加齢やホルモンバランスの変化による影響だけでなく、食事や運動といった生活習慣の蓄積が体の内側・外側を問わずに表れてくるのが40代です。疲れやすくなったり、体の不調も起きやすくなったりしてきます。
そんな40代女性の「三大肌悩み」を挙げるなら、シミ・シワ・たるみではないでしょうか?今回の記事では、40代の方に特におすすめしたい美容医療をご紹介します。

40代におすすめ

加齢やホルモンバランスの変化による影響だけでなく、食事や運動といった生活習慣の蓄積が体の内側・外側を問わずに表れてくるのが40代です。疲れやすくなったり、体の不調も起きやすくなったりしてきます。

 そんな40代女性の「三大肌悩み」を挙げるなら、シミ・シワ・たるみではないでしょうか?今回の記事では、40代の方に特におすすめしたい美容医療をご紹介します。

40代の肌に起きていること

40代の肌に起きていること

本格的にエイジングサインと向き合う必要性が高まってくる40代。

表皮で起こる変化として、20代の頃と比べ肌のターンオーバーが長くなるので、どうしても古い角質が蓄積しやすく、くすみや乾燥に悩まされることが多くなります。同時にメラニンも蓄積しやすくなるので、シミが増えたり、濃くなったと感じたりする方もいるかもしれません。ホルモンバランスの変化で、肝斑も目立つようになります。

真皮を構成する細胞を作る繊維芽細胞の働きも弱くなり、コラーゲンやヒアルロン酸が減少・劣化して、ハリの低下や、毛穴の目立ちシワといった症状も出てきます。

皮下組織では、脂肪量の変化が起こります。一般的に上中顔面の脂肪は減少し、下顔面や首の脂肪量が増えるといわれています。また筋膜が緩み、筋肉も衰えて脂肪が垂れやすくなりますこれらはいずれも、たるみの一因となります。

また、顔の骨は薄く複雑な構造になっているため、萎縮しやすいといわレテいる部分です。骨が萎縮することで、おでこの丸みが失われたり、こめかみがへこ、といった変化を感じることも出てきます。

シミ・シワ・たるみ、ケアの優先順位は?

シミ・シワ・たるみ、ケアの優先順位は?

シミ・シワ・たるみといった肌悩みを全部一緒に解決できれば理想的ですが、仕事や家事・育児に忙しく、自分のケアは後回しになったり、十分に時間をとれなかったりして、そうもいかないという方もいらっしゃるでしょう。では、どのように優先順位をつければ良いのでしょうか。

それには、まず自分が一番気になっている箇所を見つけることが重要です。

「鏡を見るたびにシミが目に付く」「ファンデーションで隠しきれないほどシミが濃く・大きくなってきた」という人は、シミの治療から始めると良いでしょう。シミの種類によってレーザーや光治療など、使用する機器や治療方法が異なりますが、比較的痛みやダウンタイムが少ないため、初めて美容医療に挑戦する方でも始めやすいといわれています。

また、自己流のスキンケアでシミを薄くするのは難しく、長い期間が必要になることが多いです。一方クリニックでの治療であれば、個人差はありますが短期間での治療の可能とされているのです。さらに、シミと同時に毛穴やくすみなどにも効果が期待できる治療方法を提案してもらえることがあります。

また、「高価なアイクリームを塗っているのにシワが気になる」「眉間のシワが消えず、怒っているように見られてしまうというお悩みがある場合は、シワ改善に特化している治療から始めると良いでしょう。

シミとシワが改善されれば、印象はかなり変わりますが、メイクでカバーしにくいたるみは、見た目年齢を大きく変える原因ともいえるでしょう。二重アゴやフェイスラインをすっきりさせたい方は、たるみ治療から始めるのがおすすめです。

賢く選ぶエイジングケアのための美容医療

賢く選ぶエイジングケアのための美容医療

美容医療は、タイムパフォーマンスやコストパフォーマンスを意識して効率よく受けたいものです。

シミには

40代の肌には、目立つシミを消すだけではなく、くすみや赤みなどの色ムラを改善して透明感を引き出すケアを取り入れると良いでしょう。シミと同時に毛穴の引締め効果が期待できる治療もあります。

フォトフェイシャル

カメラのフラッシュのような光を肌に照射します。
幅広い波長を持つ光の作用で、シミ・くすみ・赤みの改善、ターンオーバーの促進、コラーゲン生成の活性化といった効果があるとされており、様々な肌トラブルを複合的に改善へと導きます。

