炎症の度合いが小さく、狭い範囲にできた少数の赤いニキビ跡以外、市販薬を使用したセルフケアでニキビ跡を完治させるのは難しいと考えられています。
このため、ニキビ跡を残しにくくするためにも、ニキビができた段階で早めに一般皮膚科や美容皮膚科を受診し、悪化する前に適切な治療を受けるとよいでしょう。

美容ヒフコ公式LINEアカウント

「赤いニキビ跡や凹みが目立つ。早く消したい・・・」ニキビの炎症が落ち着いたと思ったらニキビ跡が残り、なかなか改善せず悩んでいる人は多いです。ニキビ跡には複数の種類があり、セルフケアで治る可能性があるニキビ跡から、美容皮膚科での治療が必要なニキビ跡があるのです。

今回の記事では、ニキビ跡ができる原因や特徴、市販薬と医療機関の薬の違いや、美容皮膚科でできるニキビ跡の種類別治療方法についても解説します。ニキビ跡をなるべく早く消すために、今日から取り入れられる内容も含まれているので、参考にしていただけると嬉しいです。

ニキビ跡ができる原因と4つの種類

ニキビ跡ができる原因と4つの種類

ニキビ跡の種類は「赤みのあるニキビ跡」「茶色のニキビ跡」「クレーター状のニキビ跡」「しこり状のニキビ跡」などがあり、それぞれできる原因は異なります。

赤みのあるニキビ跡

ニキビの炎症によってダメージを受けた肌組織を修復する過程で毛細血管が広がり、血液が患部に集中することで、ニキビが治った後も赤い色素(ヘモグロビン)が皮膚の上から透けて濃く見えている状態です。
肌のターンオーバーのサイクルとともに自然に徐々に治っていく場合が多いですが、人によっては6ヶ月〜1年以上長引く場合もあります。
赤みの症状が広範囲にわたっていたり、短期間でニキビ跡を薄くしたいという方は美容皮膚科で症状に合った治療を受けたほうがよいでしょう。

茶色のニキビ跡(色素沈着)

炎症によってシミの元となるメラノサイトが刺激され、部分的にメラニンの生成が促されたことで、ニキビ跡の赤みがシミのように茶色く色素沈着として残っている状態です。
肌のターンオーバーが乱れているとメラニンの分解や排出がスムーズに行われず、ニキビ跡が色素沈着を起こすことで、さらに目立ちやすくなる可能性が高まります。
時間が経つと徐々に薄くなっていくこともありますが、炎症が強く真皮層までダメージが及んでいる場合の自然治癒は難しいでしょう。

クレーター状のニキビ跡(陥凹性瘢痕)

ニキビの強い炎症が真皮層に達し、肌組織が破壊されて皮膚が陥没した状態です。クレーターのタイプは「アイスピック型」「ローリング型」「ボックス型」に分けられます。爪や不衛生な器具などを用いて、ニキビを自分で潰すことも原因の一つです。
真皮層は表皮と異なり短い周期でのターンオーバーが行われないため、自然治癒や内服・外用薬の使用で治すことは難しいと考えられています。治療に時間がかかることもあるので、早くニキビ跡を改善させたいという方は、なるべく早めに美容皮膚科を受診するとよいでしょう。

しこり状のニキビ跡(肥厚性瘢痕)

ニキビの炎症が治った後に、組織修復の過程でコラーゲンなどが過剰に生成されて皮膚が隆起している状態です。クレーター状のニキビと同様、真皮層は表皮と異なりターンオーバーに必要な時間が非常に長いため、自然治癒や内服・外用薬の使用で治すことは難しいと考えられています。1度の治療で完治させることが難しく、時間がかかることが多いため、早くニキビ跡を改善させたいという方は、なるべく早めに美容皮膚科を受診するとよいでしょう。

市販薬や家にあるもので全てのニキビ跡を消すことは難しい

市販薬や家にあるもので全てのニキビ跡を消すことは難しい

炎症の度合いが小さく、狭い範囲にできた少数の赤いニキビ跡以外、市販薬を使用したセルフケアでニキビ跡を完治させるのは難しいと考えられています。
このため、ニキビ跡を残しにくくするためにも、ニキビができた段階で早めに一般皮膚科や美容皮膚科を受診し、悪化する前に適切な治療を受けるとよいでしょう。
新しいニキビを増やさないためにターンオーバーを整えて、健やかな肌作りを心がけることも重要です。

市販と医療機関の薬・スキンケアの違い

市販品は、医療機関の処方薬や医療機関専売スキンケアと比較すると、有効成分の含有量が少ないため、効果を感じるまでに時間がかることが多いです。また、スキンケア成分の届かない肌の真皮層までダメージが達しているクレーターやしこり状のニキビ跡は、セルフケアだけでの改善はほぼ不可能と考えられています。確実にニキビ跡を消したい・薄くしたい方は、医療機関で適切な治療を受けた方が肌変化を感じやすいといえます。
赤みや色素沈着が原因のニキビ跡に限られますが、医療機関で行う治療ではなく、どうしても自宅でケアをしたいという方は、内服薬や外用薬を処方してもらうのも一つの方法です。

【美容皮膚科処方の内服薬や外用薬の例】

内服薬

ビタミン剤、漢方薬など

外用薬

ハイドロキノン、トレチノインなど

【注意点】

自宅で処方薬を用いたニキビ跡のケアを行う際は、定期的に通院して医師に肌状態を診察を受けた上で、肌状態に合った薬を使用する必要があります。自己判断での薬の使用はリスクを伴うため、避けた方が良いでしょう。

