ゼオミン 

ドイツ 
メルツ社 

25,000~50,000 

不純物が少なく、抗体ができにくいため、長期間繰り返し使用ができる 

ディスポート 

イギリス 
イプセン社 

7,500~35,000 

即効性・持続性に優れる 

リジェノックス 

韓国  
ハンズバイオメド社 

3,500~5,000 

リーズナブルで人気 

コアトックス 

韓国 
メディトックス社 

6,000~25,000 

動物由来原料不使用かつ、複合タンパク質が入っていないため、安全性が高く、抗体ができにくい

BTXA 

中国 
Lanzhou社 

ボトックスビスタの1/4から1/5 

安価だが、製造工程での品質管理に問題があると言われている

ボツリヌス注射の費用

基本的にボトックス注射に使用するボツリヌストキシン製剤は、粉末状になっており、使用時点で医師が生理食塩水を用いて希釈します。この粉末の量を「単位」といい、それを希釈する生理食塩水の量によって濃度が変わります。多くのクリニックでは、ボツリヌス注射の料金を額、目じりなど「部位別」で表示していますが、中には「〇〇単位でいくら」や「注射液0.1ccでいくら」と表示しているクリニックもあります。料金の安いクリニックの中には、薄く希釈した薬剤を使っているところもあり、効き目が弱いなどのトラブルにもなりかねないため注意が必要です。

複数回施術予定で費用を抑えたい方には、価格面が抑えられている韓国製の製剤が人気のようです。継続して治療を行うために、あらかじめトータルの予算を見据えてクリニックや製剤を選ぶとよいでしょう。非常に安価な中国製の製剤もありますが、品質管理や製造過程も不明な点があり安心して使用できるとは言えません。「注射を打つだけだからどこも同じ」と価格重視でクリニックを選ぶことはやめましょう。

また消費税、初診料、技術料、麻酔、冷却処置などが表示価格に含まれていないケースがあります。クリニックによっては施術担当医の技術や経験によって追加料金が発生するところもあるようなので、カウンセリング時に実際の支払い額を確認しておくと安心です。

ボツリヌス注射の痛みは?

ボツリヌス注射の針の細さは極細とされる30G(ゲージ)以上(数値が大きくなるほど針は細くなります)のものを使用しているクリニックが多く、針自体が細いので刺す時の痛みはそれほど強くないといわれています。麻酔なしで施術を受けられる方も多いようですが、施術中に患部をアイスパックで冷やしてくれたり、希望すれば麻酔クリーム、笑気麻酔などを使用してくれるクリニックもあります。

副作用、気になる失敗について

ボツリヌス注射の副作用としては、内出血や腫れなどの他に、「表情が不自然になる」というものがあります。適切な量を適切な部位に注入しないと、左右非対称になったり、表情がぎこちなくなったりと、不自然な仕上がりになってしまいます。万が一副作用が出た場合でも注射後3ヶ月ほど経過すれば徐々に元の状態に戻りますが、顔に違和感を抱えたまま生活するのは苦痛です。副作用を出さないためには、注入箇所と注入量の見極めが肝心です。施術を行う医師の技術力によって仕上がりに差が出るといえるでしょう。

効果はいつまで?ずっと打ち続けて大丈夫?

ボツリヌス注射は治療後、一般的には23日後から徐々に効果が現れ始め、2週間ほどで安定し、およそ4~6か月程効果が続くといわれています。状態を維持したい方は継続的な注射が必要です。長くボツリヌス注射を打ち続けると「抗体」ができる、つまり効きにくくなると聞いたことはないでしょうか?どのくらいで抗体ができるという基準は決まっていませんが、一般的には多くの量を短期間に繰り返し注入すると抗体ができやすくなると言われています。
また、使用する製剤の複合タンパク質の含有量が多いと、アレルギー反応や抗体ができる可能性が高くなるという意見もあるため、製剤選びは慎重に行いましょう。

まとめ

「シワにはボトックス」と言われますが、顔にできるシワには種類があり、ボツリヌス注射は表情ジワに効果が期待できることが分かりました。エイジングケアでシワ対策を考えるには、シワの種類を知り、その原因によって対策をとることが大切です。シワはセルフケアではなかなか改善が期待できないため、気になる方は一度クリニックに相談してみるといいですね。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!