クリニックでは1ヵ月おきに4~6回の施術をワンクールとしているところが多く、その後はメンテナンスとして3ヵ月~半年ごとの施術を勧められることが多いようです。継続することで線維芽細胞が活性化し、肌質改善効果によってハリや透明感を高めるいわれています。

また、フォトフェイシャルはダウンタイムのない治療といわれており、こまめに外用薬を塗る、ガーゼを交換するといったアフターケアに煩わされることも少なくすみます。
一度の施術で料金の相場は10,000~30,000円程度の料金設定をしているクリニックが多いようです。

レーザートーニング

肝斑がある場合は、レーザートーニング治療でシミやくすみといったトータルケアが期待できます。

ピコレーザー機器を使用したピコトーニングであれば、ピコ秒(1兆分の1)単位という非常に短いパルス幅(照射時間)により、熱作用はほとんどなく、衝撃波でメラニンを粉砕していくため、、肌への熱ダメージが少ない分、痛みやダウンタイムが軽減されるという仕組みになっています。同時に、真皮層への熱作用によるコラーゲン増生、ハリ感のアップや毛穴の引き締めも効果も期待できます。
出力が低くてもレーザーの波長が長いため、肌の深部にあるメラニン色素にも効果を感じやすいといわれています。

一般的には2~4週間の間隔で、5~10回程度の治療が推奨されています。治療費の相場は1回10,000〜20,000円程度に設定しているクリニックが多いようです。

シルファーム(フラクショナルマイクロニードルRF)

最新の肝斑治療ともいわれている治療です最近の研究で、肝斑ができている部分では、基底膜の老化・病原性毛細血管の発生・老化した繊維芽細胞の増加、といったことが起きているということがわかりました。

シルファームは、真皮層に微細な針を刺し、ラジオ波で直接エネルギーを与え、傷が修復する過程でコラーゲンを生成させます。これにより、基底膜の修復やターンオーバーの正常化などを目指していく治療です。また、肝斑だけでなく赤ら顔や小じわ、肌の引締めやハリ・弾力UPという効果も期待できます。
2~4週間おきに6回程度の治療が推奨されています。治療費の相場は1回25,000〜50,000円程度です。

ピコレーザーのスポット照射

フォトフェイシャルやトーニングを受けてもまだ目立つシミは、部分的に高出力で照射すると改善できる場合が多いようです。

従来の方法ではQスイッチレーザーを使用することが多かったのですが、ピコレーザーの登場で部分的なシミ治療の概念は大きく変化しました。

肌への熱負担を最小限に抑えながら、衝撃波でメラニンを粉砕するピコレーザーは、ダウンタイムも短くテープ保護が不要など、アフターケアも比較的簡単です。通院回数も、従来のQスイッチレーザーよりも少なくなる場合が多いようです。ただし、肝斑へのピコスポット照射は悪化の恐れがあるため推奨されていません。

通院回数や治療費はシミの濃さ・大きさによって変わりますが、ピコレーザーの場合、1cm×1cmの照射で10,000~20,000円が料金の相場のようです。

シワには

40代にとって深刻なのは、小ジワよりも表情ジワ、たるみジワではないでしょうか。特に表情ジワは早めに対策して、深く定着するのを防ぎたいところです。

かといって、まったくシワがない顔というのも却って不自然に見えやすくなるため、進行を抑え、新たなシワを予防するというアプローチが、自然な若々しさに繋がります

ボツリヌス注射

ボツリヌス菌により作られる微量の「ボツリヌストキシン」を加工した製剤を表情筋に注射し筋肉の動きを抑えて、表情ジワを出にくくします。また、薬剤を肌の浅い層に広く注射するボツリヌスリフトは、シワの改善に加えて、皮膚表面を滑らかに見せる効果によるリフトアップや肌質改善も期待できます。

4~6ヵ月ごとの継続的な注射が望ましいとされています。治療費は製剤の種類や使用量によって変わりますが、眉間のシワを治療する場合で1回10,000~50,000円、ボツリヌスリフトの場合で50,000~100,000円が料金の相場です。

ヒアルロン酸注入

表情ジワが定着している場合は、シワにヒアルロン酸を注入して肌を内側から持ち上げる方法が効果的だとされています。ヒアルロン酸を注入することで、コラーゲン組織や肌の水分量を保ちながら、ハリや弾力を与える効果が期待できます。顔の中でも特に人気が高く、若返り効果が期待できるのは眉間や目元、ほうれい線、マリオネットラインなどのパーツです。

使用する製剤によって違いがありますが、半年~1年ごとに継続して治療を受ける必要があります。治療費も、製剤の種類や使用量によって1回30,000~100,000円と大きく幅があります。