完治は難しくても…ニキビ跡改善にセルフケアで意識したい3つのポイント

セルフケアではニキビ跡の完治が難しくても、悪化させないようにすることが可能です。ターンオーバーを整えるために意識して、ニキビ跡を悪化させない行動と、ニキビを増やさない行動をご紹介します。

紫外線対策

ニキビ跡を悪化させないためには紫外線対策が重要です。健康な肌状態では、ターンオーバーによってシミや色素沈着の原因であるメラニン色素が自然に排出されます。しかし、ニキビの炎症によって肌組織が損傷した状態など、ターンオーバーが乱れた肌状態では、メラニン色素の排出がスムーズに行われなくなります。さらに、ニキビ跡として肌に残ったメラニン色素が紫外線の影響を受けると、シミのように濃く・目立つ色素沈着として残るのです。
ニキビ跡は肌に炎症が残っていることもあり、外部からの刺激を受けやすい状態のため、悪化を避けるためには低刺激の日焼け止めを使用すると良いでしょう。
また、一般皮膚科や美容皮膚科によっては「ノンコメドジェニック」という、ニキビ(コメド)ができにくい処方の日焼け止めを推奨している場合もあります。

基本的な洗顔・スキンケア

ニキビの原因を予防するという点においても、洗顔は皮膚の余分な皮脂や汚れを取り除き、肌を清潔に保つためにとても重要です。しかし、皮脂を必要以上に取り除くような洗顔や、ゴシゴシと摩擦刺激を与えるなどの間違った洗顔方法を繰り返していると、肌のバリア機能の低下に繋がり、ニキビやニキビ跡が残りやすい肌状態を招きます。
自分に合う洗顔料を使用して、正しい洗顔を行うことが大切になります。洗顔後は、自分の肌状態に合わせた化粧水や美容液、乳液などのスキンケアで十分な保湿を行い、水分と油分のバランスを整えるとよいでしょう。

悪化する前に医療機関で診察・治療を受ける

ニキビ跡は治るのに時間がかかり、セルフケアでは改善が難しい場合が多いです。また、自己判断で間違ったケアを続けていくと悪化を引き起こす恐れもあるため注意が必要です。ニキビができた段階で医療機関を受診し、赤みや痛みといった症状が強くなる前にニキビ治療を始めることで、ニキビ跡が残る可能性を低くできるでしょう。

ニキビ跡を早く消すには?美容皮膚科でできる治療

ニキビ跡を早く消すには?美容皮膚科でできる治療

ニキビ跡の種類によって適切な治療方法は異なります。一度の治療で完治することは難しく、どの治療方法も定期的に継続することがニキビ跡をなるべく早く改善させるためのポイントとなります。

また、美容皮膚科でのニキビ跡の治療は基本的に自費治療が適応となり、保険適応になる治療内容はニキビそのものの改善は見込めても、ニキビ跡の改善は期待できない場合が多いでしょう。

赤み・茶色いニキビ跡の治療

治療のポイントや注意点

炎症後色素沈着(赤み、茶色)を改善するためには、「ターンオーバーを正常化させ古い角質を取り除く」「メラニン色素やヘモグロビンの排出を促す」といった治療が必要です。
治療を行った後は紫外線対策や保湿ケアを十分に行い、摩擦刺激を与えないように注意が必要になります。

治療メニュー例

  • ケミカルピーリング
  • フォトフェイシャル
  • レーザートーニング
  • LED治療
  • イオン導入、エレクトロポレーション
  • 美容注射・点滴

クレーター状のニキビ跡の治療

治療のポイントや注意点

クレーター状のニキビ跡は、炎症により真皮層の肌組織が破壊されたことでて凹みを生じているため、真皮層に直接アプローチしてコラーゲンやエラスチンの増生を促す治療を行う必要があります。

創傷治癒作用を利用した肌の再生を促す治療が多く、一時的に赤みやかさぶたなどのダウンタイムを伴う場合がほとんどです。
近日中に大事な予定を控えている場合は、治療を避けた方が良いケースもあるため、あらかじめどのようなダウンタイムがどの程度の期間に生じるのかを調べておくとよいでしょう。治療後数日間は肌が敏感になっていますので、十分な保湿とUVケアを行うことが重要です。

治療メニュー例

  • レーザー治療
  • ダーマペン
  • 注入療法(PRP、リジュラン、ヒアルロン酸など)

しこり状のニキビ跡の治療

治療のポイントや注意点

過剰に生成された皮膚線維細胞の増殖を抑える治療が必要です。
しこり状のニキビ跡の治療は、自費治療だけでなく外用薬や内服薬など保険治療が適応される場合もありますまた、ひきつれなどの症状を引き起こす恐れがある場合は、手術が適応になる可能性もあるとされています。

治療メニュー例

  • 内服薬:トラニスト
  • 外用薬:ステロイド軟膏、クリーム、テープなど
  • レーザー治療
  • ダーマペン
  • ニキビ注射(ケナコルト)

まとめ

ニキビ跡の種類は「赤みのあるニキビ跡」「茶色のニキビ跡」「クレーター状のニキビ跡」「しこり状のニキビ跡」などがあります。ニキビ跡を増やさず、悪化させないために日常的に紫外線対策や、ターンオーバーを正常化させるために正しい洗顔やスキンケアを行うことが重要だと考えられています。ただし、初期の赤いニキビ跡以外のニキビ跡はセルフケアで完治させるのは難しく、クレーターやしこり状のニキビ跡には医療機関での治療が推奨されています。確実にニキビ跡を消したい・薄くしたい方は、医療機関でニキビ跡の種類に応じた適切な治療を受けるとよいでしょう。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

美容ヒフコ公式LINEアカウント

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!