PRP療法

血液中のPRP(多血小板血漿)には、体の傷んだ組織の修復を促進する「成長因子」という成分が豊富に含まれています。

自分自身の血液からPRPを抽出・濃縮し、治療したい部分に注入すると、肌細胞が活性化してコラーゲンが生成され、肌にハリが出てシワを改善する効果があるとされています。
また、ダーマペンで肌に微細な穴を開け、PRPを浸透させることで皮膚の再生を促す「ヴァンパイアフェイシャル」は、PRPと真皮層への針刺激によるコラーゲン増生との相乗効果に注目が高まっています。

2~3ヵ月ごとに治療を継続するのが望ましいとされています。治療費の相場は、1回70,000~120,000円です。

たるみには

表情筋の筋力低下、SMAS(表在性筋膜)の緩み、顔面骨の萎縮、真皮層のコラーゲンやエラスチンの減少と、顔の内部組織の機能低下によってたるみは引き起こされます。

40代の女性は、真皮などの肌の浅い層の表面的ケアだけでは物足りないと感じる方が多くなってきます。顔全体の印象を大きく変えたい方は、肌を土台から整え、二重アゴやフェイスラインのぼやけを改善するケアが必要です。

HIFU(ハイフ)

ハイフは超音波の熱エネルギーを利用して、緩んだSMASの引き締めと真皮でのコラーゲン増生という2つの側面からたるみにアプローチします。肌を土台であるSMASから引き上げて、フェイスラインやアゴ下などをリフトアップに導きます。ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴラインといった「たるみジワ」の改善も期待できます。

また、超音波エネルギーによる熱損傷の治癒過程で、コラーゲンの増生と、それに伴うハリや弾力のUPが数か月に渡って得られるとされています。効果は治療直後から実感できることが多く、維持するためには半年~1年に1度のペースで繰り返し受けることが推奨されています。

使用するマシンによって1回の治療費は100,000~300,000円と大きく幅があります。

サーマクール

高周波を照射後、皮下を電子が移動する際に生じる摩擦熱により、肌の引締めと長期的なコラーゲン再生を促します。真皮層~脂肪層に作用し、引締め効果を実感しやすい治療のため、顔の脂肪に厚みがある場合や、急に痩せて皮膚が余ってたるみのように見えている場合には、ハイフよりも効果が高いともいわれています。

サーマクールもハイフ同様に、治療直後に顔が引き締まるのを実感できるとされています。効果の維持には、半年~1年に一度のペースで繰り返し受けることが推奨されています。

最新機種のサーマクールFLXで、300ショットで200,000~350,000円、600ショットで320,000~450,000円が、一回の治療費の目安です。

スレッドリフト

皮下に突起のついた糸を埋め込んで、突起で皮下組織を引っかけて物理的に引っ張り上げます。フェイスラインのリフトアップに即効性があるとされていますが、引きつれ感や腫れ、内出血といったダウンタイムがあります。

糸は外科手術で用いられる体内で溶ける縫合糸と同じ素材でできており、突起部分が繊維芽細胞を刺激して、コラーゲンを増生させる働きもあるとされます。また、糸周辺に生成されたコラーゲンやエラスチンにより、糸が溶けて吸収された後もリフトアップ効果が持続しやすいといわれているのです。糸の種類にもよりますが、高い効果を維持するには1年~2年ごとに繰り返し受けることを推奨しているクリニックが多いようです。

治療費は、糸の種類・使用する本数によります。糸1本の価格で10,000~100,000円と大きく幅があります。

まとめ

年齢肌悩みの代表格「シミ・シワ・たるみ」の治療法をご紹介しました。
多忙な世代の美容医療選びは、費用対効果もさることながら、即効性とアフターケアの簡単さも大事なポイントとなるのではないでしょうか。

自己判断で治療内容を決めることが難しい場合は、美容クリニックのカウンセリングで実際に肌状態を診察の上、おすすめのプランを提案してもらえる可能性が高いです。時間と費用を無駄にしないためにも、内容を吟味し、肌悩みにあった治療を選ぶことが大切です。

※マッサージや化粧品などの情報が記載されている場合は監修範囲に含まれません。

※執筆・掲載日時点の情報を参考に医師監修しております。

※当サイト記事内の情報は一般的な知識であり、自己判断を促すものではありません。あらかじめ、ご容赦ください。

コラム一覧

ページトップへ
× 今すぐ美容ヒフコで検索!

ぴったりのクリニック・施術が見つかる!
値段比較もできる!

今すぐ美容ヒフコで検索!